本・書籍を発送するのに最安値の送料を調べてみたらスマートレターだった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマートレター お金・クレジットカード

先日、自分の本のプレゼント企画を行った鈴木です。

おかげさまで40名近くの方が応募してくださり嬉しい限りです。

で、当初はクリックポストを使おうと思っていたのですが、クリックポストよりも安いものは無いかな?と思って調べてみたらあったんですよ!

それが今回紹介するスマートレターです。

本・書籍を郵送するのにお得なサービス

本を送る場合に使えそうなサービスは

  • クリックポスト
  • ゆうパケット
  • レターパック
  • スマートレター

等がありますが、それぞれ特徴が異なります。

サービス名 料金 大きさ(最大) 重さ(以内) 追跡サービス
クリック
ポスト
185円 34cm☓25cm☓3cm 1kg あり
ゆう
パケット1
250円 長辺34cm以内 厚さ1cm以内
3辺の合計60cm以内
1kg あり
ゆう
パケット2
300円 長辺34cm以内 厚さ2cm以内
3辺の合計60cm以内
1kg あり
ゆう
パケット3
350円 長辺34cm以内 厚さ3cm以内
3辺の合計60cm以内
1kg あり
レターパック
プラス
510円 A4サイズ 厚さ上限なし 4kg あり
レターパック
ライト
360円 A4サイズ
厚さ上限3cm以内
4kg あり
スマート
レター
180円 25cm☓17cm☓2cm 1kg なし

大きさや重さで遅れるものが異なるのが特徴です。

クリックポスト

クリックポスト

全国一律185円

当初、クリックポストで送ろうと思っていたのですが、クリックポストの最大のメリットはプリンターが自宅にあれば簡単に自宅でラベルを印刷して送れることです。

またクレジットカードを使いネットで決済をすることが出来るので自宅で発送準備が整うことです。

しかし昨年プリンターが壊れたまま、まだ購入してなくて、プリンターが無いと非常に不便なので今回はクリックポスト以外で探すことにしました。

クリックポストのメリット

  • プリンターがあれば自宅でラベル印刷まで可能
  • クレジットカードを使いネット決済出来る
  • ポストに投函OK
  • 追跡サービスあり
クリックポストのデメリット

  • Yahoo!JapanのID及びYahoo!ウォレットの利用登録が必要
  • プリンターが無いと非常に不便

ゆうパケット

ゆうパケットは使ったことが無いのですが、メルカリ等では非常に人気でよく使われているサービスです。

厚みにより価格が3段階に変化します。

郵便局で専用宛名シールをもらってきて、運賃は切手を貼ってポストに投函すればOKです。

ゆうパケットのメリット

  • 切手で送れる
  • ポストに投函OK
  • 追跡サービスあり
ゆうパケットのデメリット

  • 切手が必要
  • 先に専用宛名シールが必要

レターパック

レターパックは今まで何回か使っています。

今回紹介しているサービスの中で4kgまで送れるのが嬉しいところで1kgを超える荷物を簡単に送りたい時に便利です。

またレターパックプラスだと厚さの上限は無い(入れる封筒から高くても10cmくらいまでになりますが)のが良いところ。過去にスマホを送ったことがあります。

レターパックのメリット

  • プラスだと厚さ上限が無くスマホくらいまでなら箱入りで送れる
  • ポストに投函OK(厚いと入らないこともあり)
  • 4kgまで送れる
  • 追跡サービスあり
レターパックのデメリット

  • 送料が今回紹介している中で1番高い

スマートレター

今回使ったサービスがスマートレターです。

大きさの上限は一番小さいのですが、その分一番安いというメリットがあります。

スマートレターのメリット

  • 安い
  • 手書きもOK、シール宛名もOK
  • ポストに投函OK
レターパックのデメリット

  • 分厚い本は遅れない(厚さ2cmまで)
  • 追跡が出来ない

今回発送する本は厚み1.2cmで縦21cm・横15cmのサイズの本なので問題なくレターパックで送ることが出来るので、選びました。

宛名を書く欄はありますが、宛名シールでも良いということも確認してきました。

ただし追跡サービスが無いので、不安な場合は他のサービスを使った方が良いでしょう。

スマートレターで送れる本・遅れない本

スマートレターは一般的なビジネス書のサイズ(縦約25cm・横約15cm)なら送ることが出来ますが厚みが2cm以内という問題があります。

最近非常に売れているのんくら本は厚さ約1.8cmなので送ることが可能です。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

のんくら(早川 修), a-ki, 石田 健介, 染谷 昌利
1,998円(03/21 22:33時点)
発売日: 2018/11/20
Amazonの情報を掲載しています

しかし下記の本は厚さ約2.3cmで送ることが出来ません。

今すぐ使えるかんたんEx アフィリエイト 本気で稼げる! プロ技セレクション

今すぐ使えるかんたんEx アフィリエイト 本気で稼げる! プロ技セレクション

竹中綾子, 三木美穂
1,500円(03/22 12:17時点)
発売日: 2015/04/15
Amazonの情報を掲載しています

押し込めば入ることは入るんですけど、規則上2cm以内なので送っては駄目です。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

松尾 茂起
発売日: 2016/11/01
Amazonの情報を掲載しています

人気の沈黙のWebライティングは厚みが3cmもあってそもそも入れることが出来ませんでした。

ギリギリなのが下記の本

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

染谷 昌利
1,706円(03/22 12:17時点)
発売日: 2016/08/11
Amazonの情報を掲載しています

この2つの本は約1.9cmなので上記の本が大きさのほぼ限界となります。

Amazonプライムの送料無料は異常

今回、本を発送する際の送料を調べてみたのですが、実際に調べてみるとAmazonプライムの送料無料って、異常ですね。

一般的な書籍の利益率って20~25%くらいのことが多いのですが(返品不可条件がつけば30%以上も可能なようですが)、1500円の本だと350円くらいしか書店には利益が無いことになります。

コミックなら680円くらいですから150円も利益は無いはずです。

で、スマートレターが180円で大口割引をしていたとしても100円くらいは送料がかかってそうなので、実際の利益は50円も無いように思うのですが、それでも送料無料にしてしまうAmazonプライムってやばいなって思いました。

雑誌なんて300円なら60円しか利益ないから赤字になってるんじゃないかと。

Amazonって本当に無茶な攻め方していますね。

個人だとあまり本を送るということは無いと思いますが、何か小型のものを送る時の参考になれば幸いです。

お金・クレジットカード
スポンサーリンク
鈴木 利典をフォローする
じゃらん 遊び・体験予約

旅行に行く前にチェックしたいのが「じゃらん 遊び・体験予約」です。いろいろなアクティビティ・体験をお得に予約出来ます。お得になるクーポンを使うと公式サイトや電話で申し込むよりもお得になることも多いので、旅行で思いっきり楽しみたい方におすすめです。

Amazonプライム

Amazonを利用するのなら入会していないと損!と言い切れるくらい便利な会員サービスがAmazonプライムです。送料無料や各種特典が盛りだくさんです。本を月に1回以上Amazonで購入したりするだけで元が取れるサービスで、30日間は無料でお試し出来ます。

鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました