鈴木的情報

鈴木的情報

札幌・大通公園から3年間と10日かけて1000回、天気をつぶやいた

2017年10月5日に札幌に来て、2017年10月7日から毎朝、札幌の大通公園3丁目から天気をつぶやくようにしましたが、本日2020年10月17日・開始から1106日目に1000回を達成しました!3年間9割以上、つまり10日に9回以上、大通公園で天気をつぶやいたことになります。
こあら的思考

札幌に移住して3年経過したので、既婚者の目線からメリット・デメリットを解説

実際に札幌という街に住んで3年経過したので、移住してどうなのか、既婚者の観点からメリット・デメリットを含めて説明していきます。「札幌 移住」で検索するとほとんどの場合、独身者の視点となっていることが多いので、既婚者の視点だとこう映るよ、という点を重点的に。
こあら的思考

禁煙をはじめてから半年経過した感想

今回は禁煙を開始して半年経過したというお話です。なぜ禁煙をしたのか、禁煙による弊害はあったのか、メリットはあったのかとりあえず半年経過したので後で見返すためにまとめておきます。
ブログ運営・ブログ論

新しいブログ「お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話」を作ったというか移転させたよ

2014年からはてなブログで書いていた金融系の話題がメインのブログ「お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話」、はてなブログではてなドメインでいつまでも続けていても意味が無いだろうな~ということで、WordPressに移転させました。
こあら的思考

飲食店の予約キャンセルだけじゃない!小売店の注文キャンセルも知って欲しい

レストランや宿泊の無断キャンセルが話題になりました。これらは社会的な問題ですが、もう1つ合わせて小売店における無断キャンセルも問題視して欲しいのですが、あまり話題になっていません。実は小売店における予約キャンセルも小さな店舗を中心に問題になっています。
鈴木的情報

注文しなくても、声をかけるだけで同じ商品を用意してくれるまでの道のり

いつも同じ注文をする場合、いつぐらいから細かい内容を告げなくても用意してくれるようになったのかな?と考えてみました。結論は変わった注文であれば3回くらいで覚えてもらえそうです。
こあら的思考

遺影が「いえーい」した加工写真だけだと悲しいと思った

カメラやカメラアプリでの補正機能があまりにも充実していたり肌をシリコンのようにツルツルにしたり、目を大きくしたり鼻を小さくしたりと実際の顔から程遠く見せてくれますよね。でも、突然自分の身に不幸があった時に遺影となる写真が本来の自分とはかけ離れた写真になってしまうんじゃないかな?と思ったんです。
鈴木的メモ

2020年・あけましておめでとうございます。

今年も何卒よろしくお願いします。札幌に移住してきて2年3ヶ月、当初の予定よりも長く住んでいますが、もう少し札幌に住む予定です。寒さにも慣れて、楽しく過ごしております。新年ということで今年の抱負でも。
こあら的思考

今の50代はパソコンが使えない、ITスキルが無いは嘘だよ。

ちょっと前に50代はITスキルが無い、パソコンの操作が出来ないって言ってる人がいたんですけど、これ本当でしょうか?なぜ、50代が低くないのか理由を明確にして説明していきます。
鈴木的情報

新しいサイト「オタルナ」を作ったよ。小樽の観光情報サイト

新たにサイトを作ったのでサイト公開です。と言ってもまだ作りかけで完成までにはまだ半年くらいかかると思いますが、とりあえず9月10日から記事を入れ始めて、100記事を超えたので公開します。今回のサイトは小樽の観光情報サイトでサイト名は「オタルナ」と言います。
鈴木的情報

noteの月額マガジン「白い鈴木」やってます。

今までいくつか有料noteを書いていますが、初期価格は1000円で出していて非常に安いと好評を得ています(最終的には値上げして2000円くらいにはしていますが)。それはさておき、有料noteとは別に月額マガジンも実は出しています。それが「白い鈴木」です。
働き方

退職代行サービスは昔と今で意味が違う

ここ最近、退職代行サービスが凄く人気がありますね。ただ以前は退職代行サービスって今とは意味が違ったんですよ。退職代行サービスの意味はどう変化したのか、そして退職代行サービスは使えるものか自分なりの考えを書いていきます。
働き方

出向について、出向先と出向元の違いを詳しく説明!クレジットカード申込時や転職時に悩む勤務先情報について

出向した時にクレジットカードを申し込む時に悩むのが勤務先の情報に「出向先」の会社名か、「出向元」の会社名か、どちらを書けば良いのかとうこと。出向を3回した立場から、出向元と出向先の違いを詳しく説明した上で、クレジットカードの申込書等にどう書けば良いのか、出向のメリット・デメリットを説明します。
鈴木的情報

出版が決まってから4年経過していたということと、出版したいと思っている方へ

Facebookで出版が決まった時のことを思い出させてくれました。出版が決まってから4年、実際に本を出して3年半、今まで出した本とこれから出版したいと考えている方にヒントになれば良いな~ということを書いていきます。
働き方

ミステリーショッパーって何?どうすればなれるか?茶番から有効活用出来るものまで紹介

ミステリーショッパーを募集しているサイトもあったりして、バイトや副業としても人気になっていますが、実際ミステリーショッパーってどういうもので、何をするのか?ということを、小売店で長く働いていてミステリーショッパーの対応も何度かしたことがある僕が、詳しく説明していきます。
鈴木的情報

SEOを頑張ってるけど順位が上がらないブロガーに伝えたいキーワードの種類について

僕も昔は勘違いしていて、頑張って上げられるキーワードと頑張っても上げられないキーワードの違いは、検索ボリュームとか競合の強さだと思っていたのですが、今は個人ではもう無理に近いキーワードがあるんですね。どんなキーワードが上げやすくて、どんなキーワードが上げにくいのか、簡単に説明しています。
こあら的思考

ネットに情報は本当に溢れているのか?今は本当に情報過多なのか?

毎日、かなり検索はするのですが情報が無い!ってことって結構ります。今日もあることを調べていたら結局求めていた情報はネットにはなく、電話で聞きました。情報過多だと思っているのなら少しだけ新しいことに目を向けてみませんか?するとまだまだ世の中は情報が足りてないことがあるということに気がつくと思います。
こあら的思考

地方自治体(市区町村)や官公庁のホームページのリニューアル問題とGoogle依存問題

自治体や官公庁のホームページがリニューアルされると度々おこる、見たいものが探せない問題と、自治体や官公庁のホームページがGoogleに依存しすしぎている問題について考えてみました。少しでも良いホームページになってくれることを願って。
鈴木的情報

新しいサイト「サポトラ」を作ったよ。札幌へのアクセス方法を紹介するサイト

新しいサイトを作りました(完成はしていませんが)。札幌にどう行けば良いのか?という案内をするためサイトです。サポトラと名付けました。https://hokkaido.press/air/ 是非見てください。
ブログ運営・ブログ論

一次情報と二次情報の違いと、視点とこだわりと切り取り方が大切な理由

ちょっと気になって「一次情報」とはどういう意味なのか、どういう規定があるのか調べてみたのですが、なんか求めていたものと違うことが多くて、そういうものなの?と思った次第です。なので僕が考える一次情報と二次情報について好き勝手に書いていきます。
鈴木的情報

新しいサイト「札朱(サッシュ)」を作ったよ。札幌の神社を紹介するサイト

札幌の観光情報サイトでもあるサポカンでも神社のことは書いているのですが、神社だけの情報サイトを作っておきたいと思って3月17日から作りはじめて今日で1ヶ月経過したので、まだ完成はしていませんが、完成が見えてきたのでサイト公開をすることにしました。新しいサイトは札朱(サッシュ)と言います。
鈴木的情報

自著「アフィリエイトのためのブログの書き方講座」の第3刷りが決定しました!少しオモラシ

本日、出版社の方から連絡があり2017年8月に発売となった僕の著書「無理なく続けられる! 副業でも充分稼げる アフィリエイトのためのブログの書き方講座」の第3刷りが決定したとのことです。
鈴木的情報

4冊目の本(共著)「販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書」を出します

密かに4冊目の本が出ることになりました。と言っても今回は共著で僕のパートは恐らく一番少なく、ほぼお手伝いに近い形ですが、是非購入していただけると喜びます!本のタイトルは「販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの宣伝術」(仮)です。
鈴木的情報

自著「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」の第7刷が決定しました!!

今日は嬉しいニュースをツイッターから知ることが出来た鈴木です。2016年の4月に発売となった僕の著書「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」が7刷となりました\(^o^)/
鈴木的メモ

2019年 新年のご挨拶と今年の目標

あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。札幌に住みはじめてから1年2ヶ月ほど経過し、すっかりと札幌での生活にも慣れてきましたが、慣れてきただけあって、かなり緩んできています。新年ということで昨年の反省と今年の抱負を
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました