自著「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」の第7刷が決定しました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」 鈴木的情報

今日は嬉しいニュースをツイッターから知ることが出来た鈴木です。

2016年の4月に発売となった僕の著書「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」が7刷となりました\(^o^)/

宣伝してくださった方、またお買上げいただいた方、読んでくれた方、執筆に際していろいろと助言をくださったり、インタビューに答えてくれた方々、本当にありがとうございます。

参考までに7刷が出るということは翔泳社さん(出版元)のツイートで知りましたww

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト

鈴木 利典
1,598円(04/21 21:42時点)
発売日: 2016/04/15
Amazonの情報を掲載しています

3年近く経っても売れているのは非常に嬉しい

この本は2016年の4月に発売しましたが3年弱で7刷まで増刷されたことは非常に嬉しく思います。

最近だとのんくら本みたいな化物級に売れている本もあって、比べてしまうと増刷ペースは遅いものの、それでも長く読まれているのはありがたい以外のなにものでもありません。

やっぱり本を書いて良かったなって思います

Amazonのレビューとか見て凹んだりしたけれど、僕は元気です。

本を書くのは夢では無い

僕が「鈴木です。」というブログを始めたのは2014年1月からで、アフィリエイトも大体それくらいから始めているのですが、まさか5年後に3冊もの本を出していることなんて想像もしていませんでした。

自分の本を出すことが夢だという人もいるかと思いますが、実際本を出すってそれほどハードルの高いことでは無いんですよ。

僕は1つだけオンラインサロンに入っていますが、そのオンラインサロンでは何人もの人が出版をしています。

僕が本を出せた理由はそのオンラインサロンのおかげでは無いのですが、もし本を出したい!という人であれば、本を書ききるだけの体力・文章を書く持続力があれば1~2年で出すことも可能だと思います。

どのオンラインサロンかと言えば下記のものです。

染谷昌利 - ギガ盛りブログ飯 ~情報発信力を身につけて激動の時代を生き抜こう~ - DMM オンラインサロン
これからの時代、自分自身で仕事を創り出したり、会社に頼り切らない生き方が求められます。そのためには情報発信力が重要です。セミナーで学び、FBグループで交流をはかりながら個のスキルを一緒に伸ばしていきましょう。

そう、ブログ飯(魔書)で有名な染谷昌利さんのサロンです。

もし、出版したい!という人がいたら入ってみても良いと思います。

僕の名前を紹介者に書けば何か特典があるかもしれません。

オンラインサロンはあまり評判が最近ではよくありませんが、このサロンは質問してもBANされることなく、真剣に答えてくれますよ。

7刷を記念してこの本を10名様にプレゼント

で、7刷を記念して抽選で10名様にこの「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」をプレゼントします!(紙の本です)

応募方法はツイッターでDMください。

フォローとかしなくてもOKです。ツイートをリツイートとかしなくてもOKです。

DMは誰からでも受け取れる設定にしてあります。

(もしブロックしている方はごめんなさい)

DMには「プレゼント希望」だけ書いてください(悪口以外なら他のことを書いてもOK)。

締切は2019年1月28日まで

当選者には1月29日から2月上旬にDMで返信するので、それまでは僕からのDMを受け取れる設定にしておいてくださいね。

その時に発送先の住所と名前をお聞きしますので、返信ください。

応募、お待ちしております。

応募は終了しています。

当選者の声

嬉しいことに当選された方がTwitterでつぶやいてくれています。

鈴木的情報
スポンサーリンク
鈴木 利典をフォローする
じゃらん 遊び・体験予約

旅行に行く前にチェックしたいのが「じゃらん 遊び・体験予約」です。いろいろなアクティビティ・体験をお得に予約出来ます。お得になるクーポンを使うと公式サイトや電話で申し込むよりもお得になることも多いので、旅行で思いっきり楽しみたい方におすすめです。

Amazonプライム

Amazonを利用するのなら入会していないと損!と言い切れるくらい便利な会員サービスがAmazonプライムです。送料無料や各種特典が盛りだくさんです。本を月に1回以上Amazonで購入したりするだけで元が取れるサービスで、30日間は無料でお試し出来ます。

鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました