高層ビル・ガラス越しの映り込み・反射を防ぎ夜景を綺麗に撮るなら「レンズスカート」と「忍者レフ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レンズスカート カメラ

夜景撮影が好きな鈴木です。

でも高層ビルやテレビ塔などのガラス越しに夜景を撮影しようとするとガラスに照明等が反射してしまって綺麗な夜景を撮影出来ないことってありますよね。

ではどうすれば反射を防ぎ夜景を綺麗に撮影出来るのかというといくつか方法はありますが、一番手軽なのは「レンズスカート」「忍者レフ」と呼ばれる反射防止用の撮影グッスを使うことです。

実際にレンズスカートや忍者レフを使って撮影した写真とともにどう使い分けて夜景を撮影しているか説明します。

参考までに下記の記事の夜景写真の半分近くはレンズスカートや忍者レフを使って撮影しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜景撮影時のガラスの映り込み・反射とは

最初に夜景撮影時のガラスの映り込み・反射について認識を共通にしておくために、実際の事例を用いて説明しておきます。

夜景 映り込みなし

実際には上記の写真のように映り込み・反射が無いように撮影したいけど実際には下記の写真のように映り込んでしまうことを意味します。

夜景 映り込みあり

ガラスに反射した照明等で夜景が全くわからない状態になってしまうこともありますよね。

人間の目だとほとんど映り込みしていないように見えても撮影してみるとかなり映り込んでしまっていたということを経験した方もいると思います。

上記の写真のようにガラスの映り込みや反射を防ぐためにはどうすれば良いのか?

いろいろな方法があります。

ガラスの映り込み・反射を防ぐ一番簡単な方法

まずは撮影グッズを使わずに一番簡単にガラスの映り込みや反射を防ぐ方法から。

カメラのレンズ部分をガラスにぴったりと密着させて撮影すればほとんど映り込みや反射は防ぐことが出来ます。

ただし撮影したい被写体がガラスにレンズを密着させた状態で撮りたい角度にあれば問題ありません。

しかし実際にはカメラを少し斜めにしたりして、被写体の方向に向けるため隙間が出来てしまい隙間から照明等がガラスに反射して映り込んでしまうことはよくありますよね。

そうなるからガラスにレンズを密着させられない状態でも反射を防ぐ方法で撮影をする必要性が出てくる訳ですから。

ガラスの映り込みを防ぐ道具・撮影グッズ「レンズスカート」

ガラスの映り込み・反射を防ぐグッズで一番おすすめなのが「レンズスカート」です。

レンズスカート

レンズスカートの四方に吸盤がついているので、吸盤でガラスに貼り付け、穴が空いているところからカメラのレンズを入れて撮影します。

四方をしっかりと吸盤で取り付けるので映り込みはほぼ無い状態で撮影することが出来るメリットがあります。

サンシャイン60からの夜景

上記の写真は東京池袋のサンシャイン60の展望台から撮影したものですが、レンズスカートを使って撮影しています。

ただしレンズスカートの欠点があります。

レンズスカートは薄いガラスでは取り付けにくい

レンズスカートは吸盤でガラスに取り付けますが、薄いガラスだと割れてしまいそうで、取り付けることがかなり難しくなります。

東山温泉 向瀧

上記の写真は温泉旅館の風景ですが、ガラスが非常に薄くてレンズスカートを取り付けることが出来ず、違う方法を利用しました。

レンズスカートはカメラの角度の自由度を奪う

もう1つ欠点があります。

夜景と言えば三脚を利用して撮影するのが一般的ですよね。

三脚をセッティング出来て且つレンズスカートも設置出来る場所でしか綺麗に撮影することが出来ません。つまりカメラの角度の自由度を奪うため、ある程度広い空間でしか三脚+レンズスカートという組み合わせは使えないことになります。

もちろん展望台等ならそれぐらいのスペースはあるところは多いですが、あまり一般的では無い場所だとレンズスカート+三脚の組み合わせで撮影するのは難しくなります。

ガラスの映り込みを防ぐ道具・撮影グッズ「忍者レフ」

レンズスカートの設置が出来ない時に、映り込みを防ぐ一番楽な道具・撮影グッズが「忍者レフ」です。

忍者レフ

忍者レフ

5,173円(08/25 12:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

忍者レフ

中央に穴が空いていて白いレフ板です。

これを裏返すと下記の写真の通りです。

忍者レフ

黒いレフ板になっています。黒は光を吸収するので反射を防ぐことが出来ます。

レフ板として使いたい時は白い面を利用することも出来ます。

忍者レフ

忍者レフの使い方は簡単で中央の穴にレンズを入れて、後はガラスに出来るだけ近づけて、撮影するだけです。

小さく収納も出来るので楽に持ち運びも出来ます。

東京スカイツリー展望回廊

上記の写真は東京スカイツリーの天望回廊ですが、ガラスまでの距離がありレンズスカートは取り付けられません。三脚を使うこともガラスまでの距離があるので難しくなります。

こういう時は手持ちで撮影するしかありませんが、こういう時に便利なのが忍者レフです。

また三脚設置不可のようなところでカメラを構えて比較的早く写真を撮らないといけないところでも忍者レフはカメラにつけているので非常に便利です。

忍者レフのデメリットは鋭角な撮影には向かない

忍者レフにもデメリットはあります。ガラスに対して水平に近い角度なら問題無いのですが鋭角になると映り込みが発生しやすくなることです。

言葉だと説明しにくいので図にしました。

ガラスとカメラの位置関係

カメラをガラスに近づけて上から見た構図です。

忍者レフは柔らかいので折り曲げて使うことも出来ますがカメラがガラスに対して鋭角になればなるほど忍者レフがガラスから離れてしまうため上記の図の通り、映り込みが防げにくくなってしまう欠点があります。

この欠点はレンズスカートだと防ぐことがかなり出来ます。

ラバーフードを使って映り込みを防ぐ

最後に個人的には使ってみてあまりよく無かったのですが、価格を考えて多少は使えるということを考えるとラバーフードも良いでしょう。

汎用性のあるレンズに取り付けるフードです。

ラバー製なのでガラスにフードをガラスに密着させた後いにカメラの角度を変えられます。何よりレンズにそのままつけて使えるので非常に便利です。

ただし特定のレンズ専用では無いため広角側で撮影すると映り込んでしまう(ケラれてしまう)ことがあります。

望遠にして使う分には問題ありませんでしたが、広角側で使えないので今はほぼ使っていません。

夜景って割と広角側で撮影するので暗くてケラれているのがわからないことがあって撮影に失敗したことが何度かあり、失敗を無くすためにあまり使わなくなりました。

映り込みを防いで撮影するグッズはシーンで使い分ける

3つの映り込み・反射を防ぐグッズを説明しましたが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

なのでどんなシーンでも綺麗に夜景をガラスの映り込み・反射を防いで撮影したいのであれば撮影場所に応じて使う道具を変更させて臨機応変に撮影することが大切です。

僕の場合、夜景撮影が好きなので全部揃えましたが、本格的に夜景を撮影するのなら、全部揃えた方が良いです。まずは試してみたいということであれば忍者レフがおすすめです。

忍者レフ

忍者レフ

5,173円(08/25 12:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

おまけのグッズ

ひとつ目クン

ひとつ目クン

5,065円(08/25 12:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

上記のような撮影グッズもあります。

ちょっと使っていると不審者に思われそうで怖いですが、使ってみたい気もします。

以上、夜景を綺麗に撮影するための撮影グッズでした。

カメラ
鈴木 利典をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました