由布院で全室露天風呂付き離れ宿「湯布院温泉 御宿 さくら亭」に宿泊してきた

温泉ソムリエの鈴木です。

8月2日、由布院にて「全室露天付き離れ宿 御宿 さくら亭」に宿泊してきました。贅沢な離れ&露天風呂付きの客室、高いと思いますよね。でも夫婦2人で宿泊して4万円でお釣りが出るコスパに優れながらも満足度の高い温泉宿でした。

全室露天付き離れ宿 御宿 さくら亭

「御宿 さくら亭」についてとアクセス

由布院は掘ればどこでも温泉が出て来ると言われるほど温泉が豊富な地域です。しかし由布院駅から金鱗湖までの中心地は人気の観光スポットになっており、比較的最近出来た温泉宿は中心地から少し離れたところに点在して建設されています。

さくら亭も中心地からは少しだけ離れていますが、由布院駅からは距離にして1.3km、時間にして20分くらいで到着する距離です。そのため駅からタクシーを利用してもそれほど料金はかかりません。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

県外から車で向かう場合は大分自動車道 湯布院インターチェンジで降りた後、概ね15分(距離にして4.5kmほど)ほどの距離となっています。

さくら亭は全室離れ&全室に露天風呂がついているという少し贅沢な温泉宿です。

駐車場は道を挟んで対面にありますが、駐車場に車を停めると宿の方が確認に来てくれて、荷物を宿まで運んでくれます。

宿と道の間には小さい水路があり石橋を渡り宿の受付へと入っていきます。

落ち着いた雰囲気の和風の温泉宿です。

さくら亭の母屋とロビー、個室食事処

ドアを開けると受付(ロビー)と個室食事処のある母屋に入ることになります。

照明は暗めで落ち着きを第一にしているようです。

暖炉とソファーが受付の前に置かれています。

この母屋には個室食事処があり、夕食や朝食はこちらでいただきます。各部屋単位で個室になっているので、他の人を気にすることなくいただけるのが良いところ。

さくら亭の中庭

母屋を通り抜けると中庭というか庭というか離れが点在してあります。

こちらは母屋の裏側。

離れの客室が点在しており、庭の散策も楽しむことが出来ました。ただ奥の方にある離れだと母屋に用事がある時、行くのが結構大変なような感じもしました。最も母屋に行く用事と言っても食事くらいだと思いますが。

さくら亭 囲炉裏付き 露天風呂付き離れ「ひまわり」に宿泊

さくら亭には離れ客室が全部で10室あるのですが、今回選んだ部屋は「囲炉裏付き 露天風呂付き離れ」とじゃらんで書かれていた部屋。

道路側に面している部屋部屋で、母屋にも近い部屋で部屋名は「ひまわり」となっていました。

ひまわりの花言葉をここで覚えました(笑)

部屋との間に水路があって、情緒が更に増す雰囲気。

道路側から見た客室というか離れ。蔵のような建物になっています。

中に入って戸を開けると早速囲炉裏がありました。

太い梁からぶら下げられた鉄瓶

囲炉裏にはゴザが乗せてありますが、取るときちんと囲炉裏となっています。冬場は火を入れてくれるのかもしれません。

囲炉裏の部屋を通り過ぎるとソファが置いてありますが、ここは廊下のようで、この奥に進んで左を見ると下記の写真の通り。

左側にチラっと見えるところがメインの客室、右側の戸が空いているところがトイレ、突き当りが脱衣場で脱衣場から露天風呂に出るようになっています。そしてメインの客室へ

畳では無いので分かりませんが12畳くらいはありそうな部屋です。

昔ながらの階段状の古民具が置いてあります。

階段状の古民具の上から撮影したのが上記の写真

テレビは32型のもので、箪笥の上にあるのですが、高い位置にあるので少し見辛いと思いました。朝のニュースしか見てないけど。

太い梁があって、まさに古民家or蔵という感じがして結構好きな部屋です。

エアコンが2台あり2台とも電源が入ります。

布団は上記の写真の通り、夕食中に敷いてくれていました。

トイレはシャワートイレ

トイレはシャワートイレで手洗いも中で出来るようになっています。広さもそれなりにあって閉塞感の無いトイレでした。

客室の露天風呂

なぜか冷蔵庫が脱衣所にあります。お風呂上がりに冷たい飲み物を飲むためですかね?

アメニティは可もなく不可もなし

簡素なドアを開けると露天風呂です。

狭く見えますが2人なら余裕で入れる広さです。ただもう少し広く作っても良いんじゃなかったのかな?と思う広さ。親子3人で入る場合は少し狭く感じるでしょう。

シャワーと洗い場がすぐ横にあります。冬だとここでシャワーを浴びながら身体を洗うのはキツそうです。普通に入れる大浴場が無いので、脱衣所にシャワールームを付けておいた方が良いと思いました。

さくら亭の貸切風呂

部屋のお風呂以外にも貸切風呂がさくら亭にはあります。

庭の中央付近にあり、内湯と露天風呂がありました。チェックインした際に予約をするのですが、今回露天風呂は予約済みで入れないということで内風呂になりました。

4人は楽に入れそうな内湯でした。

ただ脱衣所にはエアコンはなく、真夏だとかなり暑くなっていて風呂から上がった直後に脱衣所が暑くて更に汗をかくという状態に。エアコンをつけておいて欲しかった・・・・

脱衣所が暑すぎて、すぐに浴衣を来て飛び出ました。

さくら亭の食事

食事は母屋の食事処でいただきます。

夕食

前菜(先付け)

鍋は鱧のすき焼きでした。鱧のすき焼きなんて、初めて食べました。

すき焼きと言えば卵をつけて食べるもの・・ということで卵が出たのですが、温泉卵でお召し上がりくださいということで、温泉卵で食べます。

これがね、美味しいんですよ!温泉卵にすることで黄身の旨味がまして、これが鱧とマッチして凄く美味しい!

頂豊後牛のタタキ

お刺身は鮃(ひらめ)とカンパチ

蕎麦に見えますが五穀うどんとのこと。鰻も乗っていて美味しくいただきました。

もろこし饅頭餡かけ、こちらも美味しい!

太刀魚ポテトロースト、焦がし醤油バター

頂豊後牛網焼き(リブロース)、これも非常に美味しくいただきました。

ご飯と味噌汁、味噌汁はカンパチの入った赤出汁

デザートは抹茶プリンにガトーショコラ、白桃わらび餅

朝食

朝食も同じ場所でいただきます。

朝食も非常に美味しくいただけました。

ただ少し残念なところも。

御宿 さくら亭に泊まった感想・良かった点・悪かった点

全体的には満足度の高い宿です。食事も美味しく部屋もよく。

ただこういう高級感のある温泉宿ならもう少し工夫しても良いんじゃないのかな?と思う点もありました。

まずはお風呂関係。既に書いていますが部屋の露天風呂は今から大きくすることは無理だと思いますが、もう少し大きくしていても良かったんじゃないのかな?と。由布院温泉は湯量は豊富だから湯量が足りなくて小さい湯船にしたということも無いでしょうから。また大浴場が無いのだから、露天風呂にシャワーがある状態だと冬場はかなりキツイと思うので部屋の中にシャワールームだけでも作るべきだったと思います。

由布院の平均気温はなんと福島県と変わらないそうです。つまり冬場はかなり寒い地域なので、外シャワーだとかなりきついです。

反面貸切風呂は夏場は非常に暑いと思うし、冬場は非常に寒くなると思うので冷暖房機器を取り付けた方が良いと思いました。

食事は非常の美味しくボリュームもあって良いのですが、食事会場が非常に暗いんですよ。夜はまだ雰囲気があって良いのですが、朝から暗い場所で食事をするってどうも気分が上がらないんですよね。

ライティングで朝は明るくすることも出来るでしょうから、朝だけでも明るくした方が良いと思いました。

そしてチェックアウトの時間。チェックアウトは朝10時ですが、離れで客室露天風呂の宿で朝10時チェックアウトって実は多くは無いんですよ(経験上)。大体11時か12時。朝食が朝8時からだとあまり寛げないんですよね、せっかく良い部屋でも。

少し工夫をすれば11時チェックアウトは可能だと思うので是非、取り組んで欲しいと思いました。

そして最後に接客。基本的には非常に丁寧で普通であれば文句は無いのですが、基本的な応酬話法が出来てない感じがしました。貸切風呂は予約した時間になったらフロントに行って鍵をもらって、入り終わった後にまた鍵を返すのですが、その時にお風呂はどうでしたか?と聞かれたので脱衣所が暑くて飛び出ましたと伝えたところ、普通であれば「あ~、そうでしたか、申し訳ありません」というような返答だと思うのですが「扇風機がありましたよね?」と否定から入られてしまったのは非常に残念でした。この時期、熱のこもった室内でいくら扇風機を回しても暑いことは普通分かると思いますし。

丁寧な接客は良いのですが、基本的に応酬話法をもう少し練習した方が良いと思いました、離れ&客室露天風呂付き客室という高級路線で売り込むのなら。これが1泊1万円未満の宿なら、そんなものだろうな~とは思うのですが。

以上、悪かった点が多いように思うかもしれませんが平日で夫婦2人で4万円でお釣りが来ることを考えれば非常にコスパが良いというか割安感の感じられる宿ですし、泉質もよく(源泉かけ流し)、落ち着いて泊まることが出来る宿であり、おすすめ出来る宿でもあります。良いだけに逆に小言が多くなってしまいました。

もし、由布院に泊まるようなことがあればおすすめの温泉宿です。

御宿 さくら亭 基本情報

個人評価 40点/50点満点(あくまでも主観です)

  • 温泉名:湯布院温泉
  • 施設名:御宿 さくら亭
  • 住所:〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上2172−1
  • 電話: 0977-85-2838
  • 宿泊日:2017年8月2日から1泊
  • 費用:1人19000円ほど
  • 公式サイトはこちらをクリック

今回、じゃらんで予約しました。

じゃらんからの予約はこちらをクリックしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です