お正月限定御朱印のいただける新川皇大神社に初詣に行ってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新川皇大神社 お正月の限定御朱印 北海道
新川皇大神社 お正月の限定御朱印

御朱印巡りにそこそこハマっている鈴木です。

札幌の神社の御朱印はほぼいただいたのですが、札幌市北区にある新川皇大神社という神社でお正月の三賀日だけ出しているという限定御朱印があるということで1月3日に御朱印をいただきに初詣に行ってきました。

*正確には初詣では無いのですが気分的に初詣ということで

過去に2回ほど参拝にいって御朱印もいただいているのですが、やはり限定御朱印となるといただきたくなるもので、安全のために公共交通機関で行ってきたので、その時の様子や注意点をお伝えします。

スポンサーリンク

新川皇大神社について

新川皇大神社

新川皇大神社は札幌の中心地からだと正直アクセスの悪い場所にあります。

でもなぜかいつも参拝者がいる人気の神社です。

1904年(明治37年)創祀の神社で本州に比べれば歴史の浅い神社ですが、札幌の中では歴史がある神社と言えます。

新川皇大神社の御祭神とご利益

新川皇大神社は6柱の御祭神が祀られています。

  • 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
  • 豊受毘賣神(とようけひめのかみ)
  • 品陀和気命(ほんだわけのみこと)
  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 少彦名命(すくなひこなのみこと)
  • 三宝荒神(さんぽうこうじん)

ご利益は下記の通り

  • 病気平癒(へいゆ)=少彦名命(すくなひこなのみこと)より
  • 縁結び=大己貴命(おおなむちのみこと)より
  • 受験・学問=品陀和気命(ほんだわけのみこと)より
  • 開運・勝運=天照大御神(あまてらすおおみかみ)より
  • 商売繁盛=豊受毘賣神(とようけひめのかみ)より
  • 厄祓・防災=三宝荒神(さんぽうこうじん)より
  • 動物・ペット守護=馬頭大神(ばとうおおかみ)より

境内には上記の説明がわかりやすく書かれています。

目次に戻る

新川皇大神社へのアクセス方法・行き方

お正月早々、事故に合いたくないし安全第一で公共交通機関で行くことに。

札幌の中心部から新川皇大神社へ公共交通機関で行く場合は地下鉄南北線(さっぽろ駅・大通駅・すすきの駅と札幌の中心地を走っている地下鉄)に乗車して、北24条駅へ

北24条駅から北海道中央バス「北72 新川線」に乗ります。

他の地下鉄駅からもバスは出ていますが、一番本数が多いのが北24条駅なので、北24条駅からバスに乗るのがおすすめです。

と言っても1時間に3本くらいですが。

そして「西陵橋」バス停で下車、そこから徒歩2~3分で新川皇大神社に到着します。

西陵橋バス停付近

西陵橋バス停は新川という川に沿ってあるのですが周りには何もなく、元旦頃の札幌だと寒々しい景色が広がっています。

川沿いで遮るものが無いのでかなり厚着で来ないと非常に寒いエリアです。

それと道がかなり凍結している時があるので、冬場は防滑靴か滑り止めをつけた靴で来ないと転びます。

新年早々怪我はしたくないもの。特に合格祈願に来ていて・・・ということで滑らないように来てください。

目次に戻る

新川皇大神社 お正月の様子

新川皇大神社

訪れたのは1月3日のお昼12時を少し過ぎたくらいの時間。

1月1日は激混みという話を聞いていたのと1月2日もそこそこ混んでいるということで、3日に訪れました。またお昼時だと食事をしている人も多いだろうということで、他の時間よりは空いているかな?と思い、この時間にしています。

結果、予想通りそれほど混雑はしておらず、長い時でも5分も待てば参拝出来る状態になっていました。

新川皇大神社

新川皇大神社には社務所の前に駐車場があるのですが、この時期は混雑緩和のために閉鎖されています。

代わりに神社の裏側に臨時駐車場が用意されていますが、そちらは満車にはなっていないもののそこそこ混雑はしている状態でした。

通常の駐車場には露店も出てお祭り気分になっていたのが嬉しいところ。

新川皇大神社

手水舎の前に干支の小さめの石像が並び、自分の干支、もしくは願う干支(干支の動物によりご利益が異なる)を撫でてから拝殿へと向かいます。

新川皇大神社

そして参拝

安定したサイト運営が出来るようにお願いしてきました。

目次に戻る

新川皇大神社のお正月特別御朱印をいただく

新川皇大神社

参拝が終わったら臨時で作られているお守り等を販売しているプレハブの授与所へ。

新川皇大神社

普段は上記の写真の通り、プレハブの建物はありません。

新川皇大神社

三賀日の授与所の受付時間は

  • 元旦:0:00~20:00
  • 2日:9:00~19:00
  • 3日:9:00~18:00

以降は通常の受付時間になり9:00~17:00となります。

新川皇大神社 お正月の限定御朱印

新川皇大神社 お正月の限定御朱印

新川皇大神社の御朱印はデザインそのものは三賀日で変わりませんが、台紙がかわります。

御朱印帳への記帳は三賀日は行っておらず書かれたものをいただくことになります。

3種類ともいただきたい場合は3日間通うことになります。

新川皇大神社 期間限定御朱印

今回は3日に訪れたので、紺色の台紙の御朱印をいただきました。

初穂料は1枚500円となっています。

 新川皇大神社 御朱印

なお通常の御朱印は上記の写真の通り、干支の印鑑を押してもらえるので、毎年デザインが少しだけ変わります。

通常の御朱印は初穂料300円です。

目次に戻る

新川皇大神社の詳細

  • 住所:〒001-0923 北海道札幌市北区新川3条13丁目3-12
  • 電話番号:011-765-7880
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 社務所受付時間(通常):9:00~17:00
  • 御朱印:あり(干支の印鑑を押してもらえます)
  • 定休日:なし(出張祈祷等で不在時あり)
  • 拝観料:なし
  • 駐車場:あり(無料・満車の場合もあり)
  • マップコード:9 666 707*60
  • 公式サイト:新川皇大神社
  • 公式ブログ新川皇大神社 ブログ

札幌市内でお正月だけの特別御朱印があるのは僕が知る限り新川皇大神社のみです。

お正月期間に札幌に旅行に来ている人や御朱印集めが好きな人は三賀日は特別な御朱印がいただける新川皇大神社に訪れてみてはいかがでしょうか?

目次に戻る

以上、新川皇大神社についてでした。

北海道
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました