専門ブログの敷居は低い!問題はやる気と根性と好きという気持ちだけ

専門ブログの敷居は低い

ジャンルを絞った特定のテーマの専門性のあるブログとジャンルを問わない雑多なテーマのブログ、どちらが良いか?という主張をたまに見かけます。

この主張をする人って明確な目的を持ってブログを始めた人では無いように思いました。まさにブログブームにのってブログを始めた人が多いのかな?

それが悪いとかではありません。

目的から考えよう

ブログをしていないのなら是非始めて欲しいとは思いますが、ジャンルを絞った特定のテーマの専門性のあるブログが良いのか?それともジャンルを絞らない雑多なテーマのブログが良いのか?と考える前になぜブログをはじめるのか?それを考えないとダメじゃないのかな?

なんとなくブログを始めるということであれば気にすることではありませんし、それで良いでしょう。僕も最初はそうでした。

しかし下記の記事でブログを行うのなら何でブログを行うのか目的を明確にしようと書きました。

ブログを始めようと考えている人へ。ブログを書く目的を明確にしよう

目的によって書く内容は決まるからです。それによって専門ブログが良いのかテーマを絞らない雑多な内容のブログが良いのかも区別出来ます。

もちろん、何となくで始めても良いですし、途中で明確な目標が見えてきたのなら切り替えてみるのも良いでしょう。

当然、ブログを始めてみないとその先に何があるのかわからない部分も多数あります。ブログは素晴らしい!という意見はよく見かけますが、それはその人にとって素晴らしいものであって万人にとって素晴らしいかどうかは正直わかりません。

だからとりあえずブログを書いてみるということでも良いです。しかし「専門ブログは敷居が高い、まずは何でも書いて良いから雑記ブログを始めてみよう!」と書くのは筋が違いますよね。

「自分に向いているか、ブログで何が出来るのか、ブログで何が変わるのか」ということがわからないという時や明確な目的が無いのなら、雑多なテーマのブログで良いからとにかく始めてみよう!と書いた方が良いです。

ここで特定のジャンルにテーマを絞った専門性のあるブログは難しいと書くことは余分でしかありません。

なぜなら目的が明確、もしくは「やる気と根性と好きという気持ち」があれば誰でもテーマを絞った専門性のあるブログは続けることが出来るからです。

また目的はほぼ決まっているけど不安がある人に対して、ジャンルを絞った専門性のあるブログは難しいと思わせることはマイナス効果でしかないから、専門ブログは難しいと書くことには違和感を感じます。

専門ブログは簡単です。

アフィリエイト視点でブログを始めた人は専門ブログが普通

アフィリエイトで稼ぎたい!と思ってブログなんてよく知らないで始めた人というのは最初から専門ブログを立ち上げる傾向が高いと言えます。それは目的がアフィリエイトで儲けると明確だからです。

ブログをはじめてみようかな?で始めた人もアフィリエイトを始めてみようかな?で始めた人もスタート地点はあまり変わらないんですよね。

でもブログ視点でブログを始めた人は何故か専門ブログは敷居が高いと言うんですよね。

ブログをはじめようという人とアフィリエイトをはじめようとではスタートラインが異なる

今年はブログイベントにもアフィリエイトイベントにもよく参加しました。

ともに参加して思ったことはブログイベントに参加している人とアフィリエイトイベントに参加している人ではまったく見ている世界が違うということ。

ブログをはじめる理由はまさに人それぞれでまったく違うわけなんだけど、ブログをはじめようかな~と何となくの目的ではじめようとしている人と、アフィリエイトをはじめてみようかな~という人では見ているサイト・ブログの傾向が全く異なるってことを知りました。

アフィリエイトをはじめてみようかな~という人は有名なブロガーを本当に知らないんですよ。それよりは有名なアフィリエイターを知っている。

逆にブログをはじめてみようかな~という人は有名なアフィリエイターは知らないけど、有名なブロガーは知っている。

どちらも記事を書いていくということでは同じだし、初心者ということでも同じ。

でも視点が全くことなります。

アフィリエイトでもはじめてみようかな~と少し調べた人はイケダハヤト氏やコグレマサト氏を知らない。でも竹内潤平氏や中村貞文氏のことは知っている。

逆にブログでもはじめてみようかな~と少し調べた人はイケダハヤト氏やコグレマサト氏は知っていても竹内潤平氏や中村貞文氏のことは知らない。

でもこの4人に惹かれてブログをはじめた人もアフィリエイトをはじめた人も数多くいます。

どちらをスタート地点としてマネタイズのためにブログを行ったら成果が早く発生して早く儲けられるようになるかと言えば、竹内潤平氏や中村貞文氏の方です。

アフィリエイトをはじめたという人もブログ記事やアフィリエイト用の記事なんて書いたことは無いけど、とりあえず書いてみる。

ブログをはじめた人もブログ記事なんて書いたことは無いけど、とりあえず書いてみる。

スタート地点の違いはブログを書くことを目的としているか、ブログを書くことでマネタイズを意識しているか?ということでスタート地点は大きく異なります。

アフィリエイターを目指す人でも最初は初心者

上記で紹介しているアフィリエイターの方を参考にアフィリエイトを始めた人も最初は文章を書くことには全く慣れていない人ばかりです。

でも稼ぐという目的のもとに書き始めます。

ブログをはじめたばかりの人と差はありません。

しかし1年後2年後に10万円20万円を稼いているのはアフィリエイトを基準に始めた人でしょう。

これは当たり前で、稼ぐことを明確に目的にしているのだから。

でも続いている人が多いのはブログ視点ではじめた人だと思います。

アフィリエイトで始めた人はあまりの稼げなさに心が折れてしまって続けられない人も多いですからね。

しかし、アフィリエイトで始めた人は最初から専門的なジャンルで書いていきますが、それは稼ぐという目的があるからこそ続けられるからであって、決して敷居が高い訳でもなんでもありません。

ただやる気と根気があるか無いかだけですから。

もしくは好きだから続けられるというだけで。

専門ブログは敷居が高いと書く人は、努力で成功した人に対して才能があるから成功できたと言っているように思えるんですよね。

だから専門ブログは敷居が高いから単純に雑多な雑記ブログにしよう!というのに違和感を感じます。

好きだからこそ書ける専門ブログもある

僕は温泉が好きでして、温泉の師匠もいます。師匠は全国の温泉に2000箇所以上入っていてさらに月に4回連休があれば3回は温泉宿に泊まっているような人です。

温泉旅行に行くために副業までしています(まともな肉体系の副業です)。

その師匠もブログを書いていますが、温泉のことばかり。アフィリエイトもやっていません。ただ温泉のことを愛しているから続けられているんですよね。

温泉が好き過ぎて山も好きになって日本百名山も制覇した人で尊敬しています(そこは直せよ!というくらいダメなところもある師匠ですが、そこは人間味もあって嫌いでは無い)。

その師匠のブログは1996年から続けているからもう20年。毎日更新ではなく月に数件の更新ですが、それでも20年温泉のことばかり書いて続けるってある意味凄いですよね(途中でブログサービスは移転していますが)。その師匠はイケダハヤト氏もコグレマサト氏も知りませんし、興味も無いでしょう。その代わり山崎まゆみさんや郡司勇さん、松田忠徳さん、山田べにこさんは知っています。

また登山が趣味の友人もいますが、その友人のブログはまさに登山ブログ。

アフィリエイトもしていません。でも恐らく登山をする人にとっては有益な情報が多いのでそこそこPVもあるはず。アドセンスだけでも貼っておけば月に数万円のお小遣いにはなるのに・・・。でもそういうことに興味が無いんですよね。

専門ブログを始めてみよう!

何かしらの目的があるか、これが滅茶苦茶好きだ!ということがあれば是非専門ブログをはじめてみてください。決して専門ブログの敷居は高くありません。

専門的な知識も必要ありません。ただ自分の好きを書けば良いだけだから。自分の好きを書いた結果が雑記ブログならそれでも良いと思いますが、本当に好きなものってせいぜい2~3個だと思うので、ある程度ジャンルも絞られると思います。

もしくは2~3個ブログを立ち上げても良いでしょう。更新は1日1個と決めておけば仮に3個のブログでも週に2つ、年間で100記事はかけることになります。100記事も書けばそこそこPVは発生してきます。

以上、専門ブログは敷居が低く、「やる気と根性と好きという気持ち」があれば出来るよ、というお話でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です