4つのサイトで写真転載可としました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
札幌・小樽の風景鈴木的情報

いろいろなサイトを運営している鈴木です。

札幌に来てから北海道に関するサイトをいくつか作りましたが、そのうち4つのサイトの写真を転載可としました。

ルール等ありますが、よければ使ってください。

スポンサーリンク

写真の転載可とした4つのサイト

写真の転載を可とした4つのサイトは下記のものです。

ルールは概ね下記のようにしています。

  • 転載は個人サイトのみとします。
  • 出典の記載は必要ありませんが、していただけると非常に嬉しいです。
  • 二次配布・二次利用は堅く禁止させていただきます。
  • 販売は堅く禁止します。
  • イラストの一部は運営者に著作権がない場合もあるのでイラストの転載は不可です。
  • CGM・UGMサイト(投稿サイト)・Google Mapへの投稿は禁止です。
  • 自己・自社写真比率が50%未満のキュレーションサイト・まとめサイトへの転載は禁止します。
  • 転載において何かしらの被害を負ったとしても責任は一切負いません。自己責任でお使いください。

サポカンのみ下記の条件も加えています。

  • 札幌イベント情報のカテゴリー下の記事の写真は使用不可です。理由は著作権は運営者になく、提供していただいている写真もあるためです。注意してください。
  • ツイッター内に埋め込まれた写真は使用不可です。

イラストはいらすとや等のフリー素材サイトのものを一部使っており、僕に著作権が無いため、禁止にしました。

フリー素材なら、そもそもフリー素材サイトのものを使ってもらえばいいですからね。

なお転載可なだけで、フリー素材という訳では無いので注意してください。

写真転載可とした理由

もともと、写真の転載可にしようとここ1~2年はずっと考えていました。

転載可にして出典としてリンクをもらおう・・・という打算的な考えも当然ありました。

にんげんだもの

ただ面倒なことに巻き込まれるのが嫌で禁止にしていました。

いるんですよ、フリー素材とか転載可にすると何でもしていいと勘違いしちゃう人って。

それに以前は、勝手に人の撮った写真を無断で使用して利益を得ているキュレーションメディア・まとめサイトが多くて、勝手に収益化のために使われるのが嫌だったということもあったからです。

しかしNAVERまとめも終わり、写真を無断で使うキュレーションサイトもかなり減ってきたようですし、そろそろ転載可にしてもいいかな?とも。

元々、連絡をもらえればOKにしていた

年に数件ですが、写真を使いたいという連絡が来ます。

で、商用利用以外で、断ったこと無いんですよ。

基本的には商用利用で無ければ無料で、商用利用の場合は内容を聞いて金額を決めるというような感じで写真の提供はしてきました。

サイト・ブログで使っている写真なので画像サイズは小さくしているので、大きな写真を希望される場合は、大きな画像ファイルやRAWファイルを提供する場合もありました。

こんな素人の写真でも褒めてくれる人もいたり、使いたいって言ってくれる人もいて、それならどうぞ!というのは基本的なスタンスでした。

意外と確認しにくいことも

ただ知らない人に写真を使ってもいいですか?ってお願いしにくいことってあるじゃないですか。

最初から使ってもいいですよって、書いておけば使いやすいかな?ということも考えてルールに従ってもらえれば転載をOKとしました。

どういう人に写真を使って欲しいか

札幌とか小樽に観光で来たけど、あいにくの天気であまりキレイな写真を撮れなかったり、そもそも写真が撮れる状況でなかったということもありますよね。

雨だったり吹雪だったり

でもブログ等で写真を載せたいけど、写真が無いので載せられないという時に使って欲しいな~って思います。

または、冬に来たけど雪の無い時期の写真を対比として掲載したいとか。

それで表現の幅が広がって面白いブログとかサイトができれば、それはそれでいいかな?と

転載して教えてもらって、それがいいブログやサイトならSNS等でシェアも積極的にしていきたいと思っています。

以上、4つのサイトで写真転載可としましたというお話でした。

でもあくまでもルールは守って使ってください。

鈴木的情報
このブログを書いてる人

通称:鈴木こあら

旅行・温泉とカメラ、そしてブログを書くのが好きなおっさん。
すべての都道府県で最低1箇所は温泉に入り、合計700箇所ほどの温泉に入った温泉ソムリエです。
出身は愛知県ですが、現在は関東から北海道・札幌に移住してさっぽろテレビ塔の近くに生息しています。

フォローしてください!
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました