花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り を入れてお風呂に入ってみた

4.0
スポンサーリンク
スポンサーリンク
花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り 入浴剤・バスボム

入浴すると体中が気泡に包まれるあわあわな温泉が好きな鈴木です。

自宅でも体に気泡がつくお風呂に入りたいのでバブは好んで使う入浴剤です。

花王のバブの中でも1パッケージで4つの香りが楽しめる人気の入浴剤「バブ 至福の森めぐり浴」の中の1つである「花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り」を入れてお風呂に入浴してみました。

木材の香りというか森の香りというかほのかに香ってきて、体にも気泡が若干ですがつく良いお湯でした。

バブ 至福の森めぐり浴 12錠入 (4種類各3錠入)

バブ 至福の森めぐり浴 12錠入 (4種類各3錠入)

363円(09/26 18:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

実際に使った感想、お湯に入れた時の様子を詳しく説明します。

スポンサーリンク

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香りについて

バブ 至福の森めぐり浴

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香りは、「バブ 至福の森めぐり浴(4種類各3個合計12個入)」の中に入っている入浴剤です。

「医薬部外品」として販売されているので、一定の効果・効能に有効な成分が含まれている入浴剤です。

効能は下記の通りとなっています。

疲労回復、肩のこり、腰痛、冷え症、神経痛、リウマチ、痔、あせも、しもやけ、荒れ性、ひび、あかぎれ、しっしん、にきび、うちみ、くじき、産前産後の冷え症

成分は下記の通りとなっています。

炭酸水素ナトリウム*、炭酸ナトリウム*、硫酸マグネシウム*、硫酸ナトリウム(無水)*、フマル酸、PEG6000、ブドウ糖、グリシン、酸化マグネシウム、ショ糖脂肪酸エステル、ミリスチン酸イソプロピル、香料、(+/-)青1、黄4、赤102、赤106、赤227
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」

炭酸水素ナトリウムは一般的には重曹として販売されているものです。

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り
花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り

バブシリーズの共通のメリットとして入浴剤が1つ1つ個包装されていることで、花王 バブ おだやかな湖畔の森の香りも個包装されています。

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り
花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り

3cm角くらいのタブレット状のバブ、重さは40gほどあり意外と思う感じるものです。

中央が凹んだ渦巻状の模様もバブの特徴です。

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香りをお風呂に入れた様子

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り

バブをお風呂に入れると、ブクブクとガスが発生するのが特徴です。

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り

お湯の中で凄い泡(ガス)を出しているのがわかります。

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り

バブが完全に溶けたお湯の色は透き通ったグリーンとなっていました。公式サイトではこのお湯の色を「ハーバルグリーン」と説明しています。

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り

pHを計測したところ、pH6.1を示しました。誤差はあると思いますがpH6ほどの弱酸性のお湯です。

ただし酸性ということがわからないレベルの弱酸性です。

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香りを使った感想

花王 バブ おだやかな湖畔の森の香り

実際に花王 バブ おだやかな湖畔の森の香りをお風呂に入れて入浴した感想は、たしかにおだやかな感じのする香りがする入浴剤でした。

なんとなく杉板のような香りがほのかに漂い、心地の良いおだやかな気分になれる香りです。

なお湯上り後に香りは若干体についているものの、ほとんど気にならないレベルです。

またバブシリーズの特徴である湯上がりもポカポカが持続する、本当に温まるお湯です。

バブ 至福の森めぐり浴 12錠入 (4種類各3錠入)

バブ 至福の森めぐり浴 12錠入 (4種類各3錠入)

363円(09/26 18:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

上記のパッケージのバブの4種類の内の1つとして入っているもので、単品販売はされていませんが、4つの香りが楽しめるおすすめの入浴剤です。

以上、花王 バブ おだやかな湖畔の森の香りについてでした。

入浴剤・バスボム
このブログを書いてる人

通称:鈴木こあら

旅行・温泉とカメラ、そしてブログを書くのが好きなおっさん。
すべての都道府県で最低1箇所は温泉に入り、合計700箇所ほどの温泉に入った温泉ソムリエです。
出身は愛知県ですが、現在は関東から北海道・札幌に移住してさっぽろテレビ塔の近くに生息しています。

フォローしてください!
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました