ショートブレッドフィンガー(クッキー)は「Walkers」「Cath Kidston」どっちが美味しいか食べ比べてみた

スポンサーリンク

ショートブレッドフィンガー(SHORTBREAD FINGERS)というお菓子、クッキーなのですが、かなり好き、いや大好き、もう大大大好きな鈴木です。

結構高くて8本入で500円前後。だからあまり買えないのですが、特売なんかしていた時にはまとめ買いをついついしてしまいます。

このショートブレッドフィンガーですが日本だとWalkers(ウォーカー)が一番多く流通しているように思いますが、キャスキッドソン(Cath Kidston)やキャンベル(Cambells)も多少流通しているように思いますが、キャンベルは本当に見かけないんですよね・・・

でたまたま行った先で「Walkers」「Cath Kidston」のショートブレッドが並べて販売していたので思わず購入。食べ比べてみました。

ショートブレッドフィンガー「Walkers」「Cath Kidston」

スポンサーリンク

ショートブレッドフィンガーはイギリス産のお菓子

ショートブレッドフィンガーはイギリス産のお菓子です。

日本だとショートフィンガークッキーという人の方が多いように思います。

商品名にはビスケットと書かれています。

ショートブレッドフィンガー「Walkers」「Cath Kidston」

裏面には原産国「英国」と記されています。輸入元も同じところ。

内容量も重さも同じ。イギリスだとこれって結構スタンダードなのかどうかは知りません(^_^;) 

だって行ったことないし。

ショートブレッドフィンガー「Walkers」「Cath Kidston」

見た目は見てもらったとおり、カロリーメイト。

どっちが先なんだろう?

カロリーメイトの方がたぶん後ですよね。でもこれをモデルにしたことは間違いないと思います。

ショートブレッドフィンガー「Walkers」「Cath Kidston」見た目の違い

ショートブレッドフィンガー「Walkers」「Cath Kidston」

Walkersの方が色が濃くなっています。。またヒビもWalkersの方が少なくなっていました。

ショートブレッドフィンガー「Walkers」「Cath Kidston」

並べてしまうとあまり変わりませんが、手前がCath Kidston、奥がWalkersです。

穴の数はともに13個、これも何か意味があるのかどうかなんてことは知りません。

ショートブレッドフィンガー「Walkers」「Cath Kidston」食べ比べた結果

両方を交互に、都度口の中をすすぎながら食べてみました。

バターの風味はややWalkersの方が強いように感じました。食感はCathKidstonの方が僅かにしっとりした感じ。

どちらが美味しいかと言えば微妙ですがWalkersかな。でも食感はCathKidstonの方がよくて、結果としてはドロー(引き分け)という結果に。

奥さんはサクサク食感の差でWalkersの方が美味しいかな?ということでした。

本当にサクサク感も僅かな差でしかありません。

ショートブレッドフィンガーはどこで買える?

Walkersはカルディ等の輸入食品のお店でよく販売されています。

CathKidstonはCathKidstonのショップでたまに見かけますね。

CathKidstonは以前はネット通販で見かけましたが最近は見かけなくなりました。

Walkersは楽天市場やamazonでも購入出来ます。

一度食べ比べてみませんか?

午後のお茶の時間におすすめのお菓子です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です