グルメ情報系のアフィリエイトは食べ物紹介よりも別の角度の方が良いと思う

スポンサーリンク

グルメ系の記事を書いてアフィリエイトをしている人も多いと思いですよね。

読んで面白いし参考になる記事も多いのですが、そういうブログを書いている人に話を聞くとほとんどコンバージョンしていない(成果が発生していない)という人が意外と多いんですね。

何でだろう?面白いし参考になるのに・・・って思っていたのですが、よくよく考えたらそれは当然かな?と思う節がありました。

レストラン Don

そもそもあまり継続的に読まれない問題

グルメ系のレビュー記事を参考にする人は多いと思うのですが、膨大な量のあるレビューから自分のブログを選んで読んでもらうってかなり厳しいですよね。

RSS登録や読者登録をしてくれている定期購読をしてくれる人がよほど多くない場合は、Google等の検索で来てもらうしか無い訳です。でも店名をメインキーワードにしても当然グルメ情報系のWebメディアに勝つことは非常に難しいし他にも有名なお店はブログに書く人も非常に多いですからそもそも読まれないことが多くなります。

だからグルメ系のレビューを書いてアフィリエイトをしていてもそもそも読まれない記事だから成果が発生しにくい訳です。

美味しいかどうかを知りたい訳じゃ無い

グルメ系のレビュー記事は概ね、料理の写真が多くなるのですが料理の内容って季節によって変わるので3ヶ月後には意味が無くなる訳で。1年後ならと思うけど1年後には同じ食材で行う訳じゃ無い訳で。

それに美味しいかどうかなんて、グルメ系情報のWebメディアで散々書かれているからそれで十分な訳で。

それとグルメ系のアフィリエイトの場合は予約をしてもらわないとコンバージョンしない訳だから、予約をしようと考えている人を対象にしなければ当然売れない訳ですよ。

美味しいかどうかの情報を探す人の多くはおそらくグルメ情報系のWebメディアを見ちゃいますから。

つまり美味しいかどうかよりも予約するのにふさわしいお店がどうか知りたい訳です。

一定の間隔でコンバージョンしている記事を紹介

某ひと休みとも言えるレストラン予約サイトがあります。僕のあるサイトで結構メインの収入源になっています。その記事を紹介するとこちらの記事

>>【東京夜景】無料で楽しめる夜景デートスポット!東京都庁舎

月に定期的に3~5件くらいの成果が発生しています。

でもレストランの内部の写真も無いし食事の内容も一切書いていません。というより僕は食べていませんから!

でも定期的に成果が発生するんですよ。それはなぜか?実際に記事を見てもらって考えてください。

多分、レストランからの風景や刺さる言葉を設定すればもう少しコンバージョンするとは思うんですけど、単価低くて面倒でやってない(^_^;)

参考までに上記の記事のスペック

  • 文字数:1387文字
  • 9月のPV数:406PV
  • 「都庁 夜景」でGoogle 5位(2016/10/1現在)
  • 「都庁 夜景 デート」でGoogle 1位(2016/10/1現在)
  • 「都庁 デート」でGoogle 1位(2016/10/1現在)

たかが1400文字程度でもこれくらいのキーワードなら上位取れますよ(というポジショントーク)。

で何が言いたいかと言えばデートで良いお店を探している人にはそれなりに刺さっている訳です。それにデートで情報を求めている人が文章を真剣に読むのか?ということ。それよりは写真で雰囲気を伝えた方がコンバージョンしやすいとも言えます。

グルメ情報系で成果が発生しないという方は、そもそもその記事はどういう人に読んでもらいたいのか考える方が良いと思います。

なお、ぐるなびや一休等のレストラン紹介ならASPとしてはバリューコマースがいろいろと案件を持っているのでおすすめです。

>>バリューコマースをチェックしてみる

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です