Twitterで過去記事紹介を流す場合、出て来る画像が同じだと勿体無い

スポンサーリンク

ブロガーの方で過去記事をTwitterで紹介している方って結構いますよね。これは良いアイデアだと思いますし僕もたまに手動で行っています。でも中には凄く勿体無いと思う例があります。

それはTwitterで過去記事を紹介した時に同じ画像ばかり使っているブログです。はてなブログやWordPressで多いのですが、アイキャッチ画像として登録している画像が同じ画像になっているというもの。

これはTwitterでブログ記事をTweetする場合にOGP画像の設定が自動で行われるのですが、同じ画像ばかりだと記事は違っても同じ記事だと勘違いされて読まれないことがあるからです。

同じ画像だと同じ記事だと思われる

例えばテストで先程【過去記事紹介】と書いてわざとTweetしました。

ogp2

こんな感じのTweetになります。

で、使っている画像が同じだと大量に流れるTLで文字までは読まない人って結構多くて、同じ画像なら同じ記事をまた【過去記事紹介】として紹介しているんだなって思われてしまうことがあります。

というのも僕がフォローしているブロガーさんが毎日同じ画像の過去記事を紹介していて、何で同じ過去記事ばかり何度も紹介しているんだろう?(もっとも自動で行っていると思いますが)と思ってよく見たら、違う記事だったんですね。

テキスト部分まで読んで無かったので画像で同じ記事だと判断してしまっていた訳です。だから何度も同じ過去記事ばかり紹介してうざいな・・・と思ってフォローを外されたり、ミュートにされてしまってTweetを読まれなくなってしまうこともあります。

面倒でもアイキャッチ画像(OGP画像)は変更しよう

人って思っているほど文字は読んでないし最初に目につく画像で判断してしまうものなんですね。

だから違う記事なら面倒でもアイキャチ画像は変更しておかないと同じ記事だと判断されてしまうこともあるので、面倒でもアイキャッチ画像は記事毎で変更することをおすすめします。

同じ過去記事紹介だと思われてパッと流される過去記事紹介のTweetは発信していな状態よりフォローを外されたりミュートにされる可能性が高い訳で、読まれないブログよりもある意味、意味が無いだけではなく悪影響を与えることになってしまいます。

むしろ同じ画像ばかりになるのなら、アイキャッチ画像をなくした方がツイッターでは良いと思います。

300人以上twitterでフォローしていたら文章をよく読まないのは当たり前

よく考えてもらえば分かりますが、300人以上をTwitterでフォローしていたら流れていくTweetなんて1時間に下手をすれば100以上になることもある訳で、その中からきちんとTweetを毎回見てくれていると思う方が無理がある訳です。

だから過去記事紹介のTweetなら画像で、この記事は読んだな・・・なんて判断される可能性が高いことは分かると思います。

1000人とか2000人とかフォローしていたら、全部のTweetを見ている人なんていないなんてことはわかりますよね。その中で目立つのなら見かけたことの無い画像を使うしか無い訳です。

是非、過去記事紹介をTwitterで流す人は面倒でもテキストは読まれないものと考えてアイキャッチ画像は変更してください。

プッシュ通知を

お知らせ

この度、本を出すことになりました。これからアフィリエイトを始めてみようかな?という方向けに書いています。是非購入してください。

詳しくは下記記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です