お酌をされる(ビールを注がれる)のが実は嫌い

スポンサーリンク

実は宴会の席・お酒の席でお酌をされるのが嫌いなんです。

ほとんどの場合気を遣って注いでくれるのは分かっているんですけど、それでもお酌をされるのは嫌いなんです。

僕も大人なんでお酒の席で注がれればお礼を言って注いでもらいますが、やっぱり注ぐって嫌いなんです。

するのはそんなに嫌いでは無いので求められればします。

スポンサーリンク

お酒を注ぐのって暴力の時もある

元々僕はお酒が苦手で、日本酒やビール、焼酎ってほとんど飲めないんです。日本酒なら甘めのものであればロックであれば1杯くらいは飲めますし、ビールなら付き合いで2杯程度なら飲めないことは無いので、全くの下戸という訳ではありません。

カクテルで甘めでアルコールがそれほど高いもので無ければ3杯くらいまでなら美味しく飲めますし(4杯超えると大体リバースするか頭痛になったりしますが)。

でも例えば付き合いで飲んでいるビールを飲み終えたらソフトドリンクに行こうかな?って時に「どうぞ~」って注ぎに来られたら断りにくいじゃないですか。

もちろんほとんどの場合断るのですがサラリーマン時代は断りにくいこともあったりして、気を遣っているとしても暴力に近いものがあるんだなって思うことがあるんです。

自分のペースで飲みたい・楽しく飲みたい

そして何よりも自分のペースで飲みたいんです。自分の気分で違うお酒に変更したいんです。

それにお酒の席って仕事と関係無ければ、自由に楽しく飲みたいんです。だからお酒を注ぐという気遣いなんてわざわざしたくないし、されたくも無いんですね。

第一、大人なんだからわざわざ注がれなくても自分のペースで自分で注いで飲めるじゃないですか。

だから僕もお酒を注ぐということはほとんどしないし、これからもしないと思います。

宴会・飲み会は好き・でも上下関係は無い方が楽しい

お酒を注がれる、お酌をされるのが嫌いと言っても、宴会は好きなんですよ。

だから関東に住んでいた時は定期的に飲み会は自分で主催して楽しんでいました。

飲みニケーションなんて古い言葉は使いませんが、わいわいがやがやするのって結構好きです。

ただ、そういう場で上下関係を持ち出したり、持ち出されたりしてお酌をするってことが嫌いなだけです。

幸いなことに僕は本を3冊出しています。

で、本を出しているとなぜか「先生」って呼ぶ人もいるんですよ。

で、へりくだる人もいるのですが、そういうのってお酒を楽しく飲むことにならないと思います。

もちろん人と人との付き合いなので、配慮と気遣いというものは必要ですが、お酒の席はみんな等しい立場で飲むのが楽しいと思います。

ということで、もし僕とお酒を一緒に飲んでくれるという人は、お酌はしないようにしてください、というどうでも良い話でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ま~ より:

    私も注がれるのも注ぐのも大嫌いです

    • 鈴木こあら より:

      あ、ま~さん!
      ですよね。ゆっくりと自分のペースで飲むのが一番ですよね。
      また今度、飲みましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です