小樽での「青の洞窟 海上クルージング」が素晴らしかった!

スポンサーリンク

4月25日、小樽に行ったのなら「青の洞窟 海上クルージング」が良いですよと、小樽に居る時に北海道在住のブログ仲間の方から教えていただき、青の洞窟クルーズに行ってきました。

これが本当に素晴らしいんですよ!北海道小樽の海を堪能し更に洞窟の中にボートで入っていくというアトラクション的なクルージングが楽しめる内容となっています。小樽に行ったのならここは是非立ち寄って欲しいスポット。実際にどんな風景を見ることが出来るのか写真を多めに解説していきます。

小樽 青の洞窟 海上クルージング

スポンサーリンク

小樽 青の洞窟 海上クルージング について

小樽の「青の洞窟 海上クルージング」は小樽運河からほど近い祝津漁港から小樽水族館のある日和山灯台をぐるっと回って祝津漁港からだと反対側にある海岸にある洞窟の中をボートでめぐるクルージングツアーとなっています。

洞窟の中は太陽で照らされた海面が青く反射して「青の洞窟」と呼ばれるようになったそうです。

冬季(概ね11月から3月)の間は営業していません。また4月から10月の間でも天候が悪い時、特に波が高い時は欠航となります。

何社かが「青の洞窟 海上クルージング」を行っていますが有名なのは「有限会社 北欧産業」が行っているツアーです。今回、僕もこの「有限会社 北欧産業」が行っている「青の洞窟 海上クルージング」を利用させてもらいました。

有限会社 北欧産業・「青の洞窟クルージング 船乗り場までのアクセス

地図は下記の通りです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

小樽運河からもほど近く、小樽駅からも徒歩圏内ですが小樽駅から歩いて向かうのは少々大変なのでタクシーで向かうのが良いかと思います。バスで向かう場合は小樽駅前から「おたる散策バス」に乗って「運河プラザ」で降りて徒歩5分くらいの距離となっています。

img_6154

運河沿いを北に向かって歩いて行くと上記の建物が見えてくるのでこの建物の手前の橋を渡って海の方に歩いていけば有限会社 北欧産業の受付が見えてきます。

otarucrooz021

上記が受付を行い待合所になっています。ただしシーズン中は満席になることもあるので当日行ってツアーに参加出来るかは分かりません。なので前日までに確認をして予約をしておいた方が無難です。また予約しておいても天候によって中止になることもあるので注意してください。

車で行く場合は駐車場もありますよ。

事務所の中には看板犬がいて出迎えて?くれます。

otarucrooz022

otarucrooz023

かなりの老犬ということで少しヨボヨボしていますがかなり可愛いです。

追記:悲しいことに2017年11月に亡くなられたそうです。可愛いワンコだけに非常に悲しいです。

クルージングの船と船長

どんな船でクルージングに連れて行ってくれるのか?また船長はどんな人か気になりますよね。

はいこちらがクルージングの船です。

otarucrooz025

あ、間違えました。

otarucrooz026

こちらです。乗船店員はどうだろう?14人の比較的小さな船です。でも速度はかなり出ます。びっくりするくらい速いです。

クルージングで見られる景色

前置きが長くなりましたが、実際どんな景色が見えるのかが一番気になりますよね。写真を掲載していきます。

otarucrooz001

まだ湾内というか防波堤の中です。

otarucrooz002

防波堤では釣りをしている方もいました。

otarucrooz003

otarucrooz004

otarucrooz005

小樽水族館が見えます。

otarucrooz006

鰊御殿と呼ばれる場所と灯台

otarucrooz007

otarucrooz008

otarucrooz009

トド岩と呼ばれる場所で海鳥が大量にいました。

otarucrooz010

海の奥に山脈のような風景が。おそらく方角的に余別岳や積丹岳だと思うのですが正確にはわかりません。でも海から雪が積もった山々を見られる場所って日本国内だとそれほど多く無い景色です。

otarucrooz029

otarucrooz030

otarucrooz031

otarucrooz011

otarucrooz016

この風景が見えてきたらもう青の洞窟の眼の前です。

otarucrooz012

otarucrooz013

青の洞窟の中

そしていよいよメインの青の洞窟の中へと向かいます。

otarucrooz042

岸壁の下に穴があるのが分かると思います。この穴が青の洞窟です。右側から入り、左側から出てきます。

otarucrooz015

otarucrooz014

では中へ!

otarucrooz033

海面が凄く青く見えてまさに青の洞窟と言われる所以がわかります。

otarucrooz034

奥へ

otarucrooz035

振り返るとこんな風景に。

otarucrooz036

otarucrooz037

otarucrooz038

otarucrooz039

中で船を5分~10分くらい停めてくれて記念撮影もしてくれます。

img_6290

嫁と一緒に記念撮影をしてもらいました。なお割りと水が跳ねるのでカッパを貸してもらって着ることになっています。

中は本当に神秘的で海面が青く見えてこんな場所があるのか・・・と思うこと間違い無し!小樽にいったら是非行って欲しいポイントです。

otarucrooz040

そして出てきたところ。凄く綺麗な洞窟にうっとりしてしまいました。

帰りの風景もまた良し!

そして港に戻る訳ですが今度は反対に戻って行くので景色がまた少し違うんですよね。

otarucrooz017

otarucrooz018

オタモイ龍宮閣跡地

otarucrooz019

熊岩。遠くから見ると本当に熊のように見えます。

otarucrooz020

そして天狗山が見えてきてあと少しで港に到着です。

otarucrooz044

otarucrooz045

そして到着。

約90分間のクルージングでした。

青の洞窟 クルージング詳細

  • 運営会社:有限会社 北欧産業
  • 公式サイト:有限会社 北欧産業
  • 営業期間:例年4月から10月まで
  • 費用:一人5000円(2016年10月現在)

予約は必ず前日までにしておくことをおすすめします。

非常におすすめですので小樽に行ったら是非参加してみてください。

また小樽にはいろいろなアクティビティ(体験イベント)が数多くありますので行く前にチェックして予約しておくと便利です。

>>小樽のアクティビティをチェック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメント

  1. (有)北欧産業 海老名敏男 より:

    鈴木様

     小樽青の洞窟を、ご紹介いただいてます(有)北欧産業と申します。
    素敵なブログを掲載いただきまして感謝申し上げます、有難うございます。

    実は、訂正を訂正を頂きたくお願いを申し上げます、
    XXXXXXX君は、昨年12月に事情在り退社してます、その為、彼の写真、名前の削除をお願い申し上げます、大変ご面倒おかけしますが宜しくお願い致します。

    さらに看板犬のリッキ君が16歳で昨年11月に天国へ安らかに逝きました有難うございます。
    大変申し訳ございませんがよろしくお願い申し上げます。
    また機会が御座いましたら、是非ご乗船ください、ご招待でお待ち申し上げます。
      海老名敏男

    • 鈴木こあら より:

      海老名様
      コメントありがとうございます。
      修正いたしましたのでご確認ください。

      問題があればお手数ですがまたご連絡いただければ幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です