SEO用検索順位チェックツール「GRC」はSEOに詳しくなれる!導入して活用しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
GRC SEOに関すること

SEOツールは何を使っていますか?とたまに質問される鈴木です。

過去にはahrefsの有料版とかミエルカのお試し版とか使ってみましたが、現状使っているものはGRCのみです。

GRCは聞かれたこともある人も、実際使っている人も多いと思いますが、僕がどのように使っているというと日々のサイトの状態を判断するためのツールとして使っています。

GRCを活用してどのようにコンテンツを修正しているかも説明します。

GRCとは?

キーワード(クエリ)とサイトURLを登録しておくことで、Google・Yahoo!Japan・Bingでの検索順位が何位なのか調べられる検索結果の順位をチェックするツールです。

登録しておいたサイト(ドメイン単位)で登録しておいたキーワード(クエリ)でGoogleやYahoo、Bingで何位か日々調べるためのツールです。

GRC

GRC

こんなの調べて何になるの?と思う人もいるでしょう。

ブログをただ楽しむだけなら当然不要ですし、アフィリエイトをしているからと言って必ずしも必要なツールでもありません。

正直、半分は趣味の世界です。

ただし、ある程度コンサルティング的なこともしているのであれば順位チェックツールを使っている人はかなりいると思います。

なお自分のサイト・ブログだけではなくライバル・競合サイトも登録出来るので、競合サイトの順位はどうなってる?と調べることも可能です。

GRCの使い方は?

GRCの公式サイトからアプリをダウンロードしてインストールして使います。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとセットアップに入ります。

GRCインストール方法

上記の図の通り、標準インストールを選び「次へ」で送って「完了」を押せばインストールは完了します。

GRC初期画面

上記はGRCモバイルの画面ですが、通常のGRCも同じです。

GRCを初めて起動すると「~使い方のヒント~」と出て使い方が案内されるので、特に迷うことなく使えると思います。

GRCの画面

使い方のヒントも表示されます。

GRCの使い方

最初に調べるサイトとキーワードを登録します。

「編集」から「項目新規追加」をクリックします。

GRCの画面

サイト名とサイトURL、キーワードを入力する画面が出るので入力します。

この時にサイト名は正規のものでなくても、自分で分かりやすいもので構いません。

注意点は、URLはドメイン単位で登録することです。

ディレクトリ単位でWordPress等をインストールしていてもドメイン単位で登録して使うようにして下さい。

サブドメインでWordPress等をインストールして使っている場合はサブドメインを含むドメインで登録することになります。

GRC設定画面

GRC設定設定登録画面

上記の図のようにキーワードは1列ずつ入力します。コピペにも対応しています。

Search Consoleでクエリをダウンロードしてきて貼り付けても大丈夫です。

狙っていないクエリでも全部一旦登録してしまうことをおすすめします。

そうすることで、狙っていないクエリでも上位表示出来ているクエリを日々追えることになり、時間がある時に確認してみると思わぬお宝キーワードを発見することもあるからです。

GRC

そして「実行」から「順位チェック実行」をクリックすると順位チェックが始まります。

僕の場合は深夜に自動で順位チェックしているので「指定時刻に順位チェック実行」をクリックして時刻を設定して寝ている間に順位チェックをしています(というか深夜から行わないとキーワードの登録数が多すぎて終わらない)。

GRCのもっと詳しい使い方については公式サイトに書いてあるので、それを見てもらうのが一番です。

GRCの種類と価格・費用

GRCは有料バージョンと無料バージョンがあり、有料バージョンはいくつか種類があり、価格も異なります。

プラン 無料 ベーシック スタンダード エキスパート プロ アルティメット
料金 (税込) 0円 4860円 9720円 14580円 19440円 24300円
(月額換算) (0円/月) (405円/月) (810円/月) (1215円/月) (1620円/月) (2025円/月)
期間 無制限 1年間 1年間 1年間 1年間 1年間
URL数 3 5 50 500 5000 無制限
検索語数 20 500 5000 50000 500000 無制限
上位追跡 2 5 50 500 5000 無制限
リモート閲覧 利用可 利用可 利用可 利用可
CSV自動保存 利用可

プラン以外にGRCは

  • GRC
  • GRCモバイル
  • GRC-W

の3種類がありますが、一般的にはGRCもしくはGRCモバイルを選んでください。

GRC-WのWはおそらくWorldの意味で海外検索エンジンGoogleを対象にしているので外国語のサイトを作っている・運営している・インバウンド対策をしている、という人以外は必要ありません。

GRCとGRCモバイルで違いはあるものの、それが売上に直結するほどの差か?となると微妙なのでどちらでも大丈夫です。

以前は両方使っていましたが2つを見て検討する時間が勿体無いので今は普通のGRCのみに僕はしています。

ただし、地域ブログ等で地域系のクエリはGRCモバイルとGRC通常版でかなりの差が出ることが増えてきているので、地域系のクエリが多く実際に閲覧もスマホが多い場合は、GRCモバイルにした方が良いかもしれません。

プランはどれにするか悩むかもしれませんが、ブログ・アフィリエイトを始めたばかりの人なら無料プランを使ってみて足りないと感じたらベーシックのライセンスを購入すれば良いでしょう。

僕はエキスパートでも良いのですが、プロを使っています。

プロの検索語数500,000って1日で終わらないような気がするんですけど、どうですか?

僕は約1万のクエリを登録していますが、それでも8時間くらいかかっています。

  • GRCでもGRCモバイル、どちらでも良い
  • プランはスタンダードかエキスパートがおすすめ
  • ブログを始めたばかりなら無料プラン、必要に応じてライセンス購入

GRCを日々、どうのように使っているか?

いろいろな使い方をしていますが、毎日チェックしているのはサイトスコアです。

GRCのサイトスコアでサイトの状態を日々チェック

サイトスコアとは何かというとGRCの公式サイトでは下記のように書かれています。

サイトスコア項目は、サイト全体の検索順位をスコア化(点数化)します。

サイトのウェブ上での露出度、アピール度、あるいはそのサイトの強さを測る指標になります。

「サイト全体の強さ」の日々の変化を確認することができます。

GRC サイトスコア より

登録してあるキーワードの順位を点数化して(1位なら10点 2位なら9点というように)、サイトの強さを見ることが出来ます(あくまでも登録してあるキーワードによる判定で)。

GRC サイトスコア

上記が実際のサイトスコアです。

普段はこのサイトスコアしか見ていません。

というのも1つのサイト・ブログで100以上のキーワードを登録しておくとある程度一定の点数になるので、サイトスコア10及びサイトスコア20の点数のブレ幅がプラスマイナス2以内なら特に問題ないと判断しています。

登録キーワード数が少ないとブレ幅が大きくなるので、最低でも100くらいは登録しておかないと意味が無いと言えます。

プラスマイナス2以上のブレ幅の時は、何かがあったと判断してGoogle Search Consoleのチェック、Google Analyticsのチェック、競合サイトのチェック、Twitterのチェック(笑)を行います。

例えば上記のGRCのキャプチャー画像だと11/29と11/30で急激に点数が増加していますので、こういう時は何かあった!と判断していろいろとチェックする訳です。

なおこの時は何もなく、単にキーワードを大量に追加登録したためです。

毎日、Search ConsoleとAnalyticsはチェック出来ない

複数のサイト・ブログを管理しているとSearch ConsoleやGoogle Analyticsのチェックは毎日は無理です。

僕の場合、Search Consoleは一応毎日は見ますが、メッセージが来ているかどうかだけです。真剣に見るのは優先度の高いサイトを週1回くらい。

Google Analyticsはまともに見るのは月1回くらいです。

つまり日々のサイトの状態をチェックしているのはGRCのサイトスコアのみです。

GRCの活用術

順位が安定しないクエリ(キーワード)があった時や思ったよりも上位に表示されていない時、、僕はGoogleの検索結果に出る「タイトル」と「Googleスニペット」をチェックしています。

GRC

Googleはクエリによって記事・コンテンツタイトルを変更することがあるので、クエリの検索ボリュームを見て検索ボリュームが大きいものの方にタイトルを変更することもあります。

スニペット(検索結果に表示される文章)が異なる場合も検索ボリュームを見て書き換えることがあります。

またGoogleもしかしてワードが出ている場合、検索ボリュームやクエリの検索意図、自分の狙いを考慮してタイトル等を変更することもあります。

GRCで絶対に登録するキーワード

GRCを使っている人でも登録していないキーワードがあります。

それは何か?

サイトタイトルです。

サイトタイトル、このブログであれば「鈴木です。」になります。

このキーワード(サイトタイトル)はよほど強力なライバルサイトが無い限り1位になれるものです。

というか1位になれないようなサイトタイトルはサイトタイトルとして失敗と言えます。

もっとも「鈴木です。」も人気のYouTuberが出てきて2位に落ちてしまいましたが・・・

サイトタイトルが1位かどうか、これはサイトが強くなっているかどうか1つの目安です。

またサイトタイトルで検索される機会が増えるようになるとSEO的に強くなっていくように最近は感じています。

というより、今はサイトタイトルで検索されることが重要です。

サイトタイトルで検索した時に何位か?GRCを使うのなら登録してチェックして下さい。

GRCを見て順位の理由を考えるとSEOにも詳しくなれる

例えば同じような難易度のキーワードとコンテンツが2つあって、一方は検索結果の上位(1~5位)に、一方は11位以下の下位にあったとします。

GRC 一例

上記は僕が運営している「サポカン」というサイトで「琴似神社」と「新琴似神社」という神社の記事を書いていて、GRCにクエリを登録して順位を追っているものです。

Ubersuggestというサイトでそれぞれの検索ボリュームや上位表示の難しさを見ていると下記の通りです。

Ubersuggest 琴似神社

Ubersuggest 新琴似神社

  • 琴似神社:検索ボリューム1300/SEO DIFFICULTY 31
  • 新琴似神社:検索ボリューム880/SEO DIFFICULTY 31

概ね似たようなものなので、僕が書いている記事も概ね似たようなものです。

でも1つは3位、1つは15位前後となっています。

こういう時に、なぜこういう結果になっているのか真剣に考えることでSEOというものが分かってきます。

もちろん、どれだけ考えても理由が見えて来ないこともあるのですが、理由を考えテストを繰り返していくことで、Googleが求めているコンテンツ、ユーザーが求めているコンテンツというものが何となく見えてくるはずです。

GRCだと順位下落の理由が分かることもある

GRCで順位が急激に落ちている状態

僕が運営しているサイトで、上記の通り2位だった記事が突然81位まで落ちるということがありました。

こういう時は関係ない記事がインデックスされていないか確認してみましょう。

GRCで順位が急激に落ちている状態

どの記事がインデックスされているか確認してみると全く関係ない記事がインデックスされているということがわかる時もあります。

こういうことはたまに発生して概ね3~7週間くらいで元に戻るので慌てなくても構いません。むしろ関係ある記事で順位が落ちていたら、何か理由があるので調べるということになります。

もし全然関係ない(と思える)記事がインデックスされていたら、Google Search ConsoleでURL精査(以前のSearch Consoleで言うところのFetch as Google)を試してみるのもおすすめです。

Search Consoleでは時間がかかる順位もGRCなら調べられる

Search Consoleだと2日経過しないと順位はわからないという欠点があります。

しかしGRCならすぐに順位が調べられるというメリットもあります。

GRCは1日1度しか順位をチェック出来ないと思っている人もいますが、何度でもチェック出来ます。

GRC 選択項目の順位再チェック

メニューの「実行」から「選択項目の順位再チェック」を行うと何度でも順位の確認が出来ます。

新しい記事を投稿したら一度すぐに順位をチェックして数時間後に再チェックをしてインデックスされているか確認するということも可能です。

もちろんクエリ次第で順位が100位以下なら順位はつきませんが、記事タイトルでチェックしてみるとオリジナル要素が高い分、インデックスされているかどうか確認しやすくなります。

もし記事タイトルでもインデックスされていないようであれば、記事タイトルそのものが適正では無かった可能性もありますし、記事そのものが適切で無い可能性もあるので、記事タイトルもしくはコンテンツの見直しを考えてください。

GRCの順位は絶対では無い

1つ注意して欲しいのはGRCの順位は絶対では無いということです。

現在、Googleの順位はリアルタイムで更新されているクエリもあります。一方で何ヶ月も更新されていないクエリもあるのですが。

それはさておき、Googleの検索結果はどこで検索しているかによってかなり異なります。

GRCはどこで検索をしているか?という情報に左右されないように検索結果を出しているため実際の検索結果とは異なることがあります。

通常のGRCでもGRCモバイルの順位を出すことがある

最近とあるキーワードでGoogleの検索結果が2位になっているものがあるのですが、SEOチェキ!で調べるといつも30位以下というものがありました。

なぜこんなに検索結果が違うのか調べてみたところ、通常のGRCなのにモバイル検索の結果が反映されていることがわかりました。

ごく一部のクエリだけですが、通常のGRCでもモバイル検索結果を表示することがあるので、注意が必要です。

もっともPCでの検索とモバイル(スマホ)での検索結果はほぼ同じなのですが、稀に極端に順位が異なる場合があることは知っておいてください。

GRCを使ってみよう!

GRCは活用方法でいろいろな発見が出来ます。

SEOに詳しくなりたいという人から、サイト・ブログを改善したいという人まで役立つツールです。

もしまだ導入していなければ、是非導入してくださいね。

導入が遅れれば遅れるほど、チャンスは取り逃がしますし、発見も遅れます。

真剣にSEOを学びたい、複数のサイト・ブログを運営している、ライバルの順位をチェックしたいということであれば早めに導入してくださいね。

SEOに関すること
スポンサーリンク
鈴木 利典をフォローする
文賢

校閲・推敲支援ツール「文賢」は、ライター・ブロガー・編集者・アフィリエイターに是非使って欲しいオンラインツールです。また文章表現力が無い人でも多くの文例で共感を得られる文章に仕上げることが出来ます。

SEOツール GRC

GRCは、Google・Yahoo!・Bingの検索順位を日々チェック出来るツールです。活用方法次第でサイト・ブログの改善にも役立てることが出来ます。またSEOに詳しくなりたい人に最初に導入して欲しいツールでもあります。

Amazonプライム

Amazonを利用するのなら入会していないと損!と言い切れるくらい便利な会員サービスがAmazonプライムです。送料無料や各種特典が盛りだくさんです。本を月に1回以上Amazonで購入したりするだけで元が取れるサービスで、30日間は無料でお試し出来ます。

鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました