紅葉の千葉県・養老渓谷「滝めぐりコース」に初めて行ってきたので写真を多めに駐車場とかいろいろ説明する

スポンサーリンク

11月22日に千葉県の中でも有名な紅葉スポットである養老渓谷に初めて行って「滝めぐりコース」を歩いてきました。簡単に下調べをしたもののネットで検索して上位表示されている情報とはかなり違っていたので初めていく人が手間取らないようにどこに駐車すれば良いのか、どれだけ時間がかかるのか、服装とか説明していきます。

千葉県・養老渓谷「滝めぐりコース」

養老渓谷の目玉「栗又の滝(養老の滝)」及び滝めぐりコースを回る場合のアクセスと駐車場について

養老渓谷と言えば一番有名なのが「栗又の滝」(別名:養老の滝)だと言えます。また栗又の滝をスタート地点とした「滝めぐりコース」も人気のウォーキングコースですが人気なだけに車で行く場合の駐車場が気になるところだと思います。

11月22日に行ってきたのですが、平日であり且つライトアップ開始の前日ということもありあまり混雑はしていませんでしたが、ライトアップ期間の土日はかなり駐車場は混雑すると思います。なので出来れば公共交通機関で行くのが良いとは思います。

公共交通機関の場合は小湊鉄道で「養老渓谷駅」で下車した後バスで向かうことになります。バスについてはこちらのサイトが参考になります。

でもやっぱりこの辺りは車で行くのが便利なんですよね。

養老渓谷は大きく分けて「養老渓谷駅から共栄橋」までの区間と5km以上離れた栗又の滝を起点とする「滝めぐりコース」に分かれます。両方を1日できちんと歩いて見るなんてことはよほど健脚で体力が無いと無理なコースとなっています。なのでじっくりと見るのなら1泊2日で見るか2回行くことを考えた方が良いのです。行ってみて初めて1日で見て回るなんてことは難しいということを知りました。

なので今回は「栗又の滝」を起点とした滝めぐりコースだけを見ることにしたのですが、滝めぐりコースの駐車場は大きくわけて2つです。

yoromap

養老渓谷観光協会 ダウンロードより

上記の画像は養老渓谷観光協会にアップされている養老渓谷の散策マップの一部です。滝見苑をスタート地点にした駐車場と水月寺をスタート地点にした駐車場があります。どちらに停めるのが良いのかと言えば、好みです。

ただ体力に自身が無い方は水月寺をスタート地点にした方が楽だと思います。理由は帰りの道が下りになるからです。滝見苑をスタート地点とすると帰りは上りになります。

今回僕は滝見苑をスタート地点にしましたが帰りに上り坂を上がっていくのはかなり疲れました。

滝見苑付近の駐車場

栗又の滝への入り口は滝見苑の前にありますが、滝見苑の駐車場はかなり混雑しますし少々高いです。滝見苑を過ぎて200メートルくらい先に行くと赤い橋があるのでその手前かその先に比較的安い駐車場があるのでそこに停めることをおすすめします。

yoro_007

今回停めた駐車場、1日500円でした。この駐車場から栗又の滝までは約200メートルくらいの平坦な道なのでこちらの方がお得です。

水月寺付近の駐車場

水月寺付近の駐車場はいくつかあります。

yoro_030

yoro_031

上記は水月寺付近の駐車場。滝めぐりコースは約4kmあるので最後は下り坂で楽したい方はこちらに停めるのが良いですよ。散策マップ上では1.1kmの距離になっていますが上り坂の1.1kmって結構きついですからね。もちろん1.1kmすべてが上り坂ではなく半分くらいですが、滝めぐりコースの渓谷沿いから車道に出るまでの上り坂は疲れた身体にはかなりきついですから。

栗又の滝へのアプローチ

今回、僕は滝見苑側からスタートしましたが、滝見苑側からのスタートでも2箇所のスタート地点があります。

滝見苑

これが滝見苑の前ですがこの前にも売店があります。

yoro_041

上記が売店です。この売店の右側からの入り口とこの売店の左側20メートルくらい進んだところの入り口があります。

  • 売店を起点に右側の入り口
  • 売店を起点に左側の入り口

売店を起点に右側の入り口の画像がこちら。

yoro_039

yoro_040

こちらは比較的なだらかで栗又の滝を下から見上げるのみで良ければこちら側から行くのが良いです。団体旅行で来ている人はこちら側から下っていきます。こちらから栗又の滝に行くとこんな景色になります。

栗又の滝

滝だけを見て帰るのならこちら側で十分です。

yoro_009

そして上記が売店を起点に左側の入り口。こちら側は栗又の滝の上部を目の前から見ることが出来ます。そして下っていけば全景が見えるところにも行けます。

yoro004

ただしこちらはかなり急で階段もかなり荒れているので子供を抱いていたり、靴がかかとの高いものだと行くことはかなり難しくなります。

yoro_013

上記の写真、モザイクをかけている部分には人がいますが小さなお子さんを抱いていて、子供を抱いたままでは危険ということで引き返していきましたから。

栗又の滝(養老の滝)と滝めぐりコース

今回はこちらの入り口から滝めぐりコースを出発しました。

yoro_009

yoro_010

最初はこんななだらかな坂道ですが、栗又の滝に近づこうとすると結構急になりますし、濡れているとかなり滑るので注意が必要です。

yoro_011

滝めぐりコースにはこれだけの滝があるのですが、水量が減っていて滝と分かりにくいところもあります。

それではまず栗又の滝の上部からご覧ください。

養老渓谷 栗又の滝

上流を見たところ。

養老渓谷 栗又の滝

養老渓谷 栗又の滝

シャッタースピードを遅くして撮影しています。

そして下を眺めるとこんな感じです。

yoro004

ここから滝の下へと少し迂回して降りていきます。

養老渓谷 栗又の滝

養老渓谷 栗又の滝

養老渓谷 栗又の滝

養老渓谷 栗又の滝

養老渓谷 栗又の滝

写真からでは迫力は伝わらないと思いますがかなり迫力がある滝です。滝好きな人ならかなり見入ってしまうと思いますよ。

ここで滝をたっぷり見て滝めぐりコースへと向かいます。

yoro_015

上記の写真のように遊歩道は石畳で整備されていて多少ヒールが高い靴でも歩くことが出来ますが滑るところもあるので出来ればスニーカーが良いです。

yoro_014

上記のようなところが他にもあるので安全のためにスニーカーにしておきましょう。

yoro_017

yoro_018

yoro_019

今年は紅葉は今ひとつのようなのですが所々、紅葉が綺麗なところもありました。また紅葉してなくても川のせせらぎを聞きながらゆっくりと気持ちの良い景色を見ながら歩くのはとても気分の良いもの。

yoro_020

滝のあるところの遊歩道はこんな感じで石の周りを水が流れていきます。

yoro012

最初に現れた滝。

yoro013

大きな滝ではありませんが流れの美しい滝でした。

yoro_021

シャッタースピードを速めにして撮影するとこんな感じです。

そしてここからまた歩いていきます。

yoro_022

yoro_023

川とは反対側にも水が溢れているところがあって川ほど流れが無いので山の木々が反射して物凄く綺麗に見えるところも何箇所かありました。

yoro015

yoro016

yoro017

yoro018  yoro020

yoro014

yoro019

凄く静かな空間で、また川の音が気持ちよくて、山歩きはしたいけど体力に自信が無かったりもっと気軽に散策気分を味わいたいという方には非常におすすめです!

そして上記の写真のところが滝めぐりコースの遊歩道終了の場所となります。この後は階段をかなり上っていきます。

yoro_025

こんな階段です。かなり長いのでゆっくりと上っていってください。

登りきるとアスファルトで覆われた細い道に出ますので道にそって歩いていけば大丈夫です。

幻の滝(小沢又の滝)

道にそって歩いていくとこんなお店が出てきます。

yoro_026

休日であれば鮎の塩焼きも販売しているのですが、平日だと販売していない時もあるお店なのですが、このお店が幻の滝(小沢又の滝)の入り口になっています。

yoro_027

見学料?は大人200円、小学生以下無料となっています。

yoro030

この幻の滝(小沢又の滝)の前にも駐車場がありますが道がかなり狭いので車の運転に慣れてない方にはおすすめ出来ません。一応駐車場代は300円となっていました。

yoro028

お店はこんな感じです。野趣あふれる作りと言えば良いのかな。お婆ちゃんが出迎えてくれます。

yoro029

上記の写真の先に進むと滝が見えるのですが、下を見て歩いていけそうだと思えば行ってくださいと。無理そうなら行かない方が良いといいます。とりあえず僕は滝の下まで降りていきましたが、嫁は行くのを諦めました。

かなり急なところもあってそして雨の後だとかなり滑りやすいので注意が必要です。

まずは滝見台からの滝をご覧ください。

yoro021

紅葉と相まって凄く綺麗!

yoro022

ズームで撮影。上から見るとかなり迫力のある滝です。

yoro023

降りていく途中の景色、少し靄というか霧というか出ていてそれが木々にかかり太陽光が差込み、なんとも言えない雰囲気となっていました。

yoro025

yoro026

そしてこれが下から見た滝です。下からみても綺麗なのですが上から見るほどの迫力はありませんでしたが、それでも綺麗な滝でここも是非みて欲しい場所です。

yoro024

yoro027

この後、降りてきたところを登っていくのですが、かなり疲れました。

そして水月寺付近の駐車場を経由して駐車場までの道のり約1kmをクタクタの身体で戻っていきます。

栗又の滝 展望台

途中に栗又の滝 展望台があります。

yoro_032

yoro_033

こんな飲食店があって休むことも出来ます。うどんやそばがメインのようですが、スイーツも置いてあるようです。

yoro_034

そしてここから栗又の滝の全景を見ることが出来ます。

yoro_035

この看板の横からの風景がこちら。

養老渓谷 栗又の滝

ここからの景色も絶対に見て欲しいところ。写真からは伝わらないと思いますが圧巻ですよ。

少し進んだところからは紅葉と滝を眺めることが出来ました。

養老渓谷 栗又の滝

大多喜町養老渓谷観光センター

養老渓谷駅から栗又の滝に向かう途中に「大多喜町養老渓谷観光センター」というところがあります。

yoro_001

食事が出来たり観光案内を受けることが出来るのですが、この駐車場の奥にも素晴らしいスポットがありました。

yoro001

洞窟のようなトンネルの中を川が流れているのですがこれがなかなか良い雰囲気の場所なんですよ。

yoro_006

トンネルの中から撮影したもの。

yoro_003

yoro_004

トンネルの奥を望遠で撮影。

そしてトンネルの中から

yoro_005

ちょうどトンネルの中に光が差込み凄く幻想的で綺麗な写真が撮れました(自己満足)。

ここもちょっと立ち寄って見て欲しいところです。

養老渓谷に行こう!

今回、初めて養老渓谷に行って滝めぐりコースを散策してきた訳ですが、何でもっと早く行っておかなかったんだろう?と思ったくらい素晴らしい場所でした。紅葉が有名ですが新緑の季節も良さそう!

特に初夏なら鮎も食べるのに良さそうな場所です。

紅葉の時期だけではなく他の季節もかなり楽しめる場所だと思いますし、温泉旅館も数多くありますので是非、行ってみてください!おすすめです。

>>じゃらんで養老渓谷の温泉宿をチェック

2016年は12月7日までライトアップも行われるそうですよ。

プッシュ通知を

お知らせ

この度、本を出すことになりました。これからアフィリエイトを始めてみようかな?という方向けに書いています。是非購入してください。

詳しくは下記記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です