Pixel3aが出たから、Pixel3XLを購入した

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Pixel3XL 格安SIM・スマホ

やっぱりiPhoneよりもAndroidの方が好きな鈴木です。

MNOのスマホはここ数年はiPhoneを使うようにしていたのですが、やっぱりAndroidが好きなこともあり、今度の機種変更(もしくはMNP)の時はAndroidに戻そうと考えていました。

で、Androidでも何にするかな・・・と考えていたのですが、Pixel3aが登場したということで、Pixel3XLにすることにしました。

スポンサーリンク

廉価版のPixel3aかハイスペックなPixle3か

廉価版とハイスペック版を比べた時、どちらを購入するかなんて、人それぞれですがやはり使いやすいのはハイスペック版なんですよね。

ゲームとかしない人なら廉価版で十分!という人も多いのですが実際にはそうでも無いんですよね。

今まで廉価版とハイスペックのスマホで両方とも購入したのはZenFoneシリーズ。

というかZenFone4シリーズまではZenFoneを全部購入していました。

で、ゲームは滅多にしない僕でも、ハイスペックの方が何かと便利なんですよ。

特に最近はスマホで撮影することも多いのですが、タイムラプスを撮影した時に、撮影が終わった後の処理にかかる時間はやはりハイスペックの方が体感的にも短いんです。

だからいくら安くなったからといって、Pixel3aを購入する気になれず、Pixel3XLにしました。

スペック等の違いはいろいろなサイトで書いているのでそちらをご覧ください。

まあPixel3aが出ていても出て無くても、Pixel3XLにしようと考えていたんですけどね。

Pixel3XLを使った感想

Google Pixel3XL

北海道に来てから、スマホの情報を積極的に集めることも無くなり、久しぶりに購入したAndroidのスマホは、3つボタンが当たり前だった世代からすると少し違和感があったもののの、すぐに違和感は解消され使いやすく感じました。

何よりも物理ボタンではないけどソフトウェアボタンでも良いから「戻るボタン」があるというのは使い慣れた僕にはかなり便利。

iPhoneのスワイプで戻るという動作がどうも苦手でやはり指先でポンっと押すだけで戻れるのって好きなんですよ。

違和感のあるPixel3の写真画質

Pixle3のカメラはネット上ではそこそこ評判がよくてかなり期待していたのですが、確かに性能的には良いのかもしれないけど、これじゃない感が僕の中ではかなりあるんです。

Google Pixel3XLで撮影した風景

Pixle3XLで撮影した札幌の大通公園の写真です。上記写真クリックで原寸大の写真になります。

iPhone8 Plusで撮影した風景

上記の写真はiPhone8Plusで撮影したもの。

Pixel3XLの方が

  • 全体的に明るくクリア
  • 雲の陰影もしっかりと捉えて立体的な印象

で綺麗に撮影出来ているんですけど、僕の目だとHDR加工された写真のようでどうも好きになれないんですよね。

ただ光量がしっかりと足りている写真は特に気になることもなく結構気に入っています。

Google Pixel3XLで撮影した風景

札幌の大通公園、青空の部分は雲の陰影がしっかりと撮影されているけど、曇り空ほどの不自然さが出て無くて割と好みです。

花も綺麗に撮影出来ています。

上記はiPhone8Plusで撮影したものです。

Pixel3XLで撮影

Pixel3XLで撮影

iPhone8Plusで撮影

iPhone8Plusで撮影

*クリックで拡大します。

どちらが綺麗に見えるかは人によって分かれると思いますが、クリックして拡大したものを見てもらうとPixel3XLで撮影した方がより高精細に撮影出来ているのがわかります。

一番の問題は僕の撮影テクニックが足りていないことです。

なお、Pixec3XLはRAW撮影も可能です。ただしかなり動くが遅くなります。読み込みに時間がかかっているような感じでした。

あまりの遅さにデジカメに慣れていると、イラっとして使う気になれませんでした。

恐らくPixel3aだともっと遅く感じると思うので実用的では無いと思います。

これから買うなら「Pixel3a XL」か「Pixle3 XL」か?

Google Pixel3XL

先に紹介しているGigazine等の記事でも書かれていますが、カメラ性能は同じといっても、Pixle3XLの方がくっきりしているそうです。

またゲームやARやVR機能をフルに使うということであればやはりスペックは高い方が良いので、Pixel3XLを買う方が良いでしょう。

普段使うのが普通のカメラとSNSとGoogle Mapや検索くらいということであればPixel3a XLやPixel3aで十分すぎると思います。

僕の場合、最近はタイムラプス画像をスマホで撮ることが多く処理時間が短い方が良いと感じていたので迷いなくPixel3XLにしました。

Pixel3 XLで撮影したタイムラプスムービー

実際にPixle3 XLでいくつかタイムラプスムービーを撮影してみました。

Google Pixel3XLのタイムラプスムービー撮影画面

Pixel3 XLでのタイムラプスムービーは、等倍・5倍速・10倍速・30倍速・50倍速から選べるのがメリットです。

iPhoneだと標準では自分で倍速を選べないのが残念なところです(アプリを購入すれば自分で倍速設定が可能にはなりますが)。

札幌市電(路面電車)西4丁目駅から石山通駅までの半周

上記のタイムラプスは10倍速です。

円山公園 北1条通のタイムラプスムービー

こちらも10倍速です。

大通公園とさっぽろテレビ塔をバックに雲の動き

こちらは30倍速となっています。

YouTubeにそのままアップするとかなり画質が劣化しますが、スマホからパソコンに取り込んで見る分にはもう少し綺麗に見えます。

なお自転車ではどうやって撮影しているかについては下記記事をご覧ください。

Pixel3XLのスマホカバーや液晶保護

今回、Pixel3XLを購入するにあたってスマホカバーは下記のものにしました。

文庫タイプのスマホカバー

文庫本タイプのスマホカバーです。何気に外で使っていたらチラチラをよく見られました。

液晶保護はいつもあまり考えず、ラスタバナナの光沢タイプで全面保護のものを購入しました。

Google Pixel3XL 液晶保護

特に違和感なく使えています。

基本的に僕はグレア液晶(キラキラしている画面)が好きでアンチグレア(反射しない画面)が好きじゃ無いということもあって光沢タイプを選んでいますが、まあこれは好みの問題です。

Pixel3でアンチグレアの液晶保護を貼っている方もいますよ。

しばらくはPixel3XLをメインスマホにして使ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました