「ミロンガ・ヌォーバ」は神田神保町でゆっくりと時間を過ごせる素敵な喫茶店

本、好きですか?本が好きな人ならきっと東京神田の神保町も好きなはず!

学生時代は神保町によく行ったもので購入した本をすぐにでもゆっくり読みたい時に利用したのが喫茶店「ミロンガ・ヌォーバ」。先日、神保町付近に用事があって行った時にも利用してきました。

ミロンガ・ヌォーバ

カフェとは違う喫茶店

ミロンガ・ヌォーバを説明する時にカフェという言葉で表すのは適してないように思います。ではどういう言葉で表すのが良いのか?ずばり「喫茶店」ではないでしょうか?

学生時代、もう20年以上も前の話ですがその界隈の大学に通っていたこともあってよく行った喫茶店です。ランチ時間や夕方になると学生やサラリーマンも多く多少混雑しますが、14時から16時くらいであれば比較的空いていることが多く非常に落ち着ける喫茶店。

世界のビールや珈琲を味わいながらタンゴが流れる空間は何年経っても変わらない空間です。

ミロンガ・ヌォーバ

学生時代から20年以上経過していても外観も中も全く変わらず時が止まっているような錯覚に落ちます。それがこの喫茶店の魅力にもなっているんですよね。

ミロンガ・ヌォーバ

この周りにもドトールコーヒーや、サンマルクカフェ、マクドナルド等があります。珈琲の価格はそういったファーストフードやカフェと比べて倍くらいの価格になりますがミロンガ・ヌォーバのような喫茶店にもたまには入ってみるのも良いのではないでしょうか?

神保町と言えば古書店街

神保町と言えば古書店街として有名でありこのミロンガ・ヌォーバの周りにも沢山の古書店や大きな書店があります。一番近い大きな書店と言えば三省堂で、三省堂の裏口からなら徒歩1分ほど。

ミロンガ・ヌォーバの周りの古書店や書店で購入した本をここで珈琲を飲みながら読む幸せ、本が好きな人ならきっと癖になると思います。

でも先日行った時に20年前と違うな~と感じたのはスマホやタブレットを見ている人がいること。20年前はスマホなんて無かったし、タブレットで本を読んでいる人もいませんでした。それだけ時代が変わっているんだな~と思う反面、空間の雰囲気は変わっていなくて少し不思議な感覚にもなりました。

もっとも僕自身もスマホでメールチェックしたりしているので、そういう時代になったということですね。

個人的お薦めはシナモントースト

ここで頼むのは夏場であればアイスオーレ、そして小腹が空いていたらシナモントーストというのがいつもの注文。

ミロンガ・ヌォーバ

シナモンシュガーのかかったトーストにホイップをつけて食べる幸せ。サクサク食感で口の中に広がるシナモンの風味が癖になっています。

冬場は普通にホットコーヒーがおすすめです。

ミロンガ・ヌォーバ 基本情報

  • 住所:東京都千代田区神田神保町1-3
  • 電話:03-3295-1716
  • 営業時間:平日10:30~22:30/ 土日祝11:30~19:00
  • 年末年始は休業

神保町に行った時は是非立ち寄ってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です