本当におすすめしたい商品なら後から特単がついてくるし、ランキングに正直なアフィリエイターもいる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフィリエイト アフィリエイト

アフィリエイトの批判についてのTweetを見るとモヤる鈴木です。

最近Twitterでよく見かけるのは「ブログとかでサービス・商品のランキングはアフィリエイトの報酬額順だ」というもの。

確かにそういう傾向はあるし、まあ、そうでしょww

でも、そういうアフィリエイターばかりでは無いんですよ。

本当に良い商品・良いサービスなら報酬額を無視してランキングで1位にしておすすめしているアフィリエイターも実際にいるんです。

そして信じられないかもしれませんが、アフィリエイトを始めたばかりの人は本当に良い商品・サービスと思うのなら、徹底的に紹介すると本当に報酬額順になることもあります!

スポンサーリンク

初めての特単をもらった時の話

僕が行っているアフィリエイトで、このサービスは本当に良い!というものがあって、そのサービスについて徹底的に調べていろいろ書いていたんですね。

ランキングも行っていたので当然1位にしていました。

そのジャンルの中でそのサービスは、アフィリエイトの報酬単価は中くらい。良い訳でも無いけど悪い訳でも無い、そんな報酬でした。

もっと良い報酬の案件はいくつもあったのですが、本当に自信をもって勧められるサービスだったので、その案件を1位にしていた訳です。

で、どうなったか?というとある程度、発生するようになり、そこそこ稼げるようになって来たところで、ASPから特単の連絡が来ました。初めて特単をもらえるようになった訳です。

しかも特単の金額が凄く高い!

結果的にランキング1位は報酬単価が一番高いものになりました。

でも、これ悪いことですか?

いろいろ比較して調べて、徹底的に記事にして結果、特単をもらい、ランキング1位は報酬単価が結果的に1番高いものになった。

報酬別のランキングよりもまずは自信を持てるものを売り込もう

アフィリエイターで報酬順にランキングをしている人は、確かに大勢います。

それはそれで戦術の1つだし、否定はしません。

でも、アフィリエイトを始めたばかりの人がそういう戦術を取ることはおすすめしません。

理由は、アフィリエイトを始めたばかりなら

  • 特単も無い
  • 信用も無い
  • アクセスも無い
  • 文章力も無い・セールスライティングも書けてない
  • 文章に情熱・熱意も感じない

こんな状況でたまたま見つけてもらった時にどこにでもある情報だけになってしまい、また同じこと書いてあるって思われて、そのまま離脱されちゃいますよ。

何より検索結果の上位に表示されません。

でも本当に良い商品・サービスだと思って書く記事って文章力が無くても熱意が感じられる記事になったりして人を動かすことが出来ることも多々あるんです。

そして本当に自信を持っておすすめ出来る商品・サービスであれば、そういう商品・サービスを出している会社はきちんとアフィリエイターも見ていて、このサイトなら特単出しても良いかな?と思って特単をくれたりするものです。

結果的におすすめ1位が報酬単価が一番高いものになっていきます。

もちろん中にはひどい広告主もいて、特単をくれないところもあります。

でも、そういう広告主の商品・サービスって大体は実は良いものじゃ無いんですよ。

何より報酬単価の高い順にランキングをしているから当然、売れているので結果として大した数量で無ければ特単なんて出してもらえないんですよ。

何より

数多く売っているのは歴戦の中を戦い抜いた凄腕アフィリエイターですから、アフィリエイトを始めたばかりのあなたが同じランキングにしていたって、特単の話なんて来ません

特単が早く欲しい!アフィリエイト収入を早く上げたい!と思っているのなら、逆に本当に良い商品・サービスを徹底的に売り込んでみてください。

すると特単は後からついてきます。

思い込みは目を曇らせる

アフィリエイトサイトを見て、あれ?このランキング何でこんな風にしてあるんだろう?と思うサイトを見かけるとことがたまにあります。

それ他のサイトなら3位か4位くらいで報酬単価も低いはずなのに・・・と思う訳です。

で、実際に調べてみると本当に良い商品・サービスだったりするんです。

でも、最初からランキングはアフィリエイト報酬の高い順だ!と思い込んでいる人はランキングを信じていないので、良い商品を見落としてしまうことにもなるんですよ。

僕がそうでしたから!(´;ω;`)

思い込みって本当に目を曇らせるんですよ。

アフィリエイトを批判している人は正しいことを言っている!と盲目的になっている人もたまに見かけたりするのですが、アフィリエイトを批判している人のブログを見に行ったら、もうアフィリエイト広告ばかりで・・・なんてこともよくある話です。

アフィリエイトを批判しているライターが、記事広告のためにロクでもないものを絶賛していたり。

取材をしないキュレーションメディアをいい加減だ!と批判している人が、取材対象の施設の休館時にいって取材せずに噂だけで「がっかり施設だ!」と書いた記事を拡散したり。

良い人だと思っている人でも実はダブルスタンダード・二枚舌なんてことはよくある話なので、盲目的に信じてしまう、盲目的に信じないって本当に危ないんですよ。

だから本当に思い込みは視野を狭めるので自分の頭で考えてくださいね。

以上です。

PS. この記事に対するTweetのコメントで「こあらを信じるな!ってことですね、わかります」というのはお約束的すぎるのでお控えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました