札幌の豊平公園の紫陽花が好き!おすすめの札幌・紫陽花スポットも紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
豊平公園の紫陽花 北海道

紫陽花が割と好きな鈴木です。

札幌は初夏の花と言えばライラックの花ですが、真夏の花としては、ラベンダー・ひまわり、そして紫陽花じゃないのかな?と思っています。

札幌では例年7月中旬くらいから8月初旬くらいまで紫陽花が楽しめるので初夏というよりは真夏の花というイメージがあります。

札幌市内ではいくつかの紫陽花スポットがあるものの、一番好きなのが、豊平公園

今年も紫陽花を見に行ってきました。

スポンサーリンク

豊平公園について

豊平公園

豊平公園は札幌にある公園の中では小さくは無いけど大きいとも言えない、道外から来てわざわざ立ち寄るような有名な公園ではありません。

札幌には大通公園、円山公園、中島公園、滝野すずらん丘陵公園 等、楽しめる公園はいろいろあり、道外から来て、是非立ち寄ってください!とは言いにくい公園です。

でも、7月の中旬くらいだけは紫陽花が一番綺麗に咲く公園で是非見に来て欲しい公園なんです。

地下鉄東豊線「豊平公園駅」の1番出口が豊平公園の中にあるので、札幌駅や大通駅からのアクセスもいい場所にあります。

JR札幌駅から地下鉄への乗り換え時間も含めて、20分くらいで到着します。

  • 住所:〒062-0905 北海道札幌市豊平区豊平5条13丁目
  • 電話番号:011-811-6568
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:公園は24時間
  • 緑のセンター開館時間:8:45~17:15
  • 定休日:無休/緑のセンター 毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)・年末年始
  • 入場料:なし
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 435 687*84  (駐車場入口に設定)
  • 豊平公園 公式サイト

北海道立総合体育センター (北海きたえーる)という大きな体育館もあり、時折大きなスポーツ系のイベントがあると駅がかなり混雑する時もありますが、普段はとても静かなエリアです。

今回は自宅(概ねさっぽろテレビ塔)から1時間ほど歩いて、豊平公園まで行って紫陽花を見てきました。

豊平公園の紫陽花は白樺の木の周りに咲く

豊平公園の紫陽花

豊平公園の中に入って少し歩くと白樺の木が植えられた林があり、その周りに紫陽花が植えられ、綺麗に咲いています。

豊平公園の紫陽花

白樺の木の周りに咲く紫陽花、これが非常に美しく見えるんですよ。

神奈川県の鎌倉、海と一緒に見える紫陽花とかも非常に美しくて好きなんですけど、問題はあまりにも人が多いこと。

紫陽花

鎌倉の紫陽花

人が多すぎて、落ち着かないというかゆっくり見られないというのが残念なところ。

でも、豊平公園の紫陽花って、平日なら多くても20人くらいしか見に来てないので、本当にゆっくりと見られるのいいんです。

豊平公園の紫陽花

白樺の林といっても、1周200メートルくらいの小さな範囲なので、決して広く咲いている場所がある訳ではありません。

豊平公園の紫陽花

でも平日の比較的早い時間なら、数人程度しか人がいないので、かなりのんびりと鑑賞できるのが素晴らしいんです。

豊平公園の紫陽花

白樺林からの木漏れ陽が、紫陽花にあたって、それがまた美しく

豊平公園の紫陽花

札幌には梅雨が基本的には無いので、雨に濡れた紫陽花を見るということが少ないのですが、少し日当たりがあまりよく無いところの紫陽花や7月上旬の紫陽花だと淡い色の紫陽花が咲いていて、それがまた美しくも儚くて、紫陽花ってやっぱりいいな~って思えてくるんですよね。

豊平公園の紫陽花

もし7月中旬くらいに札幌に来ることがあるのなら、是非、豊平公園の紫陽花を見に行ってください。

少し歩くと豊平神社という少し変わった御朱印がいただける神社もありますよ。

札幌の紫陽花スポット

豊平公園以外にも札幌にはおすすめの紫陽花スポットはいくつかあります。

円山公園の包丁塚周辺の紫陽花

円山公園 包丁塚

円山公園の北海道神宮よりにある包丁塚周辺も紫陽花鑑賞のスポットとして有名です。

円山公園の紫陽花

包丁塚の石碑の後ろには沢山の紫陽花が7月中旬くらいになると見られるようになります。

円山公園の紫陽花

近くにはエゾリスがよく出現するスポットもあるので、午前中に行くと可愛いエゾリスを見られる可能性もあります。

札幌でも有名な観光スポットなので、紫陽花+観光ということであればおすすめです。

  • 住所:〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘
  • 電話番号:011-621-0453
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:24時間入ることは出来ます
  • 定休日:無し
  • 入場料:無し(動物園等は有料)
  • 駐車場:あり(円山動物園や北海道神宮のもの)
  • マップコード:9 488 274*75  (駅から最寄りの入口)
  • 円山公園 公式サイト

発寒中央駅近くの春日緑地

春日緑地

JR発寒中央駅から徒歩5分弱のところにあり小さな公園(緑地)ですが、7月になると紫陽花が咲き乱れるスポットとして一部で有名です(つまりほぼ無名)。

春日緑地の紫陽花

訪れた時期が少し早くて満開とはなっていませんでしたが、それでも小さな園内に紫陽花が凄い数で咲いていることがわかりました。

平日だとあまり人も来ないところなので、静かに紫陽花鑑賞ができます。

  • 住所:〒063-0830 北海道札幌市西区発寒10条4丁目1
  • 電話番号:011-667-3201
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:24時間入ることは出来ます
  • 定休日:無し
  • 入場料:無し(動物園等は有料)
  • 駐車場:なし
  • マップコード:9 605 613*87
  • 春日緑地 (公園検索システム)

中島公園は池から紫陽花が見られる

中島公園の紫陽花

豊平館や八窓庵、2つの国の重要文化財がある豊平公園は、すすきのからも近いことがあり、観光スポットとしても人気の場所です。

桜の名所にもなっていますが、紫陽花鑑賞にもおすすめの場所です。

中島公園のボート

ボートに乗れば池から紫陽花を鑑賞するもできます。

  • 住所:〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1-1
  • 電話番号:011-511-3924
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:園内散策だけなら24時間(ただし深夜は危険)
  • 定休日:なし(施設によっては季節営業・定休日あり)
  • 入場料:なし(施設によっては別途、料金が必要)
  • 駐車場:なし(一部障害者用等あり)
  • マップコード:9 462 389*76 
  • 中島公園 公式サイト

紫陽花を見に行こう!

本州に比べると紫陽花はそれほど北海道・札幌では目立った花ではありませんが、やはり夏の花としてのイメージが強く見ていて爽やかな気分になる花ではないでしょうか?

そして面白いのが、札幌では、紫陽花とひまわりとコスモスを同時に見ることができるということ。

7月後半から8月上旬になると道路の植え込みに植えられた紫陽花とコスモスが同時に咲いていることも普通にあります。近くの家の庭にひまわりが植えられていたらひまわりも同時に見ることができます。

本州だと、初夏・盛夏・初秋の花が同時に見られるって非常に珍しい光景ですよね。

札幌に住むまで気が付かなかったのですが、こういう面白い景色が見られるところも札幌で面白いところだな~と3年目になっても思う日々です。

ハート型の紫陽花

ハート型に見える紫陽花もたまにあったり、楽しい紫陽花鑑賞です。

以上、豊平公園の紫陽花とおすすめの紫陽花鑑賞スポットについてでした。

北海道
このブログを書いてる人

通称:鈴木こあら

旅行・温泉とカメラ、そしてブログを書くのが好きなおっさん。
すべての都道府県で最低1箇所は温泉に入り、合計700箇所ほどの温泉に入った温泉ソムリエです。
出身は愛知県ですが、現在は関東から北海道・札幌に移住してさっぽろテレビ塔の近くに生息しています。

フォローしてください!
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました