中年・おっさんを応援したい。オッサンが元気になれば日本はもっと楽しくなる

スポンサーリンク

ここ1年くらいずっと考えていたことがあるんですね。

それがタイトルの「中年・おっさんを応援したい」ということです。そしてオッサンが元気になれば日本はもっと楽しくなります!

IMG_3534

ブログ世界に見る格差社会

いわゆる炎上したりバズったりしている大学生や高校生、20代前半の人のブログを読んでいていつも思っていたことがあるんですね。それは裕福な家庭に育ってきたか大切に育てられてきたんだな~ということ。

裕福な家庭で育てられてきたことや大切に育てられてきたことを批判したい訳ではありません。ただそう思うだけなんですよ。

でもそれもそのはず。大学生でブログで目立っている人って割りと良い大学に進学していて1人暮らしをしている状態じゃないですか。そしてサークルに参加してきたとかボランティアに参加してきたとか、海外旅行に行ってきたとか。

もし仕送りもろくに無い状態で奨学金でどうにか授業料を払って進学している場合って、そもそもバイトに明け暮れるためにブログなんて書いている余裕なんて無いから裕福では無い家庭で育った大学生ブロガーなんてそうそういる訳が無いんですよね。

どうしても時間的にも金銭的にも余裕のある人が若い世代の場合ブログを書いているように思います。もちろんそれがいけない訳ではありません。

言いたいことはそんなことではありませんから。

僕自身、学生時代は仕送りなしで地方から東京の大学に進学しました。サークル活動には多少は参加していたものの仕送りを毎月もらっている友人に比べれば参加率は当然低く、夏休みに海外旅行に行くとか沖縄とか北海道に行かない?と誘われてもそんな余裕は無くてバイトに明け暮れている日々でした。学生時代、一番行ったことってバイトですからね。バイトしないと生活も出来ないし大学にも行けなくなるから。

でもそれも今にしてみれば良い経験だったし人生の中でプラスにはなっています。

しかし今は仕送りなしで地方から東京の大学に進学することなんて出来ない状況になっています。地方から東京の大学に進学することが出来るのはそれなりに裕福(人から見れば普通かもしれないけど)の層だけなんですよね。

既に仕送りなしで都内1人暮らしで大学進学は無理

僕が大学生だったのはもう20年以上も前のことです。当時は年間50万円くらいの奨学金で後はバイトに明け暮れれば地方から東京の大学に進学することが出来たんですね。

でも今はそれが出来ないんですよ。

僕が大学進学をした1990年代前半、都内の私立の大学で授業料が安いところなら年間50万円もしなかったんですね。だから大学の授業料は奨学金だけでどうにかなりました。もっとも僕が進学した大学を選んだ理由は都内で一番授業料の安い私立大学だったからという理由です。当時の国立大学より数万円高いだけでした。

バイトも効率の良いものを行えば月に150時間で(当然土日もバイト)月に15万円くらいにはなったので安いアパートなら1人暮らしも出来たんですね。でも結構ギリギリの生活ですけどね。

ちなみにネットで稼ぐなんてことも無かった時代ですよ。インターネットが普及し始めたのは1990年代後半ですから。

でも今、母校の授業料を見てみると当時よりも年間約2.5倍もかかるんですよ。国立大学にしてみても年間54万円ですから当時の約1.5倍くらいになっています。もっとも都内の国公立の大学なんて偏差値滅茶苦茶高いですからそうそう入れるものではありません。

また書いている金額はあくまでも文系の金額で理系になればもっと高くなりますから、理系で奨学金のみでバイト代だけで暮らすということはもう無理なんですね。文系は大学にもよりますが理系よりは研究室とかゼミとかゆるい傾向にあるのでバイトが出来ても理系だと3年4年になればバイトもあまりする時間が無くなります。

今の大学の授業料では親の支援無しで地方から東京の大学に進学することは実質無理な状況になっていることがわかると思います。

もちろん授業料が1.5倍から2.5倍になっているのだからバイト代もそれぐらい上がっていれば出来ますけど、実際には1.2倍くらいのようです。

今の40代後半以上の人が「俺なんて仕送りなしで大学を卒業したんだ!今の若いのはそんなことも出来ないのか!」というのは的外れなんですよね。

でも人間って自分の育ってきた環境の範囲でしか多くの人は語れないものですから年代に関係なく、それはしょうがないことです。これは年齢に関係ないことですから。

だからオッサン・中年を応援したい

でようやく前提を書き終えたところなのです(^_^;)

で、何でオッサン・中年を応援したいかと言えば、結局この世代の人が中学生から大学生の親になっている訳ですから、この年代の人が子供を進学させてあげられるだけ稼いでいればもっと大学進学・高校進学のチャンスを手に入れられる若い人が増えますよね。

だからオッサン・中年を応援したいんですよ!もちろん普通に子供を高校進学・大学進学させられるほど稼いでいる人は別です。

いやいやそんな子供を高校や大学に進学させられない親が悪い!という人もいるかもしれませんが、リストラにあったり身体を壊したり、不慮の事故で働けなくなったり親を無くしてしまったりしてしまう人も結構いるのだから親が悪いとかそういう問題でもありません。また元々親が貧困家庭で育ってきた場合、そこまで子供の教育に対して真剣に考えられない場合もあります。

だから一概に親が悪いとは言えません。

実際僕の父親も貧困な家庭で育ってきており、本当に学が無い人でした。まともに文字が書けない人でしたから。昭和生まれでそんな人いるの?と思うかもしれませんが戦前に生まれた世代だとそれほど珍しいことではありません。

で話を戻すと子供を希望の進路に向かわせることが出来るくらいの余裕を持って欲しいから中年・オッサンを応援したい訳です。

自分の希望する進路に進める子供が増えれば、オッサンが元気になれば、日本はもっと楽しくなると思うんですよね。

直接若い世代を支援したら?と思うかもしれませんが若い世代にネットでいろいろ教える環境は既に揃っているので検索して探してみてください。

具体的にどうするのか?

これが非常に難しいんですよ、そういう親ってネットなんて見ませんからネットからいくら情報を発信してもメインのターゲットになる層には届きにくいんですよね。実際貧困問題でこんな救済策があるんだよと伝えたい層にはネットからでは難しいと実感しています。

でもまだ僕にはネットから発信する以外に不特定多数の人に届ける術が無いので今はネットからまずは届く層にだけでも情報を発信していくことにしました。

具体的には仮に月に5万円から10万円の副収入があればその分を子供に回すだけでも高校進学・大学進学が出来る子供って増えると思うんですね。

だから月に5万円から10万円の副収入を得るための具体的な方法を子供を金銭的な理由で進学させられない親御さんに教えていきたいと思っています。

そういう方に限り僕の時間が許す限りはアフィリエイトで月に5万円から10万円くらいなら稼げる方法を無料で教えています。ただ教える場所は喫茶店とかコワーキングスペースになるので自分の分は自分で負担していただくことになるのでご了承ください。

希望される方は専用のformからご連絡ください。

>>専用フォーム

なおコンサルティングは実際に会って行いますので、範囲はJR総武線の東京駅から千葉駅まで(総武線各駅可)と東京23区内及び、埼玉県のJR武蔵野線沿線までとします。会うまでの場所への交通費は自己負担となります。

子供のためでは無い方には普通にお金をもらって教えていますのでよければどうぞ。

>>個人コンサルティング

プッシュ通知を

お知らせ

この度、本を出すことになりました。これからアフィリエイトを始めてみようかな?という方向けに書いています。是非購入してください。

詳しくは下記記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です