積丹の「漁師直営食堂 中村屋」で絶品のウニ丼やお刺身定食を堪能してきた

ウニ好きですか?

我が家は奥さんがウニが大好きで、1度は北海道の積丹で新鮮なバフンウニを思いっきり堪能してみたい!ということで8月26日に積丹のウニとしては有名なお店「中村屋」に行って食べてきました!

積丹のウニは6月から8月まで

ウニと言えば北海道の積丹半島が有名ですが、例年6月上旬から8月31日の約3ヶ月間しか漁が出来ないことになっています。一部地域では5月から解禁となるそうですが、ほぼ6月からと思っていた方が良さそうです。

北海道のウニと言えば本州でも食べられますが、新鮮な採れたてのウニを食べたいのなら積丹でこのウニ漁解禁期間に行って食べてみるのがおすすめということです。

積丹の漁師直営食堂 中村屋

積丹の中でもいくつか新鮮なウニが食べられるところがありますが、その中でも人気のお店である1つが「中村屋」さんです。

この日は11時くらいに訪問したのですが、その時はそれほど混雑はしていなかったものの12時近くになるとかなり混み合い、並ぶようにもなります。何より駐車場が満車で車を停めるのも大変な状況に。

中は和風の食堂といった感じで入り口の付近は天井も高く広々としています。

今回案内されたのは靴を抜いてあがる畳の部屋。

壁にはカラー写真でメニューがありました。もちろんテーブルにもメニューはあります。

中村屋 基本情報

  • 住所:北海道積丹郡積丹町日司町34
  • 電話:0135-45-6500
  • 営業時間:9:00-18:00(季節による変動あり)
  • 営業期間:4月上旬~11中旬までの営業
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

積丹の観光名所である神威岬と島武意海岸の間にあり島武意海岸よりにあります。

>>神威岬や島武意海岸についてはこちらの記事を参照(クリック)

中村屋のメニューと価格

価格はあくまでも2017年8月現在のものです。海産物ってその年や時期によって価格が変動するものですから必ず同じ金額になるとは限らないのでご了承ください。

上記以外に早い時間だとこんなのが食べられるかも。

あいにく僕らが行った時には売り切れていて注文することは出来ませんでした。

中村屋の赤ウニ丼(ばふんうに)とお刺身定食

奥さんと2人で行ったのですが、奥さんは当然赤ウニ丼5500円(税込5940円)をオーダー

それがこちら

赤ウニが所狭しと並べられ、ウニ好きならたまらない一品でしょう。

奥さん曰く、ムラサキウニと比べて味が濃厚で非常に美味しいとのこと。

僕が頼んだのはお刺身定食1700円

お刺身は、タコ・イカ・サーモン・甘エビ・ホタテの5点盛り

どれも非常に美味しかったですよ。

ここで面白いな~と思ったのが醤油

お刺身定食には左側の色が濃い醤油、ウニ丼には右側の色が薄い醤油をかけて食べてくださいと説明されました。

つまりお刺身には濃口醤油、ウニ丼には薄口醤油で、醤油の違いをもってより美味しく食べて欲しいというお店の心意気があるんだな~と思いました。

以上、非常に美味しいランチとなりました。

来年の夏も積丹には奥さんのためにウニを食べにいきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です