ミニサイト・完結型サイト作成の参考書籍と記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小樽神 アイキャッチ ブログ運営・ブログ論

完結型で作ってしまえば管理が楽なサイトを運営したいと考える鈴木です。

現在、小樽神というサイトを作っている様子をTwitterで毎日更新していますが、ちょっと問い合わせがあったのでまとめておきます。

どういうお問い合わせかといえば、同じようなサイトを作っていいか?という問い合わせなのですが、結論から言えば全く問題ないので、自由に作ってください。

というよりも僕もいろいろな書籍や記事を参考にして作っているので、僕自身が作って駄目なんて言える訳もなく。

ただ作る際に参考にして欲しい書籍や記事を掲載しておくので、できればこちらの書籍を購入したり記事を熟読してから、作ることをおすすめします。

スポンサーリンク

ミニサイト・完結型サイトを作るのにおすすめの書籍

ミニサイト・完結型サイト(情報サイト)を作る時に参考になる書籍は3つです。

ミニサイトをつくって儲ける法

僕自身がかなり参考にさせていただいている書籍が和田亜希子さんの「ミニサイトを作って儲ける法」です。

和田さん自身はこのタイトルにしたくはなかったようで、出版社の方針で決まったタイトルでしょう。

だから損している部分もありますが、ミニサイト(完結型サイト)を作る上で非常に参考になる書籍です。

また和田さん自身が運営している「ミニサイト作り講座」というサイトも非常に参考になりますので、是非合わせてみてください。

また、和田さんが運営している「WADA-blog」のフッタ部分にあるリンク先のサイトを見るのも非常に参考になります。

Google AdSense マネタイズの教科書

評判になった本なので、持っている人も多いと思います。

サイト作成の考え方が非常に参考になります。

「ブロガー必見」と紹介されていることが多い本ですが、むしろブログ経験しか無い人が読むとドツボにハマることもあるので、ブログという概念を捨てて読むことを個人的にはおすすめします。

情報サイトでオーソリティーを目指そう!

kindleの電子書籍のみなので、Amazonでしか購入できません。

また上記に合わせて、解説サイトも作れています。

コピペは駄目だけど、アイデアは使う

サイトを作る場合、コピペ&パクリは駄目ですけど、真似やアイデアを使うことは別に問題ないと僕自身は思っています。

というより、上記のような本やサイトを作っていて、真似するな!ということに無理がありますよね。

それにそれぞれの書籍の著者さんとは何度か会って話したこともありますが、アイデアを流用しても怒るような人たちではありません。

一言「参考になりました!」といって、出来たサイトを公開すると、むしろ喜んでシェアしてくれるような人たちです。

まあ全く同じサイト(例えば小樽の神社で同じ構成でコピーサイトを作る等)を作られるのは勘弁して欲しいとは思いますが、異なる地域なら、全く問題ないと思います。

なお小樽神や札朱を作る時に参考にさせてもらったサイトもあります。

こちらです。

WordPressで作る時は考えないと難しい

ただ小樽神にせよ、札朱にせよ、WordPressで作っていますが、WordPressで作る場合は逆に難しい作り方です。

WordPressで作るのであれば、ディレクトリ階層をどうするか、ディレクトリ階層は無視してリンク階層のみで作るかとか、いろいろ考えないと失敗することもあるので、その点は注意してください。

僕の場合、WordPressで無理やり作っていますが、あまりおすすめできる方法ではありません。

情報サイト用のCMSができれば便利なんですけどね・・・

以上、ミニサイト・完結型サイト作成の参考書籍と記事についてでした。

ブログ運営・ブログ論
このブログを書いてる人

通称:鈴木こあら

旅行・温泉とカメラ、そしてブログを書くのが好きなおっさん。
すべての都道府県で最低1箇所は温泉に入り、合計700箇所ほどの温泉に入った温泉ソムリエです。
出身は愛知県ですが、現在は関東から北海道・札幌に移住してさっぽろテレビ塔の近くに生息しています。

フォローしてください!
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました