東京から大阪まで片道2500円、往復5000円の高速バスで行ってきたよ!WILLER TRAVELで行く格安バス旅行

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WILLER TRAVELのバス 旅行に関するお得な情報

千葉県在住だった鈴木です。

大阪に行く用事が出来たのですがお金はかけたくない…

さてどういう方法で行こうか悩んでいたのですが、やっぱり安く行くのなら高速バスだよな…と悩んでいたのですが、めっちゃ安い千葉(東京経由)-大阪のバスを見つけたので、すぐに予約して行ってきました。

実際に乗った感想を含めてどんな様子だったかお伝えします。

スポンサーリンク

水曜WILLERでGO!でお得に格安バスチケットを手に入れる。

WILLER TRAVEL(ウィラートラベル)というバス会社の高速バス会社があるのですが、ここで「水曜WILLERでGO!」という企画があり、めちゃくちゃ安い高速バスが売りに出されていることがあるんです。

通常、東京(千葉)-大阪 間のバスは片道で4000~6000円くらいです。

それが片道2500円、往復で5000円という価格で出ていたんですよ!

今は「水曜WILLERでGO!」でここまで安いプランが出ることは稀ですが、それでもたまに出たりしますし、タイムセール等で東京-大阪の高速バスが片道2500円で出ていることがあります。

水曜WILLERで出ていない場合でも東京-関西のバスをチェックするとたまに片道2500円とか3300円とか、相場よりもかなり安いバスが出ていることがあります。

以前は、WILLERトラベルはセールで1km=1円セールとか行っていて、東京-仙台の高速バスが380kmの運行距離なので、片道380円・往復760円という価格で出していた時もあったり、とにかく面白いセールをしてくれるバス会社です。

高速バスの次に安い東京-大阪 間の移動手段は飛行機

参考までに高速バスの次に安い東京-大阪間の移動手段は実は飛行機です。

LCCなら成田-関西国際空港まで安い時なら片道3000~7000円くらいで出ていることがよくあります。

都内から成田まで高速バスは京成バスなら予約しておけば900円、関空から大阪市内なら「関空ちかトクきっぷ」を使えば1000円です。

つまり東京から大阪まで片道1万円未満、安い時ならバス代含めて6000~8000円くらいで行くことが出来ます。

ちなみに普通に東京-大阪間の新幹線料金は、片道14000円くらい・往復でも28000円くらいになります。金券ショップで安くかっても24000円を下回ることはまずありません。

でも往復でホテル料金も含んで新幹線で20000~25000円くらいで行くことが可能な方法も実はあります。

それは東京から大阪まで「のぞみ」や「ひかり」を使わず「こだま」で行くツアープランです。

ツアープランと行っても新幹線とホテルがセットになっているだけなので、添乗員とかいないので気兼ねすることもありません。

「のぞみ」だと東京-新大阪間は2時間30分もかかりませんが「こだま」だと4時間ほどかかります。

それでも高速バスの10時間に比べればかなり楽ですし、身動きも取れるので、バスが苦手という方はこだまのツアーを使ったプランを利用してみてはいかがでしょうか?

この手のプランは実はJTBがかなり安いプランを出しています。

成田までわざわざ行って、大阪の都心まで遠い関西空港を使うことを考えたら、実はこだまを使ったプランが一番コスパが良いかな?と個人的には思っています。

それでも僕みたいにとにかく格安で東京-大阪の移動を考えている方はウィラートラベル等の格安高速バスを使うのも良いでしょう。

WILLER TRAVEL

往復5000円の高速バスで東京-大阪間を移動した時の様子

今回の日程は10月29日の日中に大阪で用事があったので、10月28日の夜行バスで千葉・東京を出発して、10月29日の夜行バスで再び東京に戻ってきて10月30日に自宅に戻るという0泊3日の大阪弾丸ツアーです。

千葉県にある東京の夢の国(通称TDL)から出発

今回は東京ではなく千葉県浦安市にある「夢の国(通称TDL)から出発です。

舞浜駅

JR京葉線「舞浜駅」で電車を降りて、WILLER TRAVELのバスの出発所まで向かいます。

舞浜駅から10分ほど歩くのが難点ですね。TDLの正面入口を通過して更に奥に進みます。WILLER TRAVELが用意してある地図が非常に解りにくいのが難点でした。

夜にTDLに行った事が無い人間には、解りにくい地図になっていました。

バスの出発場所

都内の場合は、新宿バスタからの出発が今はメインになっています。

WILLERのバス

上記のバスに乗って、21時15分に出発です。

東京-大阪行きのWILLERのバスの様子

今回乗ったバスはWILLERトラベルの中で「リラックスシート」と呼ばれるタイプのものでした。

WILLERのバス

上記写真の席です。この席の最大の特徴はズバリ、頭の部分

WILLERのバスのシート

頭の上に顔を隠すためのフードがついています。これを前に引くと

WILLERのバスのシート

上の写真の通り、顔を隠せるようになっています。

女性で寝顔を見られたくない!という人には良いですよね。今回更に思ったのが光が気になる人にも良いのかな?と。

夜行バスでたまにつく室内灯等の光が気になる人には光を遮れるので良いかもしれません。

なお、今回は夜行バスなので、カーテンが最初からされており、外の風景はまったく見る事が出来ませんでした。

なので実際には使用している人はあまりいませんでした。

ただこのフードをかぶせると圧迫感とかありそう・・・と思うかもしれませんが、圧迫感は特に感じませんでした。寝てしまうし、特に気になりません。

WILLERのバスのシート

前から見ると上記写真のような感じです。

WILLERのバスのシート

足元には足を載せる台もあるので靴を脱いで載せていました。

東京-大阪間のバスが停まる休憩のサービスエリア・パーキングエリア

今回、行きのバスでの立ち寄り箇所は新宿から乗車する人を載せてその後は4回の休憩箇所がありました。

なお、道路状況や乗客の状況によって変更する可能性があるので参考程度にして下さい。

1番目・東名高速 海老名サービスエリア

海老名サービスエリア

東京からも程近い、海老名サービスエリアが最初の休憩場所になっていました。約15分程度。

トイレに行って、ペットボトルの飲み物を買うくらいなら十分な時間です。24時間のお土産売場もあるので、お土産を買い忘れた人はここでも購入出来ます。

2番目・新東名高速 清水パーキングエリア

清水パーキングエリア

2番目の休憩場所は、清水サービスエリア。ということは東名高速ではなく、新東名を走るルートだったとこの時、気付きました。

東名高速よりも新東名高速の方が混んでない分、良いのかもしれませんね。

3番目 伊勢湾岸自動車道 刈谷パーキングエリア

刈谷パーキングエリア

海老名・清水という地名に比べれば、知名度の低い刈谷。でも、僕が好きなパーキングエリアです。昼間なら温泉にも入れるパーキングエリアです。

というか、僕の出身地だし(^_^;)

観覧車も会って家族で楽しめます。もちろん夜中なので観覧車には乗れません。

という事はこのバスのルートとして伊勢湾岸自動車道を走っていた事が解ります。必然的に、名神高速ではなく新名神を走るルートという事ですね。

カーテンがされているのでどこを走っているのか解らないのでサービスエリア・パーキングエリアで確認です。

スマホの地図で見ても確認出来ますけどね(^_^;)

4番目 新名神高速 甲南パーキングエリア

甲南パーキングエリア

最後となる休憩場所は、甲南パーキングエリア。新名神高速にあるパーキングエリアです。

ここについた時点で1時間ほど予定よりも遅くなっていたそうです。

東名高速の工事の影響で渋滞があったとか。

約10時間で高速バスは大阪到着

大阪駅前バス停

大阪到着は予定では6:10くらいになっていましたが、7時くらいに到着しました。

高速バス、しかも500Km以上の場合は1時間くらいの遅れはしょうがないですね。時間に余裕が無い場合は高速バスはお薦め出来ません。

実際には9時間ほどですが、工事等で遅れが出ると10時間以上かかります。

でも、到着したのは良いけど、大阪の地理に疎い僕はここがどこだかよく解っていません。

スマホのGoogle Mapで現在地点を確認して、大阪駅に移動しました。5分もかからずに地下街に入れるので恐らくは割りと便利な場所なのだと思います。

7時に到着して帰りのバスは22:40に梅田を出発するバスなので、滞在時間は15時間以上あります。

15時間あれば結構遊べますよ!

この日の予定は午後からなので、一旦「スパワールド 世界の大温泉」に行き、温泉を楽しんで仮眠をとってから午後の用事に出かけました。

スパワールド 世界の大温泉

24時間営業なので早朝でも温泉に入れるのが嬉しいところです。

帰りはWILLER提携のバス・大阪-東京 間

帰りのバスは、梅田の梅田スカイビルから出発です。

スカイビルと言えば空中庭園&スカイ・ウォークが有名ですよね(と教えてもらった)。

スカイビル 空中庭園&スカイ・ウォーク

乗車まで時間があったので、ついつい行って見てきてしまいました(^_^;)

でも、ここは見る価値がありますよ!本当に綺麗に夜景を見る事が出来ます。

でも、周りカップルばかりで男1人はかなり寂しいですけどね・・・・

帰りのバスはWILLER TRAVELのバスではなく違う会社のバスでした。

高速バス

恐らくWILLER TRAVELと提携しているバス会社のバスですね。

シートは普通の4列シート。

高速バス

幸いな事に隣に人が居なかったので楽でしたが、隣に人がいたらかなり狭いですね。隣に知らない人がいて9時間はかなりきついかな・・・

高速バス

休憩箇所は行きとは全部違いました。そして3箇所になっていました。

高速バス

京都駅からも乗車出来るようになっていたので京都駅に立ち寄り出発です。

1番目 名神高速 草津パーキングエリア

1番目は京都からもほど近い、草津パーキングエリアでした。群馬の草津とは関係ありませんよ。滋賀県にあるパーキングエリアです。ここから新名神高速に入っていきました。大阪のお土産はここで購入出来ますよ!

2番目 東名高速 新城パーキングエリア

2番目は愛知県の新城パーキングエリアに。新城なんて、地名的にかなりマイナーと思いますが、愛知県でも静岡県よりの場所になります。

3番目 東名高速 鮎沢パーキングエリア

足柄でもなくマイナーな鮎沢パーキングエリアが最後の休憩場所となりました。

なんか、眠くてぼ~っとしていたのでほとんど記憶にありません(^_^;)

東京 新宿到着

新宿都庁

今でこそ、バスタが終点ですが当時は新宿の住友生命ビルだったので、新宿駅までは少し距離がありました。

ただ、朝陽に照らされた都庁が綺麗だったな~という記憶が。

今回の高速バスでの大阪弾丸ツアーについて

先に書いてある通り、WILLER TRAVELのセールで見つけています。

セールが無い時でもかなり安い高速バスです。

他のバス会社でも安いところなら3500円くらいの時はあるのですが、それ以下の料金を出してくるところは稀なので、とにかく安く!ということであれば、WILLERはおすすめです。

夜行バス・長時間のバスの問題点

夜行バスで9時間(実際には行きは10時間)もバスに乗って旅行に行く事に関してですが、慣れていない人にはお薦め出来ません。

というのも、バスの中で他人のいびきを聞きながら寝れない人には大変苦行となります。また腰が悪い人も大変です。

と言っても僕も慣れている訳ではありません。そのためかなり疲れました。自分で車を運転しながら自分のペースで行く方がかなり楽です。

でも、都内から大阪まで往復5000円というのは高速バスぐらいでしか無理だと言えます。そう考えれば、安上がりに大阪に行きたい!と思うのなら良い手段だと言えます。

それとバスをWILLER TRAVELで予約する時にオプションでついたばかりの早朝でも入れる入浴施設を予約出来たりします。そういうところで風呂に入って2~3時間休憩すれば疲れもとれて快適に動けるようになるのかな?と。

今回、僕はオプションではありませんが大阪について温泉に入って少し休みました。そのお陰でその後の行動が随分と楽になりました。

万人に薦められる旅行ではありませんが、いろんなところに安く旅行に行きたいのなら良い手段だと思います。

ただ高速バスで片道6000円、往復で12000円とか東京-大阪で出すのならもう少し出して新幹線「こだま」のツアーで行った方が良いです。

とにかく安く往復1万円未満にするか、快適に新幹線を使うけど2万円ほど出すか、

考え方は人それぞれですが、それぞれの旅の楽しみがありますよ。

以前、東京から新神戸まで「こだま」で旅しましたが、それも楽しかったです。

なおWILLERのバスはトイレがあるものと無いものがあるので、トイレが気になる人はトイレ付きのバスがおすすめです。

>>WILLER TRAVELが気になったら

以上、東京-大阪を格安バスで旅したお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました