ホームファッションとは?よく聞くけど範囲の広い商品群と日本では広がらない市場について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニトリ お買物

サラリーマン時代、小売店の店舗で働いていた時の最終の役職名はホームファッション主任だった鈴木です。

ホームファッションってよく聞くけど実際何を差しているのか謎という人も多いように思いますので、某A社のホームファッション主任を行っていた僕がホームファッションについて説明していきます。

ホームファッションとは?

ホームファッションとは、1990年代に欧米で生まれた考え方で、家具やインテリア、カーテン、室内装飾品から照明、生活家電(白物家電)等の家の中で使うものも(衣類の)ファッションのようにコーディネートするという考え方です。

ダイニングやリビング、キッチン等、生活シーンを考えて提案しながら商品構成そのものを提供する考え方とも言えます。

似た言葉でホームファニシングがありますが、ホームファッションは住空間を楽しむという考え方であり、ホームファニシングはトータルコーディネートとして家具や設備を取り付けることを意味するそうです。

(参考サイト)

ホームファッションの商品群で言えば

  • 布団・ベッド・カバーリングを中心とした寝具
  • 家具・カーテン・カーペットを中心としたインテリア商品
  • タオル・バスマットを中心としたサニタリー商品
  • 食器・カラトリーを中心とした食器類

が一般的ですが拡大解釈をして

  • 電子レンジや冷蔵庫、洗濯機等の白物家電
  • パジャマや部屋着のホームウェア
  • キャンドルやアロマ器具
  • 文房具でもデザイン性の高いステーショナリー

も含めることがあります。

日本におけるホームファッション業界

おそらく日本におけるホームファッション業界で最も認知度が高い企業はニトリだと思います。

ニトリ

寝具からインテリア、家具、小型生活家電製品まで幅広く販売されています。

ニトリの看板

看板でも「ホームファッション ニトリ」と書かれているのを見かけた人も多いのではないでしょうか?

イオンでもホームファッションの売り場がありホームファッションという看板が取り付けられているところがあります。

イオンのホームファッション

ただインテリア等を含めて家の中をコーディネートするという意味合いではともに生活スタイルの提案が出来た売り場があるのか?と言えば実際には商品群が別れて展開されており、コーディネートの提案は出来ていないのが実情のように思います。

イケア

日本でホームファッションの売り場でコーディネートとしてきちんと展開されているのはイケアくらいしか僕は知りません。家電製品の取扱はほとんどありませんが。

それだけまだ日本においてホームファッションという考え方が根付いていないように感じています。

ローラアシュレイ

日本での撤退、そして伊藤忠での復活が話題になったローラアシュレイは小規模ながらもホームファッションのブランドと言えます。

色彩的に統一感を出したインテリアに憧れる人は多かったのではないでしょうか?

僕の家では奥さんがローラアシュレイ大好きなので、ローラアシュレイ傾向のインテリアになっていますww

また無印良品もホームファッションといえる業態です。

ただ日本において、ホームファッションという言葉を知らない人もまだまだ多く、寝具は寝具、家具は家具と別々に考え、色合いは統一することはあっても、トータルで考える市場が出来ていないことがあるのかもしれません。

日本でホームファッションという言葉が出てきて20年ほど経過しましたが、未だにホームファッションという市場は育っていない印象で、これからも市場として育っていくのか疑問が残ります。

特に家具やインテリア、寝具等は統一して考えることが多くても家電製品までトータルで考えることが日本では行われていないことが多いのにも起因しているように思います。

日本においてホームファッションとして一番成功しているのは実は無印良品じゃないかと思う今日このごろ、好きな人は無印良品でトータルコーディネートしていますからね。

ニトリやイオンのプライベート商品(PB)・ショップブランド商品(SB)でもトータルコーディネートは可能ですが、ニトリのPB、イオンのトップバリュでトータルコーディネートを行おう!って人はいないですから。

以上、ホームファッションについてでした。

お買物
スポンサーリンク
鈴木 利典をフォローする
じゃらん 遊び・体験予約

旅行に行く前にチェックしたいのが「じゃらん 遊び・体験予約」です。いろいろなアクティビティ・体験をお得に予約出来ます。お得になるクーポンを使うと公式サイトや電話で申し込むよりもお得になることも多いので、旅行で思いっきり楽しみたい方におすすめです。

Amazonプライム

Amazonを利用するのなら入会していないと損!と言い切れるくらい便利な会員サービスがAmazonプライムです。送料無料や各種特典が盛りだくさんです。本を月に1回以上Amazonで購入したりするだけで元が取れるサービスで、30日間は無料でお試し出来ます。

鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました