あけおめ(2021年の振返りと2022年の抱負)

スポンサーリンク

RICOH THETA V

スポンサーリンク

RICOH THETA V

衣張山山頂からの眺め・風景鈴木的情報

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。今年も何卒よろしくお願いします。

2022年は久しぶりに関東で過ごすお正月となりました。

初詣には鶴岡八幡宮や鎌倉宮などに行って、おせち料理を食べてお雑煮たべて、現在まったりとブログを書いています。

さて、年末になるとその年の振返り記事が増え、年始になると新年の抱負・目標を書く人が増えていますが、僕も久しぶりに書いておこうということで、適当に書いていきます。

スポンサーリンク

2021年の振返り

ざっくりと2021年の振返りだと

1月から4月まで

1月から4月までは「こよみる」というサイトを中心に更新していました。

コロナ禍であまり外に出るのもな~ということが大きく、家の中でほぼ完結できるネタで、更に新しいことにチャレンジしたサイトを作ってみたいということで「Custom Field Template」と「Really Simple CSV Importer」というプラグインを使ってコンテンツを大量に1度に作るサイトとして、作りました。

結果はまだ全然PVは取れていませんが、最近ようやくAdSenseが毎月振り込まれるくらいの金額には育ってきました。

順位がまともに付き始めるまで半年以上かかりましたが、今のSEOで一番大切なのは「サイトにあったユーザー行動(アクション)」という僕の考え方があり、伸びていくことしか考えられなかったのですが、本当に伸びてきました。

3月から5月

3月頃に札幌から鎌倉に戻ることを決めて、5月に鎌倉に引っ越してきました。

4月から5月前半は引っ越し準備で忙しくなりました。

離れると思うと寂しいもので、やっぱり残りたいな~と思う気持ちも強くなるものの、鎌倉に住んでみたいという気持ちもあって、割と複雑な心境に。

5月後半から12月

鎌倉に引っ越してきて少し落ち着いた5月後半から、鎌倉のサイトを作るために神社仏閣・史跡めぐりに明け暮れました。

おかげで鎌倉市内で一般参拝可能な神社仏閣は11月ですべて参拝を終えました。

鎌倉に来て

住めば都という言葉がありますが、住んでしまえば基本的に僕はどこでも楽しめることが多いので、今は鎌倉の生活を楽しんでいます。

年末年始に雪が無い街は久しぶりで、散歩も非常に楽です。

札幌の外の寒さに慣れていれば、鎌倉の外の寒さなんて、赤子同然!とまでは言いませんが、ダウンジャケット着てれば、普通に過ごせます。

ただ家の中は鎌倉の方が寒く震える日々です。

2022年の抱負

Twitterでつぶやいた通り、下記の通りです。

人生半世紀を生きて、体にあちこち痛いところが出てきて、健康というものの大切さを日々実感しています。

特に年末に腰を痛めて散歩も満足に出来ない日々が続いたこともあり、健康は維持したいものの、死んでしまっては意味が無いということで「死なない」という抱負にしました。

割と切実ですよ。

僕くらいの年齢になってくると、心臓麻痺や脳出血等で亡くなったり、亡くならなくても後遺症が残る人も何人かいて、やっぱり普通に生きてるって大切なことだな~と思うことが多くなりました。

ということで「死なない」ことを1番に考えて生きていきます。

まあこの抱負を達成出来ない時は、ブログできちんと反省文を書きたいと思います(いや、書けないの反語系)。

2022年のSEOとか

昨年書いたこちらの記事

2020年の締めくくりと2021年のSEOの動向
今年は本当に今までの人生では無いほど世界が変わった年となりました。2020年の振り返りとして、役立たないSEOの話など交えながら2020年を振り返り、2021年はどうなっていくのか、妄想のままに書いていきます。ほぼ日記なので期待しないで読んでください。

2021年のSEOは「ユーザー行動」としていましたが、2022年はよりその傾向が強くなっていくと思っています。

ユーザー行動でも昨年と違うのはサイトにあった、そのサイトのドメイン(核・コア)となるもので成し遂げるユーザー行動(アクション)が大切になっていくだろうなと。

*ドメインはURLのことではなく、本来の事業領域やコアとなる部分のことです。

最近は、SEOはE-A-Tが大切という人も多いですし、E-A-Tって企業が強すぎて個人は太刀打ちできないという人も多いですが、ちょっと違うと考えています。

企業サイト(特にECとか)は、E-A-Tが強くなるドメイン(核)を持っていてユーザー行動が適切にされているから強くなっていると思い始めていて、それは個人でもきちんとしたドメインを持ったサイトを作り、それに適したユーザー行動をしてもらえば個人サイトもE-A-Tが強くなる考えます。

「鶏が先か卵が先か」と同じで、企業サイトだからE-A-Tが強くなるのか、E-A-Tが強くなる要素が企業サイトに多いから強くなるのか?という逆説的な考え方でもありますが、「E-A-Tが強くなる要素が企業サイトに多いから強くなる」という考え方をしないと矛盾する検索結果も多くて、僕はこの考え方に至りました。

だから2022年のSEOで大切なのは

  • サイトとしてのドメイン(核)があること
  • ドメイン(核)にそった適切なユーザー行動がとられていること

この2つだと思っています。

この辺りは有料ですがnoteに書いてあるので、是非読んでください。

noteなんか買って失敗したら嫌だから、買いたくない!という人も多いと思いますが、24時間以内の返金にも対応しているので、満足しない場合は返金申請を是非してください。

ということで、今年も死なないようにがんばります。

あ、アイキャッチの写真は鎌倉にある衣張山と呼ばれる山の山頂からの景色です。鎌倉の海と富士山が一望できるスポットでとても好きな場所です。

映画「海街diary」のロケ地としても人気の場所です。

鈴木的情報
このブログを書いてる人

通称:鈴木こあら

散歩と旅行・温泉とカメラ、そしてブログ書きが好きで、奥さんが大好きなおっさん。
すべての都道府県で最低1箇所は温泉に入り、合計700箇所ほどの温泉に入った温泉ソムリエです。
出身は愛知県ですが、現在は北海道札幌から神奈川県鎌倉市に移住して生息しています。

フォローしてください!
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました