見た目が美しい涼を楽しむ和菓子(創作羊羹)で夏を楽しんだ

和菓子も好きな鈴木です。特に好きな和菓子は生八ツ橋で、あのニッキの味わいが特に好きです。

それはさておき、今年の夏はかなり厳しかったので涼を楽しめる和菓子(創作羊羹)をいろいろと食べてみました。味よりは見た目にこだわって食べてみた羊羹を紹介します。

とらや 雲の峰

奥さんがどこかで知ったようで食べてみたいと言い出したのが、羊羹で有名なとらやが高島屋のギフト限定で出した「雲の峰」(くものみね)。

夏の入道雲を道明寺粉で表した見た目が凄く綺麗な羊羹です。

パっと見た目ではそれほど綺麗に見えませんが、切るとその美しさがよく分かります。

淡いブルーに白い道明寺粉で夏の空を表現した羊羹です。ただ羊羹と言っても餡が入っておらず、寒天で作られているので見た目よりも硬い食感です。メチャクチャ美味しい!というものでは無いのですが、見た目で涼みながら、冷えたお茶といただくと夏らしい気分に浸れる、そんな和菓子です。

今年は既に完売してしまったようです。

ささらがた れもん・すいか・白桃

「両口屋是清の水ようかん」というCM、愛知県で40歳以上の方ならかなり馴染みのあるものだと思います。

その両口屋是清が夏季限定で出したのが「ささらがた れもん・すいか・白桃」です。

ミニサイズの羊羹で口が大きい人なら一口で食べることも出来るサイズです。

こちらも透明な部分があり非常に綺麗な見た目、

3種類の味わいを楽しみながら、涼を味わえる非常に美味しい羊羹でした。

夏の間だけだと思いますが公式サイトから購入することが出来ます。

>>両口屋是清公式サイト

創作羊羹 水灯り

京都に行った時に購入しました。俵屋吉富 という和菓子屋さんが作った創作羊羹で夏に食べたい創作羊羹です。

水の中を泳ぐ金魚をイメージした羊羹です。

淡い水色の中に楽しげに泳ぐ金魚が美しい羊羹です。味としては「雲の峰」に似ているのですが、道明寺羹と琥珀羹が使われており、味わいのアクセントとしてはこちらの方が楽しめました。

こちらは公式サイトで購入出来ます(夏の間だけかも)

>>俵屋吉富公式サイト

星づく夜

京都の老舗の和菓子屋さんである亀屋清永が作った夏限定の羊羹が「星づく夜」です。

青色の夜空の中にに三日月と星をあしらったとても綺麗な創作羊羹。

今回食べた羊羹の中では一番綺麗だな~と思った羊羹です。なんか食べるのが勿体無い見た目。これも味わうというよりは見た目を楽しみながら食べる和菓子だと思います。

公式サイトを見ると電話で注文出来るようです。

>>亀屋清永公式サイト

綺麗な和菓子を食べよう

他にも今年はいろいろな和菓子を食べました。和菓子屋さんでも最近はゼリーも販売しており綺麗なゼリーの和菓子ちっくなものもありましたが、今回は和菓子だけに絞って紹介してみました。

正直に言えばどれも何度も食べたい味!とは言えないもので、味わいも比較的単調なのですが、それよりは見た目を味わう和菓子だと言えます。

こういう和菓子をたまには味わって、日本の夏を楽しむのも良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です