4冊目の本(共著)「販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書」を出します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木的情報

密かに4冊目の本が出ることになりました。

と言っても今回は共著で僕のパートは恐らく一番少なく、ほぼお手伝いに近い形ですが、是非購入していただけると僕や共著者の皆さんが喜びます!

今回の本のタイトルは「販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの宣伝術」(仮)と非常に長いタイトルです。

Amazonでは予約が開始されています。

販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの...

販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの...

敷田 憲司, 池田 益己, 田 美智子, 鈴木 利典, 藤村 能光, 戎井 一憲, 染谷 昌利
2,376円(03/22 03:10時点)
発売日: 2019/04/02
Amazonの情報を掲載しています

4月2日発売予定です。

まだ表紙も出来ていません。

今回の本の内容

実は僕もよくわかっていない・・・というのは半分冗談ですが、全体で200ページ以上はあると思うのですが、僕のパートは恐らく10数ページで、他の著者の方の分の原稿をまだ読んでないので、内容が具体的にはわかっていません。

でもWebプロモーションに関する内容で

  • ランディングページ
  • リスティング広告
  • アフィリエイト広告
  • オウンドメディア
  • SNSマーケティング
  • Google マイビジネス

のパートから構成されています(一部変更になる可能性あり)。

で、僕の担当はアフィリエイト広告に関するパートを書かせてもらっています。

著者紹介

今回、書くきっかけとなったのは「複業のトリセツ」「ブログ飯」で人気の染谷昌利さんからお誘いを受けたからです。

全体の構成やWebプロモーション全体の説明は染谷さんが担当しています。

また友人であり「できスタ」の著者でもある敷田憲司さん

Googleマイビジネス 超集客術」の著者である戎井 一憲さん

サイボウズ敷編集部の藤村 能光さん 等7人で執筆しています。

アフィリエイトのことだけどアフィリエイトじゃ無い

今回、僕のパートはアフィリエイト広告のことですが、アフィリエイトのことを書いていますが、アフィリエイトのことは書いてないです。

何言ってるんだ、こいつは・・・と思うかもしれませんが、アフィリエイトをする人向けの内容ではなく、アフィリエイト広告をWebプロモーションの1つとして考えている方向きに書いています。

もともと、僕はサラリーマン時代にアフィリエイトの広告主の立場だったんですよ。

アフィリエイト広告の担当では無く、アクセス解析やメールマーケティングの担当でしたが、アフィリエイト広告の効果測定のためにアクセス解析のレポートのためにアフィリエイト担当者と話し合ったりしていて、勉強のためにアフィリエイトは始めました。

普通の人とはアフィリエイトを始めるアプローチが違っていたんですよね。

で、広告主側の立場も知っているし、アフィリエイター側の立場も知っているので、その立場から今回の本は書かせてもらいました。

まだ全体がどういう内容になっているかわかりませんが、とりあえず買ってくださいww

他の著者の方の原稿が読めるようになったら、また詳細を書きますね。

販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの...

販促・PR・プロモーション ネット戦略のやさしい教科書。 小さな予算で最大限に知名度と成果を上げる6つの...

敷田 憲司, 池田 益己, 田 美智子, 鈴木 利典, 藤村 能光, 戎井 一憲, 染谷 昌利
2,376円(03/22 03:10時点)
発売日: 2019/04/02
Amazonの情報を掲載しています
鈴木的情報
スポンサーリンク
鈴木 利典をフォローする
じゃらん 遊び・体験予約

旅行に行く前にチェックしたいのが「じゃらん 遊び・体験予約」です。いろいろなアクティビティ・体験をお得に予約出来ます。お得になるクーポンを使うと公式サイトや電話で申し込むよりもお得になることも多いので、旅行で思いっきり楽しみたい方におすすめです。

Amazonプライム

Amazonを利用するのなら入会していないと損!と言い切れるくらい便利な会員サービスがAmazonプライムです。送料無料や各種特典が盛りだくさんです。本を月に1回以上Amazonで購入したりするだけで元が取れるサービスで、30日間は無料でお試し出来ます。

鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました