絶景!城ヶ崎海岸で散歩・散策なら門脇岬と門脇吊橋と灯台を見よう!駐車場情報も

スポンサーリンク
スポンサーリンク
城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋 東海

絶景大好きな鈴木です。

12月30日から1月1日まで伊豆へ温泉旅行に行ってきました。

1泊目と2泊目は違う宿にしたので、その間の時間に観光をしよう!ということで伊豆で有名な観光地である城ヶ崎海岸へと行ってきました。

今まで伊豆には何回も行っているのにそういえば行ったことが無いな~ということで。

城ヶ崎海岸は約4000年前に付近の山の噴火により溶岩が流れ込み、その後浸食により出来た長さ9kmにも及ぶ溶岩岩石海岸です。

今は観光地と整備され伊豆の中でも人気の絶景観光地として人気を誇っています。特に門脇吊橋は人気のスポットです。

写真を多めに実際の様子をお伝えします。

スポンサーリンク

城ヶ崎海岸の駐車場はどこが良い?

今回あまり下調べをせずに向かったため門脇吊橋から一番遠い駐車場に停めて大失敗 良い運動(筋肉痛で悲惨)と絶景をゆっくり鑑賞出来る場所で良かったのですが、やはり近くに停めてサクっと見学したいという方も多いかと思いますので事前に駐車場の場所をきちんとチェックしておくことをおすすめします。

駐車場

伊豆・伊東観光協会公式ホームページより

一番遠いのは伊豆海洋公園の駐車場です。吊橋まで約1kmを歩かないといけません。

ただしピクニカルコースという散策コースがあり絶景を見ながら行くことが出来て楽しめるコースにはなっています。

一番近いのは門脇岬のすぐ近くにある駐車場です。ここからなら200mも無い距離でたどり着けます。

どちらが良いのか考えてくださいね。

ただしいろいろな景色を見たければ遠いけど伊豆海洋公園の駐車場がおすすめです。

  • 伊豆海洋公園駐車場:遠いけど途中の景色がいろいろ楽しめる=時間がある人向き
  • 伊東市門脇駐車場:近いけど景色は城ヶ崎くらいしか楽しめない=時間が無い人向き

上記以外にも駐車場はありますが、非常に遠かったり、別の施設の駐車場になります。

なお料金は

  • 伊豆海洋公園駐車場:1日1回700円
  • 伊東市門脇駐車場:1日1回500円(入庫後15分間無料)

伊豆海洋公園駐車場は正確には「ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン」という施設の駐車場です。

ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン 公式サイト

目次に戻る

伊豆海洋公園からのピクニカルコースで城ヶ崎海岸へ

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

今回駐車した伊豆海洋公園から門脇岬までは約1kmほどの距離と説明しましたが、2つのルートがあります。

  • 海岸沿いを歩くアップダウンの激しいコース:1.1km
  • 森林の中を歩くアップダウンの少ないゆるやかなコース:0.8km

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

当然景色が綺麗なのは海岸沿いを歩くアップダウンの激しいコースですが、1,1kmという距離があります。森林の中を歩くコースはアップダウンはほとんど無い緩やかなコースですが景色はあくまでも森林のみで面白くはありません。

ではどっちが良いかと言えば、元気のある行きに海岸コースで疲れている帰りに森林コースが良いでしょう。

僕もそのコースにしました。というか帰りは足が疲れ果てていてとても海岸コースに行く元気が無かった。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

早速下りが現れます。まだ元気なのでこれくらいの下りはへっちゃら。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

少し進むと海がすぐ間近に迫ってきます。ここを通り越えてもう少し先へ。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

この先に良い景観の場所がありました。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

松の木と海、絵になります。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

もう少し歩いていきます。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

少し高い位置になって海を下に見るようになります。ここの海の色、本当に綺麗だったな~。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

かなり歩いた!と思ったらまだ300mしか歩いて無かったでござるの巻

やばい、残り0.8km歩けるのだろうか・・・・

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

しんのりという場所を超えて更に歩いていきます。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

海が見えて本当に綺麗なコバルトブルーの海が!

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

途中で林間コースと並走する場所が何回かあります。疲れていたら素直に林間コースに移るのが良いかもしれません。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

びしゃごという場所を超えて更に先に

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

おお!門脇岬が見えてきました!

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

穴口という看板が・・何だろう?と思って見に行きます。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

穴が空いていてその下に海が見えます。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

綺麗な色をした海を見ることが出来ます。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

近づいてきています。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

ここが最後の昇りの手前。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

階段を上り、残り100mで吊橋です!

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

そして門脇岬に到着!出発した時は時折雨の降る天気でしたが、ここについた時は晴れました!やったね。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

国立公園城ヶ崎。後ろに見えるのは門脇灯台です。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

濃い青色をした海!そして晴れ渡る空!最高の景色です。

jogasaki030

雨の城ヶ崎・・・

目次に戻る

城ヶ崎海岸の門脇つり橋を渡る

そして門脇吊り橋に。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

思っていたよりも短いし怖くはありませんでした。吊り橋効果で告白を狙うとしてもあまり良いポイントでは無いかも。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

吊り橋の上から見た海。本当に綺麗な色をしています。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

つばくろ島がはっきりと見えます。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

写真だけを見るとサスペンスドラマのようです。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

長さ48m、高さ23mとのこと。

吊り橋はあまり怖くありませんが、次のつばくろ島は迫力あります。

目次に戻る

城ヶ崎海岸「かどかけ」から見る「つばくろ島」は迫力満点

吊り橋を渡ったところは「かどかけ」と呼ばれる場所、その先に進むと「つばくろ島」と呼ばれる島が隣接しています。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

この島を撮影しようと断崖絶壁へと。これが滅茶苦茶怖い!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

足がすくんでいる状態で必死で撮影。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

ビビりながら撮影しているところを奥さんが撮影していました(笑)

そんな奥さんが撮影した写真。オリンパス E-PL3での撮影です。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

とても美しい景色です。

目次に戻る

城ヶ崎海岸 門脇灯台

ここまで来たら、門脇灯台にも是非登りたい!ということで門脇灯台へ。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

入場は無料となっています。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

ここの灯台の面白いのは、上りと下りで階段が異なること。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

疲れ果てた身体に鞭打って上っていきます。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

この灯台の残念なところは窓が開けれなくて直接景色を見れないところ。そのためか、何か匂いが立ち込めている感じがします。

それでも灯台から見る景色も絶景!

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

さきほどの「つばくろ島」は遠くから見ると島には見えないんですよね。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

そして下り専用の階段で降りていきました。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

灯台のすぐ近くに売店&お土産屋さんがあります。そこで小腹が空いたのでウインナーパイを購入。絶品と書かれた袋が印象的。

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

城ヶ崎海岸・門脇岬と門脇吊橋

お腹が空いていたので非常に美味しく感じましたが、普段食べると絶品とは言えないかな・・・・。

当然帰りは、林間コースでてくてく平坦な道を歩きながら駐車場に向かいました。

目次に戻る

城ヶ崎海岸へ行こう!

東伊豆に行ったら是非とも立ち寄って欲しい場所になりました。

国道135号線から10分もかからずに駐車場には到着します。今回12月31日のためか休日の割にあまり人は多くなくゆっくりと見ることが出来ました。

東伊豆で絶景を見たいのならおすすめスポットです!

目次に戻る

以上、城ヶ崎海岸についてでした。

なお近くではクルージングも多くあります。

綺麗な海・海岸線を海から見たいという方は是非チェックしてください。

じゃらんで予約する前にお得なクーポンが出ていないかチェックしてくださいね。

東海
このブログを書いてる人

通称:鈴木こあら

旅行・温泉とカメラ、そしてブログを書くのが好きなおっさん。
すべての都道府県で最低1箇所は温泉に入り、合計700箇所ほどの温泉に入った温泉ソムリエです。
出身は愛知県ですが、現在は関東から北海道・札幌に移住してさっぽろテレビ塔の近くに生息しています。

フォローしてください!
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました