「経験を積むための授業料」と「経験を省略するための授業料」では全く違う結果になると思った話

スポンサーリンク

最近、ランサーズにハマっている鈴木です。

ちょっと急にとある記事が必要になってランサーズに100文字100円50件募集のタスク方式で依頼を出したんですね。

以前300文字以上100円でそのままでは使えないけどリライトすれば良い記事になるな~というものが集まったんですよ。今回はもう少し文字単価を上げればもっと良い記事が出てくるかな?と思って100文字100円にしたのですが、結果は300文字100円の時には遠く及ばない本当に使えないものばかりが集まったんですね。

lancers

短文で文字単価を上げると逆に低品質になる理由

何で短文で文字単価を上げると低品質になるか考えてみたのですが、よく考えたら当たり前でした。

なぜなら効率の良い仕事しかしない人たちが集まってきてとりあえず書くということをするから。だから若干非効率でも参加してくれる人は基本的に「良い人」なんだろうなと。

しかし篩(ふるい)にかけるには100文字文字以上100円で行ってみると本当によくわかりますよ。

また内容を簡素化すればするほど質の低いライターが集まるということも理解しました。

高単価を望む人ほど記事の質が低い

それともう1つ発見したのがプロジェクト方式でこちらの示した金額よりも高い金額ならしますと提案して来る人に限って使えない記事を書いて来るということ。逆に値段を下げてでも提案して来る人の方が良い記事を書いてくれます。

これも当たり前なんですよね。

以前聞いた話ですが、まずは実績を上げたい!という人は安くても実績のために良い仕事をしようとするそうです。しかしお金優先の人は実績なんて関係無し、とにかく割りの良い仕事をしようとする。

でもそんな仕事をしていたら評価は悪くなっていくから、プロジェクト式なら断られるようになってくるでしょう。

やっぱり良い仕事をして実績を伸ばしたいと考えている人を上手く見つけるのが良いんだな~と恐らくランサーズを使い慣れている人なら知っていることを実体験を持って理解しました。

経験値を上げるための授業料

ランサーズを含めて今まで3社ほどクラウドソーシングに記事を依頼したのですが、徐々に使い方を理解してきました。失敗してもいろいろと試してみることで自分の経験になりますね。

アフィリエイトで効率的に収益を増していこうと考えると記事の発注ということは発生してくると思うのですが、やっぱりいろいろ失敗して自分なりのマニュアルを作って良さそうな人を見つけてマニュアルに沿って書いてもらうようにしないといけないんだな~ということが理解出来たので勉強にはなりました。

自分で経験を積むための授業料を払った方が身につきます。自分で経験を省略するための授業料は身につかないですね。

  • 自分で経験を積むための授業料=経験値を上げてより身につく
  • 自分の経験値を省略するための授業料=経験値が上がらないので身につかない

当たり前と言えば当たり前なんですけど、結構この事に気がつかない人がいるのかな?と。

僕はブログのオンラインサロンは別にどうでも良いと思っているのですが、どちらかと言えば否定的です。それでブログのオンラインサロンに参加する人はやっぱり経験値を省略するために参加すると思うのであまり身につかないと思うんですね。

もっとも僕も最近はとあるオンラインサロンに入会したのですが、そこで思ったことが1つ。オンラインサロンに入ったら利用しないと元は取れないということ。何を当たり前のことを書いているんだ?と思うかもしれませんがこればかりは実際にオンラインサロンに入って試してもらわないと分かりにくいと思いますし、僕が入っているオンラインサロンが特殊なのかもしれません。

でも経験値を積むために努力した人やお金を払った人というのはやっぱり強い。強くなるためにはやっぱり経験値を省略するのではなく積むことを考えた方が良いです。

僕自身もアフィリエイトやブログに関するセミナーを行っていますが、「経験を省略するために」参加するという意識よりは「経験を積むために」参加するという意識の方がより学べると思っています。

経験の省略はも効率的なこともあるのですが、結局は身についていないことが多いと思う今日このごろ。

>>ランサーズ

プッシュ通知を

お知らせ

この度、本を出すことになりました。これからアフィリエイトを始めてみようかな?という方向けに書いています。是非購入してください。

詳しくは下記記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です