台湾旅行、スマホは使える?タイプ別に使うためのおすすめ方法を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
台湾 台北の街並み 格安SIM・スマホ

台湾には今まで2回ほど旅行に行っている鈴木です。

日本から比較的近いこともあり、更に親日国家ということもあり、1泊2日からでも楽しめる台湾は今後ますます人気の海外旅行先になっていくでしょう。

でも、気になるのは台湾でスマホが使えるか?ということ。

ネットで「台湾旅行 スマホ」で検索すると最後が決まって「イモトのWi-Fi」を借りるのがおすすめ!と書いていますが、本当なのかな?と思ってしまった方もいるのではないでしょうか?

そもそもスマホって設定なんてお茶の子さいさいの方からWi-Fiの設定は難しいと思う方まで本当に多種多様です。

スマホにあまり詳しく無い人からスマホに詳しい人まで、台湾旅行の際、どうすればスマホが使えるかタイプ別に詳しく説明します。

スポンサーリンク

スマホの設定が苦手な方は、海外ローミングか海外Wi-Fi

iPhone

とにかくスマホの設定が苦手という方は、定額制の海外ローミングサービスを使うか海外用のWi-Fi端末をレンタルしていくのがおすすめです。

定額制海外ローミングは、いま使っているスマホ(docomo・au・softbank)をそのまま使うことが出来るサービスです。

海外Wi-FiはWi-Fi端末と呼ばれる機械を借りて、その機械を経由してネットに繋げることになります。

金額で言うと

  • 定額制海外ローミング:3大キャリア・1日2980円
  • 海外Wi-Fi:1日2000円前後

という違いがあります。

申込先は

  • 定額制海外ローミング:キャリア(docomo・au・softbank)へ申し込む
  • 海外Wi-Fi:海外Wi-Fiを扱っている会社へ申し込む

違いは

  • 定額制海外ローミング:日本からの電話も受けられる
  • 海外Wi-Fi:日本からの電話は受けられない

台湾に行って、日本からの緊急連絡がメールやLINEではなく、電話での連絡が来る可能性がある場合は定額制の海外ローミングサービスを申し込んでおくのがおすすめです。

なお2人以上で台湾旅行に行く場合

  • 定額制海外ローミング:1人1人が申し込むことが必要(2人なら2倍の料金)
  • 海外Wi-Fi:最大5人(5台のスマホ)まで1台でOK

となるのでカップル・家族で台湾旅行に行くのなら海外Wi-Fiの方がお得になります。

つまりまとめると

  • 定額制海外ローミング:少し割高だけどそのまま電話も使える
  • 海外Wi-Fi:安くはなるけど電話は使えなくなる(使えるようにすると思わぬ追加料金が発生してしまう)

台湾に行ったらLINE等の通話アプリしか使わないという方なら海外Wi-Fiの方が安くなります。

海外Wi-Fiを使う場合、おすすめなのが「イモトのWi-Fi」です。

最初にイモトのWi-Fiはどうのこうの書いていたのに・・・と思うかもしれませんが、本当にスマホに詳しく無い人でも便利なんですよ。テレビCMでタレントを使えるほど安定した企業なので、サービスも安定しています。

SIMフリースマホなら台湾でプリペイドSIMを購入

今、SIMフリースマホを使っているのなら台湾の空港についたらプリペイドSIMを購入して使うのが一番お得です。

中華電信

台湾の空港に行くと「中華電信」もしくは「台湾大哥大」という会社がプリペイドSIMを販売しています。

中華電信 料金表

3日間用で、300台湾ドルですから1000円で無制限で気にすることなく使うことが出来ます。

僕はいつもこれを使っています。

中華電信の速度

中華電信の場合、通信速度が物凄く速いことが非常に大きなメリットです。

中華電信のサービス

自分でスマホのSIMカードを入れる自信が無いという人でも中華電信の人が入れてくれるので大丈夫です。

というか、こちらが何も言わないでもスマホ渡せばそのまま入れて設定してくれます。

英語や台湾語(中国語)がほとんど話せなくても、何日の旅行か、3days、5daysと言えば通じます。

10日以上、台湾に滞在するのならプリペイドSIM+スマホ購入

ZenFone Live

5泊くらいまでの台湾旅行なら、海外Wi-Fiを借りても10000~13000円くらいですが、10日以上滞在するとなると2万円ほどかかることになります。

2週間なら28000円です。

でも、台湾メーカーであるASUSというメーカーのスマホなら安いものなら新品でも16800円(税別)で購入出来ますし、中古なら1万円で購入出来ます。

そこで中華電信のプリペイドSIM10日間用を購入しても500台湾ドル(1700円くらい)なので合計で2万円くらいです。

度々、台湾に出張となるのなら、1台SIMフリースマホを購入しておいた方がお得です。

ASUSだと中華電信のプリペイドSIMを入れると何も設定しなくてもそのまま使えるようになるというメリットもあります。

修学旅行なら海外Wi-Fi

修学旅行で台湾へ、という高校も最近は出てきていますよね。

恐らく学校から案内があったと思いますが、緊急連絡先は学校の先生の番号が伝えられていると思いますし、LINE通話でも問題ないと思います。

だから安さを考えると海外Wi-Fiを借りて持たせるのが良いでしょう。

海外Wi-Fiを使う場合、おすすめなのが「イモトのWi-Fi」です。

出張で台湾に度々行く場合、プリペイドSIM+スマホ購入

出張で台湾へ度々行く場合、例えば年に3~4回行くのなら空港でプリペイドSIMを購入して、スマホは台湾メーカーのASUSというメーカーのスマホを使うことをおすすめします。

特にパソコンをネットに繋いで仕事をすることもあるというのなら、速度の速い台湾の中華電信のプリペイドSIMなら快適にネットを使うことが出来ます。

詳しくは、「SIMフリースマホなら台湾でプリペイドSIMを購入」の項目を見て下さい。

スマホにめっちゃ詳しい人

SIMフリースマホで帯域あったもので、中華電信のプリペイドSIMを使いましょう、以上

これで意味通じますよね(笑)

中華電信の帯域(周波数)は下記の通りです。

  • 2600MHz(band7)
  • 2100MHz(band1)
  • 1800MHz(band3)
  • 900MHz(band8)

台湾のフリーWi-Fi

いま使っているスマホで定額制では無い海外ローミングサービスを使う場合、台湾のフリーWi-Fiを使うということも考えられますよね。

台湾も日本同様、街中でフリーWi-Fiはいろいろとあります。

ホテルも当然フリーWi-Fiがあります。

少しの通信、検索やLINEくらいなら台湾のフリーWi-Fiでも十分です。

一部のサイトでフリーWi-Fiは乗っ取りが怖い、セキュリティが安全では無いから使わない方が良いと書いているところもありますが、短時間の使用ならほとんど問題ありません。

ただ今まで台湾に2回旅行に行って、ホテルのWi-Fiを使った立場からすると、台湾のホテルのWi-Fiはあまり速く無いんですよね。

10~20Mbpsは出ているので、それほど気にすることも無いのですが週末とかだとホテルの宿泊者も増え、Wi-Fiの速度は遅くなります。

僕の場合、それが嫌で中華電信のプリペイドSIMでそのまま使っています。

中華電信のプリペイドSIMはホテルのWi-Fiよりも速いことがあり快適です。

ホテルにいる間は、僕はパソコンも使っていますがパソコンもそのままプリペイドSIMを入れたスマホのテザリングでパソコンも使っています。

その方がホテルのWi-Fiを使うよりも快適だからです。

自分にあった通信手段を使おう

どこのサイトも決まって海外Wi-Fi(イモトのWi-Fi)を使おう!って書いていますけど、人によって全くおすすめ出来る方法は異なります。

長期間行くからSIMフリーのスマホを購入しようかな?と考えている人で台湾についてすぐに通信はしなくても良いというのなら、台湾の秋葉原と呼ばれる「八徳路電気街」「光華商場」「三創生活園区」 に行って日本では使えないけど、台湾で使えるSIMフリースマホを購入するという方法もあります。

日本よりも1~3割くらい安く購入出来ます。

「三創生活園区」なら中華電信もあるので、そのままプリペイドSIMを購入することも出来ます。

以上、台湾旅行の時のスマホについてでした。

台湾の風景
台湾旅行はパッケージツアーがおすすめ
台湾旅行はパッケージツアーがおすすめです。飛行機とホテルを別々に予約するよりも安くなっています。大手旅行会社の台湾ツアーの詳細へリンクしています。どれぐらいの料金かも確認出来ます。
 

台湾でのバスツアー、日本国内で予約出来ます。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

コメント

タイトルとURLをコピーしました