【初心者向け】ブログの目次は「ざっくり説明すると」にしてみよう!

スポンサーリンク

ブログを書いている途中で他のことを思いついて、思いついたことを書いてしまって、よく話が脱線してしまう鈴木です。

それに気付いて300文字とか500文字とか削除することもしばしば。

そういうことが無いように最近、あるブログで使っている目次の手法を説明します。

WordPressでもはてなブログでも使える方法なので上手く内容を伝える文章を書けないという方に参考になれば幸いです。

ざっくりまとめる

ざっくり説明する目次を最初に書く

説明するほどでも無いかもしれませんが、これから書くブログ記事は最初に目次を書いてしまうことです。ざっくり説明するとどういうことを書くのか?ということを考えて目次を最初に書いてしまいます。

例えば、この記事の前の記事

鯉のぼりが泳ぐ「札幌 定山渓温泉 章月グランドホテル」に泊まってきたよ

温泉宿に泊まった時って実はいつも同じ順番で記事を書いています。

  • 温泉とアクセスについて
  • 外観
  • 内観(部屋)
  • 食事
  • 温泉
  • 評価・口コミについて
  • 基本情報

これは僕の中でテンプレート化しているものです。テンプレート化しているのでいつも考えずに順番に書いていけますが、最初は何から説明しようか?と考えていたものです。

その時に、じゃあ最初はアクセスについて書こう、次は宿の外観や内観について書こう、そして食事のことを書こう、温泉のことを書いて、評価を書こう、そして興味を持ってくれた人のために基本情報を掲載しておこうと考えた訳ですね。

つまりざっくりと書く内容を最初に決めている訳です。

そこで普段書く記事でもどういう構成にするか目次のつもりで書き出すんですね。後はその目次にそって内容を書き足していくというだけのことです。

つまり最初に「ざっくり説明すると」というつもりで書く構成を決めてしまう訳です。

そうすることで脱線も減るし、読む人にわかりやすい構成にもなります。

ポイント1

最初にざっくりと目次を作って書く内容をまとめてしまう

目次を「ざっくりと説明すると」にしてしまう

それで最初にせっかく「ざっくり説明すると」ということでポイントを書き出すた訳ですから、それをそのまま目次として使ってしまうのなんてどうでしょうか?

どういうことかと言えば「目次」という言葉を使わないで、「ざっくり説明すると」というあるWebメディアのように書いてしまうんです(どこのメディアだったっけ?(^_^;) )

検索から来てくれる人からすればあくまでも僕の感想ですが、目次よりも何が書いてあるのか明確にざっくりと何が書いてあるのかわかった方が便利だと思うんですね。

zakkuri02

上のキャプチャ画像はあるブログで100円ショップでクレジットカードが使えるかどうか書いた記事です。

今までは「ざっくり説明すると」という部分は「目次」としてあったんですね。でも何が書いてあるかすぐに知りたい人向けに「ざっくり説明すると」という言葉に変更しました。

どういう効果が出てくるかまだ明確な数値は出ていませんが、多分プラスに働くんじゃないかな?

ポイント2

「目次」ではなく「ざっくり説明すると」に書き換える

はてなブログなら目次掲載機能を使えば良いだけで「ざっくり説明すると」は普通にテキストで書いて太文字にしたりして目立つようにすれば良いと思います。

WordPresなら「Table of Contents Plus」等の目次を作ってくれるプラグインを使えば良いだけです。

注意点も当然ある

この前の記事で「目次」と「ざっくり説明すると」で比較してみます。スマホ画面の時を見てください。zakkuri03

「Contents」とか「目次より」よりも「ざっくり説明すると」にした方が何となく雰囲気よくないですか?

それはさておき、前の記事で「ざっくり説明すると」にしても駄目なパターンなんですよ。何でか?理由はスマホで見た時にスマホの画面全体が「ざっくり説明すると」になっていて、全く「ざっくりと説明すると」になってないんですね。

この「ざっくり説明すると」を使う場合、スマホビュー時にスマホの画面半分くらいに収まってないとまったく「ざっくり説明すると」感が無くなるので行数で言えば多くても8くらいになるようにしないと駄目だと思いました。また「ざっくり説明すると」と書いているので、「ということ」とか文末は工夫した方が良いですね。

ポイント3

目次ではなく「ざっくり説明すると」に切り替えた場合、行数は8行くらいになるよにする。そうでなければざっくり説明感が無くなる

まとめ的なもの

既に書いている通りポイントは3つです。

  • 最初にざっくりと目次を作って書く内容をまとめてしまう
  • 「目次」ではなく「ざっくり説明すると」に書き換える
  • 目次ではなく「ざっくり説明すると」に切り替えた場合、行数は8行くらいになるよにする。そうでなければざっくり説明感が無くなる

今回の記事なら上記の3つが目次の項目になって「ざっくり説明すると」になる訳です。

これを実践してもらえればまとまった文章がかけるようになると思いますし、脱線することも少なくなると思います。ただ個人ブログ向けでは無いと思います。個人ブログなんて勢いで書いた方が面白い場合もありますからね。

また「ざっくり説明すると」ではなく「この記事のポイント」とか「要約すると」とか、いろいろ言葉は変更して自分にあったものを検討するのが良いと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です