【レビュー】俯瞰して見ろ!ということで「Birds iRod 6G-4500」という一脚を購入して鳥の目線でテスト撮影を行ってきた

俯瞰写真

先日読んだこちらの記事

OLYMPUS AIR A01をもっと活用しよう! と一脚を買ってハイアングル撮影に挑戦

OLYMPUS AIRは欲しいけど高くて買えない。でも一脚を使って俯瞰した写真を撮ってみるのは面白そう。いや実際に撮ってみたい・・・。でよく考えたら僕が普段使っているデジカメにもWi-FI機能があってスマホと連携させてリモート撮影が出来ることを思い出しました。

僕が普段使いしているデジカメは下記のものです。

サブ機として購入したけど、体力の衰えと共にメイン機に最近はなっています。年は取りたく無いものですね。

それはさておき、Canon PowerShot G7Xとスマホを使えばリモート撮影は可能。だから一脚を購入して俯瞰した写真を撮ってみようと思ったのですが、どうせなら出来るだけ伸ばせる一脚が良いんじゃない?ということで購入したのが、「【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500 撮影用ロングロッド バーズアイロッド」というものです。

購入したのでとりあえず近所のお寺に行ってテスト撮影を行ってきましたのでレビューです。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500 開封の儀

amazonで購入しました。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

梱包には緩衝材で結構しっかりと行われていました。2重に緩衝材で包んであって取り出すのが結構大変。ケースに入っています。ケースには取っ手がついていて持ち運び出来るようになっているのですが出来ればもう少し大きめにして肩にかけれるようにしてくれているとありがたいですね。

このBirds iRod 6G-4500は、最大で4.5メートルの高さまで伸ばすことが出来るので手に持てば5メートル以上の高さから俯瞰した写真を撮ることが出来ます。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

ただ届いた段階でケースのジッパー部分の引っ張るところがついていませんでした。梱包の緩衝材をよく探したらあったので取り付けましたが、ケースは少し甘い作りになっています。

雲台とG7Xを取り付けてみての感想

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

雲台はティルト雲台ということでハクバ製のものが使われています。大きな雲台では無いし耐荷重は1kgまでということなので重くてもミラーレスの一眼くらいまでの重さにしか対応していません。

脚段数は6段なので5つのロックがついていますが、少し緩いのであらかじめ自分で締めて使わないと結構危険かも。また雲台も少し弱いように感じました。後で別に自由雲台を購入して取り替えた方が良いかも。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

雲台を取り付けるねじ山のサイズは一般的なサイズなので雲台の交換は可能となっています。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

実際に取り付けてみたところ。

スマホ側のアプリを立ち上げた画面は下記の通り。

Screenshot_2016-02-21-16-19-34

コアラは愛嬌ということで。ズームも可能になっています。

なお、RAW撮影には対応してない模様。JPGしか保存されません。そういうものなのかな?後でもう少し調べてみます。

近所のお寺でテスト撮影

実際に家の近所のお寺の境内でテスト撮影をしてきました。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

階段をまずは普通に撮影。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

続いて約5メートルの高さから撮影。見え方が全く違いますね。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

藤棚を普通に目線で撮影。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

続いて約5メートルの高さから撮影。今まで全く見えなかった世界が撮影出来ました。これは結構癖になるアングルかも。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

高さ3メートルくらいの高さの木を目線の高さで撮影。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

5メートルくらいの高さから撮影。こういう目線で撮影出来るの本当に楽しい!

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

大きな木、これの一番下の幹が分かれている部分を撮影してみました。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

木に登らない限りは見えない場所を撮影出来るのって面白い!

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

続いて梅を撮影。

【LUMICA/ルミカ】Birds iRod 6G-4500

上から撮影するとこんな感じに。

Birds iRod 6G-4500の注意点

普通の三脚や一脚は伸ばした時に抜けないように設計されていますが、これは簡単に抜けるように設計されています。

Birds iRod 6G-4500 

赤いラインが見えるので赤いラインが見えないように固定して使うことになりますが思いっきり引っ張ると上記の写真のように抜けてしまいます。しかしこの一脚はただ高いところを撮影するためだけではなく、海や川の中に防水デジカメを入れて撮影出来るようにもなっているので、後で水洗いしたい時は、分解して洗えるようになっているのでしょう。

また盗撮で使うことが無いようにしてください。

なお、一部で女湯を撮影するために購入したという噂がありますが、全くのデマですので信じないように(笑)

また一番高くすると結構な重さを感じます。1人でスマホを持って撮影をするのはやや無理があるので、出来れば2人で組んで撮影するのが理想的だと思いました。そして一番高くすると結構上の方は揺れます。シャッタースピードが遅いとブレると思いますので、暗くなると使えなくなると思います。

撮影の幅はぐっと増える

このBirds iRod 6G-4500を購入して思ったのは撮影の幅がぐっと広がるということ。ドローンでも良いのかもしれませんがドローン禁止の区域もあったりするのでこのBirds iRodでいろいろカバー出来る部分はあるでしょう。

また最長7.5メートルのものもあるので、それならもっと俯瞰した映像が撮影出来そうです。

次回はもっとこの一脚ならではのものを撮影に行きたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です