年末年始に2泊3日の伊豆へ温泉旅行!お正月に伊豆旅行を考えている方へ渋滞・混雑具合を回避するおすすめのルートも紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
黒根岩風呂 東海

年末年始は温泉旅館に泊まってゆっくり過ごしたい温泉ソムリエの鈴木です。

年末年始の12月30日から1月1日まで伊豆へ温泉旅行に行ってきました。

でも年末年始の伊豆って関東・東京方面から向かうと渋滞とか物凄くしていそう・・・と思いますよね。

たしかに渋滞に巻き込まれることもありますが、ルートによってはそれほど混雑せずに行くことも出来ます。

また年末年始の宿って10月過ぎたら取りにくいのでは?と思うかもしれませんが、それなりには取れるものです。

家族サービスや奥さんサービスも兼ねていく場合の観光モデルコースも含めてどんな様子であったか説明していきます。

スポンサーリンク

年末年始の伊豆は伊東から東伊豆が人気

今回は東伊豆の温泉と伊東温泉の2ヶ所に宿泊するプランでした。

伊豆と言えば天城湯ヶ島や土肥・堂ヶ島方面も人気ですが、年末年始は圧倒的に東伊豆・伊東温泉といった伊豆半島でも東側が人気です。

なぜ人気なのか?

答えは非常に簡単で海から昇る初日の出を宿から見よう!という人が予約するからです。

西伊豆や山間部だと海から昇る初日の出は見れないので、どうしても伊豆でも東側に集中してしまう傾向があります。

もちろん年末年始の伊豆はどこも混雑するのですが、中でも東伊豆は混雑するので宿の予約は早めにしておく必要性があります。

人気のホテル・旅館は11月だとほとんど埋まっています。

10月中には予約しておくことをおすすめします。

目次に戻る

伊豆旅行1日目 12月30日・真鶴道路の大渋滞にはまる

伊豆へは東名高速を使い、途中から小田原厚木道路を通り真鶴道路へ。

これが間違いの元。大渋滞に巻き込まれ疲れました。

真鶴道路

真鶴道路は海沿いを走るので景色は良いのですが、大体渋滞が起きているところなんですよね。

その解決方法は見切ったので今後伊豆に行く時は別のルートで行くことをおすすめします。

そのルートは真鶴道路を使わず東名高速で御殿場まで向かい、伊豆スカイライン経由で向かうのが良いそうです。

詳しくは下記記事を参考にしてください。

目次に戻る

1日目の宿泊地 北川温泉 星ホテル

12月30日に泊まったのは東伊豆の北川温泉 星ホテル。

貸切露天風呂が5つあり空いていれば好きなだけ夜中でも入れるのが売りの温泉宿です。

ここに泊まった理由は

  • 11月の時点でまだ予約が出来たから
  • 北川温泉には朝日を見ながら入れる日帰り入浴専門の露天風呂があるから

この2つです。

つまり11月には空いている可能性がありますが12月に入るとそれなりに良い宿は予約出来なくなります。

伊豆で見たムーンロード

ここで見たムーンロード(というらしい)が素晴らしく綺麗で、物凄く印象的でした。

露天風呂から見る月

貸切露天風呂からも海と月を見ながら入れて最高!

もちろん駄目なところもある宿ですが、温泉からの景色と湯質はよくて素泊まりでまた行きたいな~と思う宿でした。

目次に戻る

今年最後の日の出を温泉から見る・北川温泉 黒根岩風呂

北川温泉の宿に泊まると無料で入れる黒根岩風呂。

目の前が海で温泉に入りながら日の出を楽しめる絶景露天風呂。

黒根岩風呂

黒根岩風呂

ここの温泉は凄く好きで今まで5回くらいは入っているかな?

というくらい入浴しているものすごくお気に入りの絶景露天風呂です。

以前は混浴でしたが今は男女別になりました。

目次に戻る

伊豆の名所・城ヶ崎海岸でガクブルしながら写真を撮る

2日目、次への旅館の前に観光を。

東伊豆の有名な観光地と言えば城ヶ崎海岸(門脇岬)

城ヶ崎海岸

門脇岬の横にある岬の先端からみた「つばくろ島」。

この写真を撮るために断崖絶壁の先に立ってガクブル足を震わせながらの撮影したのは良い思い出です。

城ヶ崎海岸

有名な門脇吊橋も渡りましたよ。でもここは怖くは無いかな。

目次に戻る

大晦日から元旦に宿泊・伊東温泉 ホテル伊東パウエル

2日目、大晦日から元旦にかけて泊まったのが伊東温泉のホテル伊東パウエル

伊東温泉 ホテル伊東パウエル

凄く良い景色の露天風呂に見えますよね。でもようは写真の撮り方。

それなりに落ち着いて撮るとこんな綺麗な絶景温泉を撮影出来ます。実際の温泉は下記の写真の通りです。

伊東温泉 ホテル伊東パウエル

それでも加水なし(循環ろ過はあり)で海が見える温泉は開放感があって満足。

伊豆での初日の出

そして宿泊した部屋のバルコニーから初日の出を見ましたよっと。

落ち着け、そして餅つけ

この温泉宿の恒例で三ヶ日の朝に餅つき大会があって見学に行きました。

当然見て食べるだけのつもりが何故か指名されて餅をつくことに。

餅つき

写真は奥さん撮影。

前日に城ヶ崎海岸で体力を使い果たしていたのでかなりのへっぴり腰。

餅つきでついたお餅

つきたてのお餅は非常に美味しかったですよ。

目次に戻る

富士山をひたすらみるドライブコースと十国峠

元日は奥さんサービスで御殿場プレミアムアウトレットへ。

でも東伊豆の国道135号線は渋滞気味ということで伊豆スカイライン経由で芦ノ湖方面から御殿場入りしました。

その途中で富士山をたっぷり見ながらドライブです!

富士山

十国峠ではケーブルカーにも乗りました。

十国峠

三国峠は富士山を裾野からすべて見ることが出来て大満足

三国峠

このルートだとほぼ渋滞なしで御殿場近くまで抜けられるのが良いところ。

目次に戻る

御殿場プレミアムアウトレット

そして最後に奥さんサービスの御殿場プレミアムアウトレットへ。

御殿場アウトレット

渋滞にはまるも渋滞に巻き込まれたのは1時間ちょっとで隣接した駐車場に停めることが出来ました。

なお、僕のものは1つも購入してないというか欲しいものが無いというか・・・。

でもアウトレットが好きな女性って多いですから、奥さんや彼女が好きなら連れて行くと喜ばれます。

なお1月2日と1月3日の箱根・御殿場付近は、箱根駅伝の影響で大渋滞になるので、元旦の内に離れることをおすすめします。

目次に戻る

締めは初詣!鎌倉 鶴岡八幡宮

今年を含めて5年連続で初詣は鎌倉の鶴岡八幡宮。

伊豆旅行の帰りによって初詣を行ってきました。

鶴岡八幡宮

夜に行くと渋滞にもならないし、駐車場もすぐに見つけられるのでおすすめです。

なお大晦日だとめちゃくちゃ混雑している上に交通規制も厳しいので気をつけて下さい。

目次に戻る

おまけ・ニューサマーオレンジソフト

今回の旅行で食べたソフトクリーム、「伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと」の「ニューサマーオレンジソフト」

ニューサマーオレンジソフト

お値段380円なり。

さわやかな酸味で食感もソフトアイスではなくソフトクリームという素晴らしい逸品。

これはまた食べたい!!!

目次に戻る

伊豆の旅館の予約はお早めに

今回泊まった宿は11月になってから予約しましたが、遅くなればなるほど良いホテルは予約が埋まっていきます。

年末年始に出来るだけ良いホテル・旅館に泊まりたいのなら早めに予約を行うようにしてください。

特に海から昇る初日の出が見られる東伊豆のホテル・旅館は12月に入るとほぼ予約は取れないので、出来れば10月には予約しておくことをおすすめします。

以上、年末年始の伊豆旅行でした。

東海
このブログを書いてる人

通称:鈴木こあら

旅行・温泉とカメラ、そしてブログを書くのが好きなおっさん。
すべての都道府県で最低1箇所は温泉に入り、合計700箇所ほどの温泉に入った温泉ソムリエです。
出身は愛知県ですが、現在は関東から北海道・札幌に移住してさっぽろテレビ塔の近くに生息しています。

フォローしてください!
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました