人との繋がりは非常に大切だけど、自分が楽しんでいない人のところには繋がりは出来ない

ブログ「わかったブログ」や「カエレバ」「ヨメレバ」「トマレバ」等のブックマークレットで有名なかん吉さんが本を出版されます。既に僕は予約しています。

それについてかん吉さんがブログで書かれています。

>>一般人が「本を出版」するためにやるべきこと

僕も本は出しており、多少なりとも読んでくれる人がいるブログをしているのでブログがきっかけで本を出したと思われているのですが、僕の目から見た場合ブログがきっかけでは無いんですよね。

僕の場合、今まで商業誌や新聞にも出ていますし、テレビにも出演しているのですがそのきっかけは全部、自分が楽しみたいという非常にエゴなところが起点となっています。

「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」

アフィリエイトの本は書く人が少ない

僕が出した本はアフィリエイトの本ですが、アフィリエイトの本って書く人が少ないんですよ。

理由は非常に簡単で、アフィリエイトで月の収益が7桁以上(100万円以上)になっている人の場合、本を書くよりもアフィリエイトサイトを作っている方が圧倒的に儲かるからです。

でも時代は副業ブーム。副業で最もローリスクであり正しい方向性で行えばほとんどの人が稼げるのがアフィリエイト。本として需要が無い訳がありません。

しかしながら書いてくれる人がほとんどいないと出版社は悩んでいるんですね。

(実際に翔泳社さんと話していて本音トークが出た時に、先に有名なアフィリエイターの方に声をかけたけど全部断られて困っていたというお話も聞いています)

アフィリエイトの本を出している人は概ね下記のようになっていると思います。

  • アフィリエイト以外の収益源を確保したい
  • 有名になりたい(承認欲求)
  • アフィリエイトで稼ぐことが出来るということを知って欲しい(他者のため)
  • セルフブランディングのため

僕の場合、どういう理由かと言えば上記の4つが複合的に組み合わさって声をかけてもらった時に引き受けました。

アフィリエイト以外の収益源を確保したい

アフィリエイト以外の収益源を確保したいというのは出版による印税もありますが、それ以上に本を出すということで知名度や信頼度があがりアフィリエイトサロンの運営やアフィリエイト塾へ集客に結びつきます。

だから商業出版を引き受けている人もいるかと思います。

有名になりたい(承認欲求)

僕自身はブロガー上がりのアフィリエイターです。でブログを書いている人の多くは承認欲求を満たすためにブログを書いていることが多く、僕もその1人です。更にその承認欲求が高まれば本を出したい!と思うのも自然な流れ。

承認欲求って聞くとあまり良いイメージを持たない人もいますが人が前向きに生きていく上で結構大切な要素だと思います。

アフィリエイトで稼ぐことが出来るということを知って欲しい(他者のため)

自宅をあまり離れられない子育て中の主婦や病気で自宅療養をしている人、そんな人でも自宅でネット回線とパソコンかスマホがあれば行えるのがアフィリエイトです。

だからこういう方法で稼ぐことが出来るんだよと知って欲しい、苦しまないで欲しいということでアフィリエイトに関する本を出した人もいます。

セルフブランディングのため

僕がアフィリエイトを始めたきっかけは、アフィリエイトは「コンテンツマーケティング」を自分で実践するためには最適な方法だったからです。

始めた当時、僕は勤めていた会社(Eコーマスを運営している会社)でアクセス解析やメールマーケティングを担当していました。その時にアフィリエイト広告を出すということでアフィリエイトのことを調べて、これってコンテンツマーケティングの集大成みたいなものじゃないのかな?と思い学習のために始めたのがきっかけです。

この辺りのことは、MONEY zineさんのインタビューで答えているので良ければ見てください。

>>「アフィリエイトで日本を元気にしたい」――アフィリエイトで生計を立てる鈴木利典さんの試行錯誤と野望

その後、会社をやめてフリーランスとなった訳ですが、フリーランスとして生きていくためにセルフブランディングは結構重要で、その一環として本を出すということは非常に価値があるので引き受けたということもあります。

本を出すことになったきっかけ

本を出すことになったきっかけはブログと言えばブログですが、僕的な目線ではきっかけはオフ会であり、オフ会に参加した理由は楽しそうだったからです。

あるオフ会に参加した時にそのオフ会に参加していた方と仲良くなり、その後その方が翔泳社の方と仲良くなっていて「アフィリエイトの本を翔泳社さんで出したいって言っているけど、鈴木さんどう?」ということがきっかけで本を出すことになった訳です。

そのオフ会ってかなり意識高い系のオフ会じゃないの?と思うかもしれませんが、はてなブログ界隈ではそんなこともなくアホな話だけをしていたオフ会です。どんなオフ会かと言えば下記のもの。

>>はてなブロガー食事会を主催してきた

このオフ会に参加したことで、ライターデビューにも繋がったし、本を出すことにもつながっています。

ということで青二才さん(オフ会主催者)には足を向けて寝ることが出来ません。

で、このオフ会に声をかけてもらって参加した訳ですが、なんか面白そうだから参加しただけで、打算的な目的があった訳ではありません。本当に純粋に楽しみたいという気持ちで出ただけです。

なお翔泳社さんに声をかけてもらった時に、翔泳社さんだから飛びついたというのも事実です。本を出すのなら最初は翔泳社さんが良いな~ってずっと考えていたからです。

アクセス解析やネットマーケティングの仕事に携わってきた人で本を出したいという方なら翔泳社からが良いな~と思うのは自然な流れだと思います。

過去に大きなイベントをしたこと

1999年に秋田県でネット起点のイベントを行ったことがあります。北は北海道から南は九州まで、全国から300人くらいの人が訪れてくれたイベントです。

秋田県の田舎で行ったイベントですが、おそらくネット起点の地域活性化イベント(と結果としてなった)としてはかなり先駆け的なイベントだったのではないかと思います。

そのイベントでの僕の立場はなぜか実行委員長、つまり責任者。

単にオフ会しよう!って声をかけたのが何故か周りが盛り上がっていつのまに映画祭になりました。

その映画祭はブランディングに成功した結果、テレビ番組「アンビリバボー」の「感動のアンビリバボー」で再現ドラマとしても放送されました。僕は全く出てこない内容になっていますが(/_;)

楽しんでいると共感してくれる人が出て来る

で何が言いたいのかと言えば、人との繋がりでいろいろな事が出来るんだけど、何よりも自分が楽しんでいないと共感してくれる人は出てこないということ。

ブログがきっかけでかん吉さんは出版出来たと書いているけど、僕はかん吉さんがブログを楽しんで行っているからこそ共感してくれる人が多くなっていって出版に繋がったと思っているんですね。

もしかん吉さんが最初からお金!!!!!目立ちたい!!!!!PVPVPVPVPV!!!!って路線で進んでいたら多分出版にはいかなかったと思うんですね。

>>「自分ブランド」を育てるためにやるべきこと、やってはいけないこと 

上記の記事の中でかん吉さんはこう書かれています。

「好きでやっている」ということ自体が、信用を生むのです。

好きなことに熱中していれば、お金をかけずに、膨大なエネルギーを注ぎ込めます。

好きってことは楽しんでいるとも言えると思います。楽しんでいると、「あ、楽しそう」って共感してくれる人が多くなるんですね。

その結果が大きな結果に結びつくことになると僕は思います。

で、その楽しんでいるよ!!!ということを書いていく場がブログだったというだけで、本当のきっかけは楽しんでいる!ってことだと思うんですよね。

ブログをするのなら楽しもう!

人気ブログの特徴として、楽しんでいるな~ってことが伝わることだと思います。

もしブロガーとして人気になりたいのなら、まずは自分が楽しむことが大切じゃないのかな?

結果は後からついてくると思います。

ガジェット系ブロガーを馬鹿にする有名なプロブロガーがいますが、本当にガジェットが好きなブロガーのブログって読んだことあるのかな?って思うんですよ。

ガジェット系ブロガーで本当にガジェットが好きな人って、キチ◯イですよ。あれだけ楽しんで自分の世界に没頭出来る人も少ないと思います。だからこそ共感されてライターデビューしている人って少なくありません。

とキレイなことだけ書いて終わるのが嫌いなひねくれた性格なので、もう1つ加えておくとお金が欲しい!だからブログをする!!!というのであればブログを勉強するのではなくアフィリエイトを勉強した方が良いですよ。その方が稼げます。

ということでこの本がおすすめです(棒読orステマ)

でも将来的に出版や人気ブロガーになりたいのなら、まだ読んで無いので(発売されてないので)何とも言えませんがかん吉さんの本が参考になると思います。

関連記事(別ブログ)

>>かん吉氏の『ブログ起業:10年9割廃業時代を生き抜くブログ×ビジネス戦略』を読んだよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です