24枚で綴る、是非見て欲しい札幌の美しい景色&スポット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
さっぽろ雪まつり時のさっぽろテレビ塔の階段から見る大通公園 北海道

写真を撮るのは好きだけど、一向にスキルが上がらない鈴木です。

札幌に住んで2年半ほど、いろいろな観光スポットには行きました。おすすめの観光スポットは別のサイトで書いているので、よければ見てください。

札幌で札幌・北海道らしいおすすめ観光スポット21選!札幌移住者からの視点
札幌移住者が短期間で札幌の観光スポット300カ所以上に行き、全国の観光スポットをかなり見て来た中で札幌に最初から住んでいる人よりも客観的に、そして札幌・北海道ならではの本当におすすめの観光スポットを紹介していきます!

ただこれはあくまでも「観光で行くのなら」ということであって、もし札幌をフィルム1本に相当する24~36枚で残そうとした時に、どこをいつ撮影して欲しいかな?と考えたんです。

だから観光で訪れたいスポットではなく純粋に「この季節のこの場所」と思える札幌の場所を24箇所紹介します。

つまり何枚も撮影出来ないフィルムカメラの時代であったとしても写真に残したい景色で選んでいます。

あくまでも僕の好きな景色であって、必ずしもおすすめ出来る場所ではありませんが、共感してくれる人がいれば嬉しいな・・・

なおきっかけは下記のツイートです。

なお順番は特に意味はありません。それぞれが本当に素晴らしい景色で順位なんてつけられませんから。

また撮影はデジタルカメラでしています。

スポンサーリンク

藻岩山山頂からの夜景

札幌 藻岩山からの夜景

札幌に来て一番びっくりしたのが、藻岩山山頂から見た夜景です。

圧倒的なスケールの夜景で、都市の夜景としては僕の中で3本の指に入るほど、と言ってもそれほど見ている訳ではありませんが。

東京の高所の夜景スポットにはいろいろ行きましたが、そのどこよりも美しいと思った場所です。

特に冬の空気が澄んで晴れ渡った夜はもう、寒さも忘れて1時間くらい見てしまったほど。

地上530メートルの高さからガラス越しではなく肉眼で見る夜景、本当におすすめです。

  • 住所:〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7
  • 電話番号:011-561-8177
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 夏季営業時間:10:30~22:00(上り最終21:30・4/1~11/30)
  • 冬期営業時間:11:00~22:00(上り最終21:30・12/1~3/31)
  • 注意事項:大晦日・元旦の営業時間は異なる
  • 定休日:無し(ただし11月初旬から中旬は設備点検のため休業)
  • ロープウェイ料金:往復 大人1700円
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 400 432*08
  • 公式サイト:札幌 もいわ山ロープウェイ

目次に戻る

平岡樹芸センターの紅葉

平岡樹芸センターの紅葉

例年であれば11月上旬に見頃を迎える平岡樹芸センターの紅葉

特に上記写真の紅葉のトンネルは凄まじく美しいんです!

紅葉のトンネルと言っても長さは100メートルも無いくらいです。

11月上旬で閉鎖されてしまうため、いつもギリギリの一番美しい景色を狙うカメラマンで11月上旬はかなり混み合います。

  • 住所:〒004-0874 北海道札幌市清田区平岡4条3丁目1
  • 電話番号:011-883-2891
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 開園時間:8:45~17:15
  • 開園期間:4/29~11/3(紅葉の状況により延長あり、冬期はイベント時開園)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
  • 入場料:無料
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 324 018*42 (駐車場入口に設定)
  • 公式サイト:平岡樹芸センター

目次に戻る

ラベンダーが咲き乱れる7月上旬頃の幌見峠ラベンダー園

北海道でラベンダーと言えば富良野が有名ですが、富良野のラベンダー園の景色よりも好きなのが、札幌の幌見峠ラベンダー園からの景色。

富良野のラベンダー園からの景色も本当に美しいのですが、牧歌的な美しさなんです。

でも幌見峠ラベンダー園の景色はラベンダー園と人口200万人近くが住む札幌という大都市のアンバランスな景色が楽しめる景色で、そのアンバランス差が凄く好きなんです。

これはもちろん好みの問題なんですが、

  • 山脈とラベンダー園
  • 都市とラベンダー園

どちらの組み合わせが好きか?ということであって、一概には比べられるものではありません。でも僕には「都市とラベンダー園」という景色が凄く好きだったということに気付かされた景色でした。

  • 住所:〒064-0945 北海道札幌市中央区盤渓471-110
  • 電話番号:011-622-5167
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 営業期間:例年7月上旬から8月上旬(年・開花状況により異なる)
  • 定休日:期間中は基本的に無し
  • 入場料:人のみの入場料は無料
  • 駐車場:あり(有料 3:00~17:00 500円/ 17:00~翌3:00 800円)
  • 公式サイト:幌見峠ラベンダー園

ここは記事に書いているので良ければ見てください。

目次に戻る

冬にライトアップされた北海道町旧本庁舎

北海同庁旧本庁舎

札幌の有名観光スポットの1つ、北海同庁旧本庁舎、通称「赤れんが庁舎」

昼間も非常に美しい建物なのですが、如何せん、後ろのビルが窮屈な感じを与えてしまっているのが残念なんです。

でも冬の夜、ライトアップされ白くなった屋根の赤れんが庁舎は別次元の美しさがあります。

僕が夜景の方が好きというのも多少ありますが、やっぱりライトアップされた姿の方が美しいと思うんです。

ただ2020年の冬からはひょっとしたら外観に改修工事用の防護膜がかけられてしまい、見れなくなるかもしれません。

  • 住所: 〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
  • 電話:011-231-4111
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 館内見学時間:8:45~18:00
  • 正門開閉時間:7:00~21:00(イベント時は延長あり)
  • 定休日:年末年始と一部イベント時
  • 入館料:無料
  • 駐車場:なし(近隣に有料駐車場あり・ただし満車が多い)
  • マップコード:9 522 362*30
  • 公式サイト:赤れんが庁舎 – 北海道庁

2019年からの長期休館直前に内部の様子を撮影してきているので、よければ見てください。

目次に戻る

さっぽろ雪まつり時のさっぽろテレビ塔の階段から見る大通公園

さっぽろ雪まつり時のさっぽろテレビ塔の階段から見る大通公園

さっぽろテレビ塔から見る夜景は非常に美しいのですが、残念なことにガラスがあってどうしてもライブ感が薄れてしまいます。

でも、さっぽろ雪まつりの最終日、窓ガラスの無い階段でさっぽろテレビ塔を降りることが出来る「階段くだり」というイベントが天候が悪くなければ行われ、ガラスに遮られることなくさっぽろ雪まつり開催中の大通公園の夜景を見ることが出来ます。

それがめちゃくちゃ美しいんです!

1年に1日しか見られない景色で、吹雪いていたら見られないというレアな景色ですが、それだけ見る価値のある景色です。

  • 住所:〒060-0001 北海道札幌市中央区大通西1丁目
  • TEL:011-241-1131
  • 観覧時間:9:00~22:00(最終入場21:50)(大通公園大型イベント時は22:30まで営業)
  • 観覧料:大人720円・高校生600円・中学生400円・小学生300円・幼児(3歳以上)100円
  • 公式割引チケットはこちらをクリック
  • 休館日:1月1日及び設備点検日(年2日・4月頃と11月頃)
  • 駐車場:無し・近隣に有料駐車場あり(ただし満車が多い)
  • マップコード:9 523 036*87
  • 公式サイト:さっぽろテレビ塔

目次に戻る

秋の北海道大学の銀杏並木

北海道大学 金葉祭

例年10月の後半になると北海道大学の銀杏並木がすごくきれいに黄葉して多くの人が訪れます。

期間として見頃なのは約1週間。

また例年10月の最終土日には銀杏並木の黄葉に合わせて「金葉祭」という北大の学祭が行われ、夜になると銀杏並木がライトアップされより幽玄な雰囲気となり、凄く多くの人が訪れます。

ライトアップも非常に美しいのですが、やはり紅葉は自然な状態で見る方がより美しいと感じるので昼間に見てもらうのがおすすめです。

  • 住所: 〒001-0012 北海道札幌市北区北13条西5~7丁目北海道大学構内
  • 電話:011-706-3315
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 見学可能時間:24時間
  • 定休日:基本なし
  • 入場料:無料
  • 駐車場:なし(近隣に有料駐車場あり・ただし満車が多い)
  • マップコード:9 552 690*26
  • 参考サイト:北大 金葉祭(Facebook)

詳しくは下記記事をご覧ください。

目次に戻る

冬の大倉山展望台

冬の大倉山展望台

本州から来る人だとスキーのジャンプ競技場を見たことが無いという人も多いのではないでしょうか?

大倉山展望台は大倉山ジャンプ競技場内にあり大会や公式練習時以外は一般開放されており、リフトに乗って展望台に行くことが出来ます。

そして展望台から見る景色が本当に美しい景色なんです。

ジャンプ競技場と大都市の景色、そしてその後ろに見える山脈、札幌ならではの景色で写真で残しておきたい景色の1つです。

夜景を見ることも特定の期間によっては可能で、夜景ももちろん美しいのですが、ここからの景色は晴れ渡った冬の午前中に見てもうらうのが一番美しいと思います。

  • 住所:〒064-0958 北海道札幌市中央区宮の森1274
  • 電話番号:011-641-8585
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 夏季営業時間:(GWから11月上旬)8:30~18:00(最終15分前まで)
  • 冬期営業時間:(11月上旬から4月下旬頃まで)9:00~17:00(最終15分前まで)
  • 定休日:4月中に定期点検のため数日間お休みになります。悪天候時は営業中止
  • 入場料(リフト代)大人往復500円・小人(小学生以下)往復300円
  • 駐車場:あり(イベント時規制あり)
  • マップコード:9 485 071*82  (駐車場に設定してあります)
  • 公式サイト:札幌 大倉山展望台

目次に戻る

東本願寺 北海御廟の紅葉

東本願寺 北海御廟の紅葉

藻岩山の麓にある東本願寺 北海御廟、10月下旬くらいが銀杏並木の見頃になります。

札幌には銀杏並木の美しいところが北大や中島公園、赤れんが庁舎前 等数多くあるのですが、東本願寺 北海御廟は眼下に札幌の街を見ながら楽しめる少し変わった風景が見られる場所です。

黄葉したイチョウと都市、不思議な光景に思えませんか?

  • 住所:〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見5丁目2
  • 電話番号:011-561-4805
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:お墓参り等であれば無料駐車場あり
  • マップコード:9 400 434*88
  • 公式サイト:真宗大谷派北海道教区

目次に戻る

中島公園の豊平館と桜

豊平館と桜

すすきのからも徒歩圏の中島公園にある豊平館はいつ見ても非常に美しい建物ですが、桜の時期(例年4月下旬頃)がもっとも美しい景色だと感じるんです。

札幌にも桜の名所はいくつかありますが、一番好きな場所が中島公園ということもあります。

札幌で桜と言えば円山公園が有名ですが、桜の時期の円山公園は煙たいし非常に騒がしいので落ち着けないのですが、中島公園は非常に落ち着ける場所になっているのも良い点です。

  • 住所:〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1-1
  • 電話番号:011-511-3924
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:園内散策だけなら24時間(ただし深夜は危険)
  • 定休日:なし(施設によっては季節営業・定休日あり)
  • 入場料:なし(施設によっては別途、料金が必要)
  • 駐車場:なし(一部障害者用等あり)
  • マップコード:9 462 389*76 
  • 公式サイト:中島公園

目次に戻る

真駒内滝野霊園の頭大仏とラベンダー

真駒内滝野霊園の頭大仏とラベンダー

真駒内滝野霊園には鎌倉の大仏とほぼ同じ大きさの大仏が札幌にもあり、頭だけをラベンダー畑から出しています。

少しシュールな景色ですが、他の地域では見られない景色であり面白い景色だと思うんです。

ラベンダーなので例年7月くらいが見頃になっています。

  • 住所:〒005-0862 北海道札幌市南区滝野2−3
  • 電話番号:011-592-1223
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:4/1~9/30 7:00~19:00・10/1~3/31 7:00~18:00
  • 礼拝堂及び管理事務所は9:00~16:00
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 013 288*21 (駐車場入口に設定)
  • 公式サイト:真駒内滝野霊園

目次に戻る

札幌国際スキー場と紅葉

札幌国際スキー場

札幌の中でも最も奥にある札幌国際スキー場、例年9月下旬から10月中旬くらいまで「札幌国際スキー場 秋祭り」が開催され、ゴンドラから息を呑む紅葉を見ることが出来ます。

僕は札幌の紅葉で一番好きな場所です。

ゴンドラの山頂駅の展望台からは晴れ渡っていれば小樽の海も見ることが出来ます。

土日は混み合いますが平日の比較的早い時間ならほとんど並ばずにグループ単位でゴンドラに乗れるのも良いところ。

札幌で美しい紅葉を撮影したい!という方におすすめです。

  • 住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓937番地先
  • 電話番号:011-598-4511
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:時期による(秋祭りは9:30~16:00くらい)
  • 定休日:スキーシーズン中・イベント時は無休、それ以外の時期はお休み
  • 入場料:無料
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:493 250 406*40 (駐車場入り口に設定)
  • 公式サイト:札幌国際スキー場

目次に戻る

豊平峡ダムと紅葉

豊平峡ダムの紅葉

札幌の紅葉スポットで恐らく最も混み合う場所が豊平峡ダムだと思います。

土日ともなると交通渋滞が発生するほどの人気です。

自家用車ではアクセスできない場所で、専用のハイブリッドバスか駐車場から30分ほど歩いていくか、どちらかでしかいけない場所です。

それだけ環境保護に力を入れられている場所です。

切り立った岩山とダムと紅葉、素晴らしい景色が見られる場所です。

  • 住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓840
  • 電話番号:011-598-3452
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:8:45~16:00(バス下り最終16:30)
  • 定休日:11/4~4/30まで
  • 入場料:無料・ハイブリットバスは有料
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:708 634 145*65 (一般車駐車場入口に設定)
  • 公式サイト:豊平峡ダム

目次に戻る

資生館小学校前 風致地区から見る路面電車

資生館小学校前 風致地区から見る路面電車

「資生館小学校前 風致地区」と書かれてもわからない人の方が多いと思います。

「資生館小学校前」は札幌の路面電車外回りですすきのの次の駅です。この資生館小学校前駅の前に風致地区があり、この場所が僕が知る限り札幌の路面電車を撮影するのにベストポジションになっています。

そこから望遠レンズを使い路面電車を撮影すると少し不思議な感じのする写真が撮れて、凄くお気に入りの場所となっています。

札幌の景色という意味で路面電車は欠かせない場所なので、是非ここに立ち寄って札幌の路面電車を撮影して欲しいです。

上記のGoogle Map「資生館小学校前駅」の左側の薄い緑の部分が風致地区になります。

目次に戻る

南1条通から見る路面電車と大倉山

南1条通から見る路面電車と大倉山

南1条通りは札幌の中心である大通公園よりも1ブロック南にある通りで、路面電車も走っています。

そして奥には大倉山と大倉山ジャンプ競技場が見えて、如何にも札幌らしい風景と描いている場所です。

望遠レンズを存分に使い、圧縮効果で撮影するのがおすすめです。

車の通行量が多い場所なのでゆっくり撮影することは出来ませんが、下記のGoogle Mapの交差点からなら撮影出来る場所があります。

南1条通りが古い建物と新しい建物、歴史を感じる路面電車が混ざりあった場所で散歩をするのにもおすすめの場所です。グルメスポットも数多くあります。

目次に戻る

山の手一条通り かつら坂からの景色

山の手一条通り かつら坂からの景色

北海道と言えばまっすぐに伸びる道(天に続く道 等)が有名ですが、札幌にもまっすぐに伸びる道を撮影出来る場所となっているのが、「山の手一条通り かつら坂」です。

札幌にずっと住んでいる人でも、この辺りに住んでなければ知らない場所です。

約1.7kmほどの道(坂道と平坦な道)がずっと見える場所です。

ちょうどこの道を挟んで西区(左側)と中央区(右側)にわかれています。

アクセス方法は、地下鉄東西線「西28丁目駅」からJR北海道バス「循環 西20」もしくは「循環 西21」のバスに乗車、「宮の森4条10丁目」バス停で下車。

かつら坂まではバス停から徒歩1分弱ですが、かつら坂の一番上までは坂道で約400メートル、徒歩7~10分ほどの距離となっています。

バスは循環バスのため、「循環 西20」「循環 西21」のどちらのバスに乗ってもたどり着くので、早く来たバスに乗車しても大丈夫です。

なお駐車場は無く住宅街なので車ではなく公共交通機関で行くようにしてください。

詳しくは下記記事をご覧ください。

目次に戻る

サッポロビール園の夜景

サッポロビール園の夜景

サッポロビール園は札幌の有名な観光スポットでもある場所です。

煉瓦造りの重厚な建物で、メイジ年(1890年)に建てられています。現在はサッポロビール博物館及びジンギスカン食べ放題のバイキングビュッフェ&ビアホールとして使われています。

この建物、昼間に見ても非常に美しく重厚なのですが、夜に見ると更にオシャレさが加わり、是非みて欲しい建物の1つとなっています。

何よりも非常に映える写真が撮影出来ます。

  • 住所:〒065-8633 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1
  • 電話番号:011-748-1876
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:11:00~20:00(最終入場は19:30)
  • 定休日:年末年始(臨時休館あり)
  • 入場料:無料(プレミアムツアーは500円)
  • 駐車場:あり
  • マップコード:9 554 378*85  (駐車場入口に設定)
  • 公式サイト:サッポロビール博物館

目次に戻る

初夏の羊ヶ丘展望台

初夏の羊ヶ丘展望台

もうメジャー過ぎて知らない人はいないであろう「さっぽろ羊ヶ丘展望台」

でも、札幌を表す写真ということでは欠かせないスポットだと思うんです。

クラーク博士の銅像と後ろに広がる草原、そして札幌ドームという組み合わせは札幌で一番有名な景色だと言えます。

冬の晴れた日も非常に美しいのですが、初夏と雪のある季節、どちらが良いか?と言われると悩むところなのですが、やっぱり緑が広がる風景の方が良いかな?と思います。

  • 住所:〒062-0045 北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
  • 電話番号:011-851-3080
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:別途
  • 定休日:なし
  • 入場料:大人530円/小中学生300円
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 287 503*45
  • 公式サイトさっぽろ羊ヶ丘展望台

目次に戻る

定山渓 二見吊橋と紅葉

定山渓 二見吊橋と紅葉

札幌でも有名な紅葉スポットである定山渓温泉街の少し奥にある「二見吊橋」

ここも札幌を表す写真を撮るのなら欠かせない場所だと思います。

まだ晴れ渡った時に行けて無いのですが、晴れて無くても非常に美しい紅葉と渓流の景色が見られる場所です。

定山渓温泉街の中心地から徒歩10分くらいでたどり着けます。

ただし紅葉の時期の土日は大変に混み合い、駐車場を探すのにも手間取る場所です。

目次に戻る

さっぽろ湖と雪景色

さっぽろ湖と雪景色

さっぽろ湖は定山渓温泉街から車で10分ほど先にある場所で紅葉も非常に美しい場所です。

でも紅葉以上に雪景色が美しい場所です。

特に冬の晴れた日は、雪の白と山の黒、空の青のコントラストが非常に綺麗でずっと見ていたくなる場所です。

なおさっぽろ湖と言っても大きいのでおすすめは、さっぽろ湖第一展望台からの景色です。

  • 住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓
  • 電話番号:なし
  • 営業時間:24時間(夜はほとんど見えません)
  • 定休日:なし
  • 入場料:無料
  • 駐車場:あり(無料・第一展望台そのものが駐車場)
  • マップコード:708 844 593*64 
  • 参考サイト:札幌市南区 さっぽろ湖

目次に戻る

あいの里緑道の防風林と秋の田園風景

篠路の防風林と秋の田園風景

あいの里は札幌の中でも最も北側にある場所です。

ここにあいの里緑道と呼ばれる場所があり防風林として使われていたポプラ並木があり、そのすぐ横に麦畑があり、牧歌的な景色が広がります。

この景色が凄く好きで、秋になるとついつい見に行ってしまうほど。

晴れた空とポプラ並木と金色の穂、まさに北海道らしい風景に見えませんか?

  • 住所:〒002-8072 北海道札幌市北区 あいの里2条1丁目
  • 電話番号:011-771-4211
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:24時間
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:なし
  • マップコード:514 017 332*54

少しわかりいくい場所ですが、国道337号線から茨戸川を渡る前に左折してもらうのがわかりやすいと思います。

目次に戻る

初夏の近藤牧場

初夏の近藤牧場

北海道と言えば牧場の風景を思い浮かべる人も多いと思います。

ただ残念なことに札幌市内だと牧場は年々減っています。

しかし北区にある近藤牧場は今でも牧場らしい風景を見ることが出来る場所で、札幌で撮影したい場所の1つだと言えます。

市街地にまだこんな牧歌的な風景があったんだ、と思わせてくれる牧場です。

  • 住所:〒001-0930 北海道札幌市北区新川694-1
  • 電話番号:個人宅につき非公開
  • 営業時間:個人宅につき外側の見学のみ
  • 入場料:なし
  • 駐車場:なし
  • マップコード:9 697 480*58

目次に戻る

桜と北海道神宮の参道

桜と北海道神宮の参道

観光スポットとしても人気の北海道神宮

参道は春(4月下旬頃)になると桜のトンネルが出来て非常に美しい景色になります。

満開の時期がゴールデンウィークに重なることが多くで非常に多くの人が訪れる場所なのですが、神社と桜って本当に絵になるんですよね。

また北海道神宮及び円山公園は桜の名所にもなっている場所です。

  • 住所:〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘474
  • 電話番号:011-611-0261
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 参拝時間:後述
  • 休庁日:無し
  • 入場料:無し
  • 駐車場:あり(参拝者に限り1時間まで無料・正月期間は有料)
  • マップコード:9 487 401*75 (駐車場位置)
  • 公式サイト:北海道神宮

目次に戻る

冬のサッポロファクトリーの夜景

冬のサッポロファクトリーの夜景

サッポロファクトリーは札幌駅から徒歩15分くらいの場所にある商業施設です。

と書くとあまり興味が沸かないと思いますが、日本人の手による初のビール工場「開拓使麦酒醸造所」の跡地に建てられており、煉瓦(レンガ)造りの雰囲気ある建物と書くとどうでしょうか?

実際にレンガ作りの建物が非常に美しい場所で、特に冬の夜の景色は幻想的です。

さっぽろテレビ塔からなら徒歩10分くらいということもあり行くのもそれほど不便ではありません。

  • 住所:〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東4丁目(代表住所)
  • 電話番号:011-207-5000
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:店舗による(概ね10:00~20:00・飲食店は22時までが多い)
  • 定休日:不定休(基本年初のみ・施設により休業日あり)
  • 入場料:無料
  • 駐車場:あり(1時間まで無料、2000円以上購入でプラス3時間無料)
  • マップコード:9 524 510*84
  • 最寄駅:地下鉄東西線「バスセンター前駅」8番出口より徒歩3分
  • 公式サイト:サッポロファクトリー

目次に戻る

前田森林公園とポプラ並木

前田森林公園とポプラ並木

前田森林公園は札幌市手稲区にある公園です。

カナルと呼ばれる池とその左右のポプラ並木、そしてその正面に見える手稲山が非常に美しい景色になっていて、札幌で是非撮影に来て欲しい場所にもなっています。

あまり有名な場所でも無いので、それほど多くの観光客が来る場所でもなく、落ち着いて見ることが出来るのも良い点です。

  • 住所:北海道札幌市手稲区手稲前田591-4
  • 電話番号:011-681-3940
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:公園自体は24時間・施設は時期等によって異なる
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし(有料施設あり)
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 780 683*72 (駐車場入口に設定)
  • 公式サイト:前田森林公園

目次に戻る

25枚目を教えてください。

24枚撮りのフィルムって25枚撮れることもありますよね。

だから25枚目に掲載すべき良い場所があれば是非教えてください。

また札幌ではなく、他の地域でおすすめの観光スポットではなく、同じように例えフィルムカメラであっても残したい風景の24選or36選があればブログに書いて教えてもらえると嬉しいです。

目次に戻る

以上、フィルムカメラでも残したい札幌の景色24スポットでした。

北海道
役立ったら是非シェアしてください!
フォローしてください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木です。~鈴木利典 公式ブログ~

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました