塩なのか砂糖なのかよくわからない?中野の「塩ホルモンさとう」に行ってきた

スポンサーリンク

「塩ホルモンさとう」という名前を聞いた時、佐藤さんが経営しているお店なんだろうと思ったけど、塩なのか砂糖なのかよくわからないネーミングでその店名に惹かれたお店。中野駅から徒歩5分弱にあるこのお店に行ってきました。

塩ホルモンさとう

久しぶりの中野駅から徒歩5分

中野駅に行ったのはたぶん20年以上ぶり。学生時代に行ったきり行ってない状態。というよりも新宿よりも西の中央線の駅に行った記憶が学生時代からほぼ無い状態。

中野駅

塩ホルモンさとうは中野駅の南口から3~5分くらいの距離にあるお店です。

中に入ると店主と若い店員さん2人がいました。

肉を食らう

1人焼き肉なんて凄く久しぶり!

というよりも嫁がホルモン系が全くダメなので、ホルモンなんて名前のつく店には誘えないから一人で行く方が良いかな?と。

塩ホルモンさとう

馬刺し

塩ホルモンさとう

食べるのと店主と話すのに夢中になって、肝心の肉の写真はあまり撮ってない(^_^;)

でも、焼いているソーセージはめっちゃ美味かった!生ソーセージというらしくジューシーで非常に美味しい。

塩ホルモンさとう

店主おすすめの炙りハツ。このまま頂きます。肉系って結構生で食べるのが好きなんですよ。レバーの刺し身が禁止になった時は悲しかったし。

でこの炙りハツ、コリコリした食感で非常に美味しい!ごま油がかかっていて炙ったのが更に際立っていて結構癖になる味。

塩ホルモンさとう

バナーで炙っているところ。ハツを回しながら炙っています。この後に切りそろえて出してもらう訳です。

メニューのほとんどが500円

メニューのほとんどが500円で税込み金額で明朗会計。安心して食べられるお店です。

まあ飲んでいたのとおすすめとか頼んだりしていたのでどれだけ頼んだか記憶に無かったのですが(笑)

でもかなり食べた記憶はあってそれでもちょうど4000円はお得な感じがしました。

ここに行った理由

あんた普段あまり個人の店とかで食べないじゃん!と思う方もいるかもしれませんね。そうあまり飲めないのもあって1人で食べ歩きというか飲み歩きは滅多にしません。

でここに行った理由は中学の同級生が店主をしているという話を聞いたから。

先日の日曜日に幼稚園からの友人と久しぶりに一緒に飲んだ時、この店主の話になって中野でお店をやっているという話を聞いたのでせっかくだから行ってみるか・・ということで行ってきました。

店に入って店主の顔を見て老けたものの当時の面影があってすぐに本人であることがわかりました。実に30年ぶりの再開。中学出て以来だからな~。

で店主と常連さんと話し込んだり。

近ければまた行くんだけど、中野はちょっと遠い。でもたまに通いたいお店が出来ました。

この年になっても馴染みのお店というものが無いのでそろそろ作ってみたい今日このごろ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です