台北駅(台北車站)すぐ近くのコスモスホテル台北 (台北天成大飯店)に泊まってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コスモスホテル台北 (台北天成大飯店) 海外旅行

海外旅行は台湾しか行ったことが無い鈴木です。

もう2年前のことですが、すっかり書き忘れていたので今更ですが。

台湾で開催されるCOMPUTEX TAIPEI2017に行った際、台北市内でアクセスの良いところに泊まりたいということで、台北駅(台北車站)近くのコスモスホテル台北 (台北天成大飯店)に泊まって来ました。

なぜ台北駅近くかと言えば、台湾と言えば夜は夜市に行きたい!ということで台北でも最大と言われる士林夜市の最寄駅である剣潭駅(けんたんえき)まで地下鉄で1本で行けるし、今回の目的であったCOMPUTEX TAIPEIの会場である台北南港展示センター ホールの最寄駅「南港展覽館駅」までも1本で行けるということで選びました。

実際に泊まった部屋や雰囲気を写真多めにお伝えしていきます。

スポンサーリンク

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)について

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)は、台北駅から徒歩2~3分というかなり良い場所にありながら、部屋によっては朝食付きでも8000円未満(ただしその時のレートによる)でも宿泊することが出来ます。

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)から30秒ほど歩いたところの交差点からの風景が下記写真です。

台北駅

台北駅がもうすぐそばということがわかります。この写真を撮っているところの前には台北駅の地下鉄出口「M3出口」があるので、雨でも走ればあまり濡れない距離です。

建物自体は古いのですが、2011年に大改装を行い部屋のトイレにもウォシュレットがついているので、日本人でウォシュレットが無いとキツい…という方にもおすすめです。

またコスモスホテル台北を運営するコスモスグループは台湾で7箇所のホテルを運営するレジャーグループでゴルフ場やレストランの運営も行っている企業です。

安心して泊まれる信頼あるホテルです。

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)
コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)
コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)の公式サイトや宿泊サイトのリンクです。宿泊予約もそのまま行えます。公式サイトは日本語対応でわかりやすくなっています。
 

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)のロビーや共有スペース

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)

ホテルに入ると混雑している時はロビーのカウンターに人が並びます。

カウンターの受付を行っている方の半数くらいは日本語も概ね話せますし、希望をすれば日本語を概ね話せるスタッフが説明してくれます。

だから、英語や台湾語(中国語)が全く話せない場合でも安心です。

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)

ホテル内は40年くらいは経過している、そんな感じの建物ですがきちんと掃除させ装飾も比較的豪華に感じられます。

日本のクラシックホテルとまでは言えませんが、それに近い感じのするホテルです。

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)

各階のエレベーターロビーには人形等が展示されています。

コスモスホテル台北の部屋と予約時の失敗

まず台湾のホテルを予約する場合の注意点が1つあります。

台湾は日本の法律とは異なり、ホテルの部屋に窓が無くても構いません。

つまり安い部屋は窓がありません!

今回、割と有名なホテルなのに妙に安いな~と思って予約したのですが、その理由は部屋に窓が無いからでした。他にも台湾のホテルで妙に安い部屋がある場合は、窓が無い可能性があるので窓が無いのは嫌だ、という方は注意して下さい。

コスモスホテル台北

今回泊まった部屋ですが、ダブルベッドが置かれた部屋のシングルユースです。

ベッドの後ろに窓あるみたいだけど・・・と思うかもしれませんが窓ではありません。

コスモスホテル台北

ベッドの後ろはダミーの窓で電気をつけると窓のようには見えます。これはこれで面白いかも。

今回、このホテルを選んだ理由は台北駅に近いのに安かったから、ということがあるのですが、窓が無いので安かったという理由でした。最も部屋は寝るだけに近かったのと窓のような演出がされているので、それほど気にはなりませんでした。

コスモスホテル台北

部屋はダブルベッドでしたがシングルーユースで。部屋にはテーブルとは別に上記写真の台が置かれていました。

コスモスホテル台北

テーブルはやや狭めですがノートパソコンを置いて作業をするのには十分な広さ。

コスモスホテル台北

コンセントの形状が違うことに気がついたかもしれませんが、日本用のコンセントにも対応していて、変換プラグ無しでも使えます。

ただし台湾の電源は110V/60ヘルツで、日本の電源は100V/50or60ヘルツなので、やや電圧が高くなっています。

パソコンは海外での使用も考えられていて、ACアダプターを見ると100-240V/50-60Hzと書かれているものがほとんどで、これは100ボルトから240ボルト、周波数50~60ヘルツの間で使えるというものなので、普通に使えます。

ただ家電製品によっては100Vまでしか対応していないため、110Vだと負荷がかかり故障する可能性が無いとは言えないので100Vにしか対応していない家電製品を持っていく、使う場合は、変圧器を持っていくようにした方が良いかもしれません。

ただ荷物になるので、安い家電線品で壊れても良いということであればほぼ不要です。

コスモスホテル台北

部屋にテレビはありSONYのテレビで壁掛けされていました。

ベッドで横になりながらテレビが見られます。もっとも言葉がわからないので何を言っているかわかりませんが。

コスモスホテル台北

部屋に入ったところにある棚にはグラスが電気ポットが置かれていました。また水もサービスで置かれています。

コスモスホテル台北

冷蔵庫は空で用意されているので、飲み物を冷やすのにも便利です。

コスモスホテル台北

バスルームの洗面台は広くて使いやすくなっています。

コスモスホテル台北

ドライヤーもついているので特にドライヤーを気にしていない方なら持っていかなくても大丈夫です。

コスモスホテル台北

バスはカーテン式ではなく透明のアクリル戸になっています。カーテンの用にふわふわしないので水がトイレ部分に飛ぶ心配がありません。

コスモスホテル台北

トイレは上記の写真の通り、ウォシュレットがついているのがありがたかったです。

コスモスホテル台北

アメニティグッズも必要なものはしっかりと揃っています。

コスモスホテル台北

ベッド側から見た客室、1人で過ごすには十分な広さでした。

コスモスホテル台北の朝食

今回は、朝食付きのプランで予約しました。

コスモスホテル台北

朝食はホテル内の朝食会場でいただきます。

コスモスホテル台北

台湾らしく南国らしいフルーツがいっぱい

コスモスホテル台北

パンの種類も豊富です。

コスモスホテル台北

バゲットがそのまま置かれていますが、持っていく人はいませんでした。当然ですね。

コスモスホテル台北

中華だけでなく洋食も用意されています。

コスモスホテル台北

国が違えば食べ物も違うのですが、何かよくわからないものも。

コスモスホテル台北

飲茶っぽい饅頭や焼売も。

コスモスホテル台北

ハム関係が充実していました。

コスモスホテル台北

サラダも充実

予想以上に朝食のメニューは豊富で更に美味しく満足な内容でした。

コスモスホテル台北に泊まろう

コスモスホテル台北、部屋はよくわからずに窓なしの部屋を予約してしまいましたが、それでも満足出来るホテルでした。

何よりも台北駅が近いのが便利です。

夜は台湾らしく夜市でいただくのも良いですし、台北駅の飲食店でいただくのも便利な場所です。

台北駅

上記の写真は台北駅、広々とした空間です。

地元の人が床に座ってくつろいでいるのが面白いな~と。

台湾・台北で便利なホテルを探している方におすすめのホテルです。

コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)
コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)
コスモスホテル台北 (台北天成大飯店)の公式サイトや宿泊サイトのリンクです。宿泊予約もそのまま行えます。公式サイトは日本語対応でわかりやすくなっています。
 

自分で飛行機からホテルまで予約するのが面倒!という方はパッケージツアーがおすすめです。個別で予約するよりもお得に予約が出来ます。

台湾の風景
台湾旅行はパッケージツアーがおすすめ
台湾旅行はパッケージツアーがおすすめです。飛行機とホテルを別々に予約するよりも安くなっています。大手旅行会社の台湾ツアーの詳細へリンクしています。どれぐらいの料金かも確認出来ます。
 

台湾でのバスツアー、日本国内で予約出来ます。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

海外旅行
鈴木 利典をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました