アフィリエイトのテーマで「旅行」は有効か?やり方によります

スポンサーリンク

旅行系アフィリエイト

アフィリエイトを行う時に割りと初心者の方でも取り組みやすいのが旅行だと思います。自分で旅行に行った体験記はオリジナルコンテンツであり自身で撮影した写真もオリジナルコンテンツになります。

しかし、旅行系アフィリエイトで儲けられるかどうか?というと非常に厳しいジャンルです。でもやり方によってはそれなりには稼げますが、月に10万円以上稼ぐということは非常に難しいですし、すぐに儲かるジャンルでもありません。

宿・ホテルの紹介は激戦区

まず旅行と言えば実際に泊まったホテルや旅館を紹介するのが一番行い易いのですが、これが非常に激戦区です。例えば四万温泉の「積善館」は人気の温泉宿ですが「積善館」というキーワードで検索結果の10位以内に入るのは至難の業です。

理由は検索結果の上位には宿の公式サイトが2~3件まず掲載されます。次にじゃらんや楽天トラベル等の宿泊予約サイトが出てきます。

「積善館」というキーワードで検索する人を想像してください。「積善館という温泉宿に泊まりたい」「積善館がどんな宿か知りたい」「積善館にはいくらくらいで泊まれるのか知りたい」ということで検索する人がほとんどではないでしょうか?

なら公式サイトや宿泊予約サイトがまとまっていて宿泊代金もわかるので検索上位に来るのは当然です。

完結に見やすくまとまっているのですから。

以前僕の作ったサイトの記事が10以内に入ったこともあるのですが、すぐに下落しました。Googleは旅館やホテルに関しては公式サイトと宿泊予約サイトを優先している傾向にあると言えます。でもそれは検索する人の意図からすれば致し方ないかなと。

では、絶対に宿やホテルのキーワードでは無理かと言えば、単体キーワードでは無理ですが複合キーワードなら割りと上位は取れます。

例えば「積善館 ブログ」「積善館 評判」「積善館 泊まった」等のキーワードです。これは実際に泊まった人の意見を参考にしたいという人が割りと検索をするキーワードです。泊まった人の感想や写真を見て泊まるかどうか検討を行うという人は割りといます。

狙うのであれば、そういう泊まった人の実際の感想を得たいという人向けのキーワードが良いでしょう。

しかし、ここで宿を紹介していくらの報酬があると思いますか?

じゃらんや楽天なら既に会員になっている人が使うので成果が発生しても100円~600円くらいです。はっきり言って割にあわないアフィリエイトです。

旅行系を行うのならシチュエーションで行う

旅行系で行うのであれば、シチュエーション系のキーワードで狙う方がアクセスを集められます。例えば「伊豆のおすすめの温泉宿」とか「おすすめの東北の温泉」等。またはペルソナをもう少し落とし込んで「20代のカップルにおすすめの貸切風呂のある温泉宿」「夫婦で行きたい東北の温泉」等。

この辺りのキーワードになると楽ではありませんがしっかりと自分が泊まったところをきちんと複数紹介すると検索上位に持って来れますし、実際に旅行に行こうと思う人はまずは漠然と地域で検索を行うので有効です。

しかし、実際に温泉宿を適当にじゃらん等の写真を使って紹介しているとリアリティ・オリジナリティが無いのでコンバージョンは高くならないでしょう。もちろん文章で上手く惹きつけられれば良いのですが泊まっても無い温泉宿を自分の言葉で表現するのは難しいと思います。

もしくは狙い目は「冬に行きたい旅館」とか4月中旬なら「ゴールデンウィークにまだ間に合う!おすすめの温泉宿」という季節や時期を狙うキーワードも有効です。

旅行系の難点・確定が1年後のことも

旅行系のアフィリエイトで一番問題なのが成果が確定するのが1年後ということもあることです。宿の予約は1年前から出来るところがあるので確定するのが1年後ということもありえます。実際に宿泊予約No.1のじゃらんの承認確定期間は450日です。嫌になる長さです。報酬が発生していたことなんて忘れてしまいます。

だから気長に行う気が無いのであれば旅行系のアフィリエイトは取り組まない方が良いでしょう。もしくは僕みたいに本当に温泉が好きでほとんど趣味でブログを作っているのなら別ですが。

僕がほとんど趣味で作っている温泉の紹介ブログは下記のものです。

いい湯だね!温泉旅行Hack

月間PV数は45000くらいで、今は月間2万円くらいしか稼げていません。ただ稼ぐように作っていないので致し方ありませんが。稼ぐように作っていないとは紹介したペルソナや地域キーワードで作った記事を作っていないからです。もうそろそろそういう記事も作っていこうとは思っています。

旅行系で大きく稼ぐのなら新規会員登録

旅行系で大きく稼ぎたいのなら、予約をしてもらう行為よりも宿泊予約サイトに新規会員登録をしてもらう方が効果的です。

じゃらんにしても新規会員登録を行った上で宿泊してもらう場合と既存会員が宿泊する場合とではまったく報酬が異なります。また有料会員制の宿泊予約サイトは単価も高い傾向にあります。

大きく稼ぎたいのであれば、新規会員登録を目指して出来るだけ単価の高い旅館やホテルを紹介するのがポイントになってくると言えます。

しかし単価の高い旅館やホテルは自分で泊まるにしてもお金がかかるので紹介にしくいというのもありますけどね。

宿以外なら航空券や長距離バス予約

宿の紹介以外なら航空券や長距離バスの予約も有効です。特に航空券のアフィリエイトは単価も割りと高いので稼ぎやすいということもありますが、航空券の比較サイトがいろいろなキーワードで検索上位を独占しているので結構結構難しいと思います。長距離バスは地域キーワードで割りとPV数は集められるのですが、報酬単価が低いのであまり稼ぐことが出来ません。

最近はアクティビティが人気ですが、これもあまり単価が高くないというのが難点です。アクティビティって何だろう?と思うかもしれませんが、一言で言えば体験です。陶芸体験やパラグライダーの体験等、旅先でチャレンジしてみたい体験を行うことをアクティビティと言って最近はアフィリエイト案件も増えてきています。

なお旅行系の案件で行う場合、ASPはバリューコマースがおすすめです。大手の旅行会社は概ね揃っています。

バリューコマースをチェック

まとめ

  • 旅行系のアフィリエイトは競合が厳しい状態だけど、キーワードによっては集客出来る。
  • 単価が低いので大きくは稼ぎにくい
  • 成果が確定するまで時間がかなりかかるのでのんびり行う人向き
  • 単価が低い、確定が遅い、等アフィリエイトで大きく稼ぎたい人向けではなく、ほとんど趣味で行う人向け
  • 単価をあげたいのなら新規会員登録や航空券を狙う、もしくは宿泊料金の高い宿やホテルを狙う

ということになります。

旅行系のアフィリエイトを行うのなら気長に趣味の延長線上で行うようにしましょう。

なお、旅行系で大きく稼げる!と言ってくる人がいるかもしれませんが、半数はネズミ講のような危ないアフィリエイトで今から参入しても稼げませんしカモられるだけですので気をつけてください。

なお、旅行の記事はバズらせやすいのですが、バズらせることで検索上位にも表示されやすくなります。バズらせる工夫をしてみてください。はてなブログなら比較的バズらせやすいジャンルです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です